子供の洋服

あると便利な赤ちゃんの洋服選び

赤ちゃんの洋服ってどんな種類があるのか、出産前に何を準備すればよいのかあれこれ考えているプレママさんもいらっしゃることでしょう。そこで、今回はあると便利な赤ちゃんの洋服と出産準備リストについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの洋服ってどんな種類がある?

子供の洋服

赤ちゃんの洋服についてご紹介します。

短肌着

夏に生まれる赤ちゃんであれば、短肌着が必要です。上からかぶせるタイプではなく、赤ちゃんの両腕を通して、前に紐がついているので着せた後、中の紐と外側の紐を結びます。最近は、留めるところが紐ではなくマジックテープになっているタイプもあるので、いくつか種類を用意してもよいかもしれません。赤ちゃんの肌に直接触れるものなので綿素材を選ぶとよいでしょう。2~3枚あれば十分です。

長肌着

秋から春に向けて生まれる赤ちゃんには、長肌着を多めに用意しましょう。長肌着は袖が長いタイプです。他は短肌着と同様です。袖が長いので少し着せづらいかもしれませんが、慣れれば簡単に着せることができます。

コンビ

上半身と下半身部分が合わさったタイプの肌着をコンビと言います。コンビも、紐で結ぶタイプとマジックテープタイプがありますが、マジックテープタイプの方が断然着脱に便利です。実は、私はこのマジックテープタイプの肌着の存在をしばらく知らなくて、雑誌の全プレでもらって、「こんな便利な肌着があるのか」と感心しました。首が座ってきたら上からかぶせるタイプの肌着でも大丈夫になるので、短い期間だからと買い足しはしませんでした。これから購入する方は、マジックテープタイプがオススメです。ただし、テープの部分が赤ちゃんの身体にあたるとかゆくなってしまう可能性があるので、新生児期は紐のタイプが良いかもしれません。

カバーオール

上下がつながっている上着で、股の部分を留めるタイプです。

ツーウェイオール

股の部分を留めずスカートのようになるタイプと股の部分を留めて、ズボン式になるタイプと二通りで使用できます。オムツを替える時にスカート式の方が便利かなと思っていたんですが、赤ちゃんが動くと足の部分が上にずり上がってしまうので、結局股の部分はパチパチ留めていました。ツーウェイオールは、薄手のタイプが多いので春先や秋に、肌着の上に着せていました。

ロンパース

上着とズボンが一緒になっているタイプの服です。赤ちゃんの身体をすっぽりと包むタイプなので、赤ちゃんが身体を動かしてもお腹が直接外気に触れず、赤ちゃんのお肌を守ってくれます。春・夏に生まれる赤ちゃんであれば、薄手の長袖タイプを真夏であれば半袖も用意しましょう。秋以降は、少し厚手のタイプを2~3枚用意するとよいです。ロンパースにもいろいろと種類があります。前あきボタンになっていて着せた後に前でボタンを留めるタイプや、上からすっぽりと着せて小股の部分がボタンになっているタイプなどあります。日本の洋服は前あきボタンが多く、外国製品になると上からすっぽりと被せるタイプの方が多いのかなという印象です。

胴着

胴着は、肌寒い時などちょっと上から着せるベストのような服のことです。実は、私は胴着にはあまりなじみがなく、自分では準備していませんでした。今思い出してみると、会社の同僚が出産祝いにプレゼントしてくれたのが胴着でした。息子は、初夏に生まれたので薄手の服を着せていたのですが、室内でも冷房で寒い時やちょっとお出かけのときに、上に着せられて結構重宝しました。古い言葉で言うとチョッキなので、袖がなく着せるのも簡単でしたね。いただいた胴着は、ファミリアのものでオーガニックコットン素材で、肌触りが柔らかくとても良かったです。サイズが大きめだったこともあり、何だかんだ1歳過ぎても使っていましたね。かなりお世話になりました。

出産準備リスト

赤ちゃんの靴

赤ちゃんの洋服以外にも、出産前にいろいろと準備するものがありますので、ご紹介します。

・オムツ(こだわりのある方は布オムツ)新生児用
・お尻ふき
・赤ちゃんのバスタオル
・おくるみ
・くつ下
・ガーゼ(よだれふきなどに使う)
・スタイ
・ベビーローション
・ベビーバス
・ベビーソープ
・哺乳瓶(必要な場合)
・授乳ケープ
・ベビーカー
・ベビー布団またはベビーベッド
・授乳クッション

後は出産してから揃えても充分間に合いますので、必要最低限の準備で良いと思います。我が家の場合、ご友人やご家族などからお祝いをいただいたり、お古を積極的にもらったりしたので、洋服やおもちゃはほとんど買いませんでした。ありがたかったです。

オムツについて

オムツ

脱線してしまいますが、布オムツについて少しお話したいと思います。出産前に、布オムツの方が後々オムツが取れやすいと聞いたので、一人目のとき布オムツにチャレンジしました。それを知った主人の母が、布オムツを何枚も縫ってくれました。ですが、新生児のうちはちょこちょことおっしこやウンチをするので、結局1日に10枚くらい汚れものがでて、洗濯が増えてしまい断念してしまいました。その後、半年くらいたっておしっこやうんちの回数も減ってきたので、もう一度チャレンジしてみました。ですが、やはり今度は量が多く、1枚じゃ足りなくて2枚使うようになり、洗濯物の量が増えてしまい、結局断念してしまいました。お姑さんには申し訳ない・・と思いつつ、昔の人は本当に大変だったんだなぁとつくづく思いました。

最後に

赤ちゃんが笑っている

今回は赤ちゃんの洋服の種類と出産準備リストについてのご紹介でした。生まれてくる赤ちゃんのことを思って、いろいろと準備するのって本当に楽しい時間でした。赤ちゃんが生まれると慌ただしい日々が始まりますが、赤ちゃんのあどけない笑顔を見ていると本当に疲れも吹っ飛ぶんですよね。今では、すっかり大きくなってしまった我が子たちですが、赤ちゃんの頃の写真を見て、こんなに小さかったのに大きくなったんだなぁとしみじみ思います。今は便利な赤ちゃんグッズがたくさんあるので、利用できるものは利用しながら、赤ちゃんが小さいのは一時のことなのでうまく活用しつつ、子育てを楽しんでくださいね。
ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。