「ポイズン」で赤ちゃんぐっすり?赤ちゃんの寝かしつけに役立つ方法5つ

赤ちゃんがなかなか寝てくれないとお困りのママさんも多いことでしょう。今SNSで反町隆史さんの「ポイズン」を聞かせたら赤ちゃんが泣き止んだ、寝てくれたとちょっとしたブームになっています。

「ポイズン」は、反町隆史さんが出演されたドラマ「GTO」の主題歌として使われた曲ですよね。なぜその曲が赤ちゃんのぐずりや寝かしつけによいのでしょうか。秘訣を探ってみたいと思います。また他にも赤ちゃんの寝かしつけにうまく行った方法を5つご紹介します。

「ポイズン」ってどんな曲?

「ポイズン」は、1998年に発売された反町隆史さんの4枚目のシングル曲です。フジテレビで放送されたドラマ「GTO」で一躍、反町隆史さんも曲も有名になりましたよね。え?あの曲が赤ちゃんに効くの?と疑問に思われた方も多いでしょう。

「ポイズン」は、「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・」というフレーズで有名ですよね。どう考えても赤ちゃんに歌う歌ではないのは明白なのですが、何が効くのでしょう。おそらく、曲調が一定で反町隆史さんの低音の声が赤ちゃんの寝リズムに届くようです。

赤ちゃんに「ポイズン」を聞かせてみたら

実際に、赤ちゃんに反町隆史さんが歌う「ポイズン」を聞かせたら、さっきまで泣いていた赤ちゃんがぴったりと泣きやんだという動画がネット上にアップされています。実際その動画を見たところ、泣いていた赤ちゃんが「ポイズン」を聞かせると泣き止んだのです。他にもテレビのバラエティ番組で、10分以内に赤ちゃんを寝かしつけることができるか!?という挑戦があり、川崎希夫妻がチャレンジし、「ポイズン」を赤ちゃんに聞かせたところ、6分程で眠ってしまったそうです。すごい効力ですよね。

反町隆史さんの声ではなくても、ママ自身が歌って赤ちゃんが寝てくれたという声がSNS上にあがっています。とすると、反町隆史さんの声というより曲調の感じがよいのかもしれませんね。赤ちゃんの寝かしつけやぐずりにお困りの方はぜひ試してみてください。

赤ちゃんの寝かしつけに役立つ

赤ちゃんを寝かせようと思って抱っこをして、そろそろいいかなぁとお布団に寝かせたら目がパチリなんてこと、よく聞きますよね。我が子もそうでした。私が自分の子どもに試して成功した寝かしつけの方法をご紹介したいと思います。

抱っこよりもおんぶが効く

現代では、赤ちゃんをおんぶするよりも抱っこする方が圧倒的に多いですよね。外で見かける赤ちゃんも抱っこひもで抱っこするママさん、パパさんがほとんどでしょう。そんな中、私は外出する時は抱っこにしていましたが、家の中ではおんぶすることもよくありました。
と言うのも二つの理由があります。

一つ目は、「おんぶの方がすぐに寝てくれた」からです。タイミングもあるかもしれませんが、抱っこをしばらくしてゆらゆらしてもなかなか寝ないことがあったので、おんぶにしてみました。おんぶにしてから5分もしないうちに、「ん?寝息が聞こえる?」と思ったら、私の背中でスヤスヤと我が子が寝ていたのです。これはいい!と発見した私は、どうしても寝て欲しい時は、なるべくおんぶするようにしました。うまく行かないときもありましたが、他の要因(オムツが濡れている、お腹が空いた)がなければ、ほとんど寝てくれた気がします。背中のほうが私の背中にもたれかかることができるので、赤ちゃんにとって寝やすい姿勢なのかもしれませんね。

もう一つの理由は、「家事や本などが読めるから」です。抱っこでも両手は使えるのですが、前に赤ちゃんがいるのでできることが限られますよね。ママさんはやらなきゃいけないことがある、家事をやらなきゃという時もあると思うので、そんな時はおんぶすると両手が空き、いろいろな作業がしやすくなるのでおすすめです。ただし、自分が動いた時に赤ちゃんを家具などにぶつけてしまう可能性もあるので、動くときは注意してくださいね。それと、赤ちゃんを下に降ろすときも、頭をぶつけないように注意が必要です。

抱っこしながらバランスボール

うちになぜかバランスボールがあって、妊娠前など運動に使っていたのですが、ある時我が子を抱っこしながら、バランスボールに乗ってゆらゆらしていました。すると、その揺れた感じが良かったのか、スヤスヤと寝始めたのです。それからというもの、寝てくれない時はバランスボールに乗って、子守歌を歌いつつ寝かしつけするようになりました。それと、赤ちゃんを抱っこしながらのスクワットもおすすめです。自分の運動にもなりますし一石二鳥です。

寝かしつけの味方、バウンサー

赤ちゃんが生まれて友人からお祝いにバウンサーをもらいました。そのバウンサーが結構良かったんです。メーカーは、ベビービョルンでした。まだ動きが少ない時期で、ちょっと赤ちゃんを寝かしておこうという時につかっていたのですが、赤ちゃんが手足をバタバタさせると、自然にバウンサーが揺れてその揺れが気持ち良さそうなのです。自分が動くことでバウンサーが揺れるという感覚がおもしろいというのもあるかもしれませんが、バウンサーに乗せておくと機嫌が良いことが多かったですね。

しかも、その揺れで気持ちよくなりウトウト寝てしまうなんてこともありました。ただ、バウンサーの場合は、長時間寝るということはあまりなく、少しの時間でしたが。バウンサーは少し斜めになっていて(調節も可能)、赤ちゃんを寝かせると赤ちゃんの身体にピタッとフィットします。その感じも良かったのかもしれません。

あきらめて一緒に寝る

あれこれどんなことをしても寝てくれない!なんて時もありますよね。そんな時は、寝かしつけをあきらめて一緒にお布団に横になって寝ました。もちろん、泣いている時は無理ですが、眠たそうなのに寝てくれない時は、一緒に横になるだけで安心するのか寝てくれたときもありました。

赤ちゃん寝かしつけまとめ

赤ちゃんに「ポイズン」を聞かせると寝てくれるという情報まとめでした。
まだ試していない方は、他の寝かしつけ方法も含めて試してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。