乳幼児健診のスケジュール、内容、費用はどのくらいかかるの?

乳幼児健診の基本的なスケジュール、健診内容、費用、持ち物などについてご紹介します。母子保健法では1歳半と3歳で健診が義務付けられており、自己負担はありません。また、各自治体によっても時期は違いますが、それ以外の月齢で健診することが可能です。

各自治体によっても時期は異なりますが1ヶ月、3~4か月、6~7ヶ月、9~10ヶ月、1歳と健診があります。補助が出る場合と出ない場合とあるので、母子手帳や自治体のホームページなどで確認しましょう。

出産後の健診内容について

赤ちゃんが生まれると出産した病院で、一通りの健診があります。赤ちゃんの出生体重、身長、頭囲、胸囲、聴力検査、黄疸チェックなどです。出産後の母体の経過の観察もありますね。また、出産後退院するまでの間、毎日体重計測、哺乳力はどうか、黄疸はでていないかなど確認します。病院によって検査項目が違うかもしれませんが、他にも先天性代謝異常がないかスクリーニング検査を実施します。特に問題がなければ1週間ほどで母子ともに退院です。

退院後に定期的に行われる乳幼児健診について、時期ごとに内容が違いますのでご紹介します。

1ヶ月健診

通常、出産した病院の小児科で健診を受けることが多いです。もし里帰り出産などで、出産した病院ではないとところで受診される方は、各自治体の案内を確認して近くの病院で健診しましょう。病院によって、健診日が決まっていますので予め確認しましょう。予約が必要な場合もあります。

健診に持って行くものは、母子手帳、保険証、乳児医療証、その病院の診察券(過去に受診していれば)、そしておむつやミルクなど赤ちゃんの持ち物です。赤ちゃんの頭蓋内出血予防のために、健診でビタミンK2シロップを飲ませる場合があり、赤ちゃんがお腹いっぱいだと戻してしまうこともあるので、授乳やミルクはできれば健診の30分前には済ませておくとよいですね。

1ヶ月健診の内容について

出産後と同じく、身長、体重、胸囲、頭囲、おへそのじゅくじゅくの有無、乳児股間接脱臼の有無など体の状態を一通り確認します。1ヶ月前とくらべて身長が伸び体重が約1キロくらい増えていれば、母乳やミルクが足りていて順調に育っているので問題ありません。もし体重の増加があまりないようであれば、お医者さんや看護師さんに相談しましょう。

病院によっても対応が違うかもしれませんが、通常医師の診察の後、相談事があれば助産師さんや保健師さんとの相談の時間を設けてくれる場合があります。日頃、赤ちゃんのことで悩んでいること、母乳やミルクの相談など困りごとについて相談してみると、たくさんの赤ちゃんを見てきた専門家の意見を聞けますので、相談してみると気持ちが楽になると思います。

3~4ヶ月健診

1ヶ月健診と同様、身長、体重、頭囲、胸囲など一通りの身体測定に加えて、下記の発育状態を確認します。

・首が座り始めているか
・あやすと良く笑うか
・めつきや目の動きは自然か(斜視や眼球運動の異常の有無)
・見えない方向から声かけすると、そちらの方を見ようとするか
 ・頭を左右に動かせるか

福祉保健センターなどで受診した場合は、今後の予防接種のスケジュールや離乳食の案内など、お知らせを渡されるでしょう。3ヶ月からBCGなどの予防接種が受けられるようになるので、カレンダーやスケジュール帳などに記録して忘れず接種を受けるようにしましょう。特にBCGについては、乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、3ヶ月を過ぎたらなるべく早く摂取する方が良いです。

6~7ヶ月健診

同じく、身長、体重、頭囲、胸囲、歯が生えてきているか、口の中の状態、目の確認などを確認します。また、下記事項について自己申告をして医師の健診があります。

・寝返りをするか
・お座りをするか
・テレビやラジオの音などに反応するか
 ・近くにあるおもちゃをつかもうとするか

ひとみが白く見えたり、黄緑色に光って見えるときは、目の病気の心配がありますので、すぐに眼科医の診察を受けるようにしましょう。

1歳健診

ほとんど今までの健診内容と同じです。1歳くらいになるとほとんどの赤ちゃんが伝い歩きなどをし始めますが、まだ歩行ができなくても1歳の時点はそれほど悩むことはありません。うちの場合、ずりばいの時期が長くて歩き始めたのは1歳半からでした。それでも全く何も問題なく、今ではぴょんぴょん跳ねたり走ったりしています。歩行の時期は個人差が結構ありますし、2歳過ぎても歩けないということでなければあまり心配しなくて大丈夫です。

1歳児健診では、歩行確認以外に簡単な言葉(バイバイやこんにちはなど)が言えるか、大人が言うことがわかるかなどを確認します。

1歳半健診

1歳半健診は、母子保健法で定められている定期健診です。誕生月によってある程度の受診時期が決まっており、近くなると自治体からお知らせが届きます。
通常、自治体で受けることが多いので、平日に設定されています。

仕事復帰されている方は、早めにスケジュールを確認してお休みの申請をしておくと良いでしょう。どうしてもその時期に受診が難しい場合には、自治体に相談しましょう。私の場合、その指定月に受けることが難しかったので相談したところ、目安で設定しているので他の日でも問題ないと言われました。自治体の健診に行かないと、連絡が入ることがありますので必ず受けるようにした方が良いです。

健診の内容は、身体測定に加えて赤ちゃんの栄養状態、歯科検診、予防接種の状況など確認します。歯科検診では、むし歯や歯垢など歯の状態を確認します。また、歯ブラシの指導もありますので、歯ブラシを持っていくと良いです。持ち物は、母子手帳、おむつ、タオル、歯ブラシなど案内があります。待ち時間が長いことがあるので、待っている間寒い場合に備えて一枚上からはおるもの、また、お子さんがぐずった時のために、小さいおもちゃや絵本など遊べるものも持っていくとよいでしょう。

3歳健診

3歳健診は忘れがちですがこちらも忘れずに受診しましょう。同じく身体測定に加えて、歯科検診があります。この頃になると食事だけではなく、甘いお菓子などを食べる機会が増えるので虫歯には要注意です。3歳児健診ですでに乳歯にむし歯あるお子さんも見受けられます。歯が生えそろったら特に、毎日お子さんの歯の状態をチェックするためにも歯磨きを行いましょう。もし、むし歯になってしまったら早めに歯医者さんを受診して治療をします。

他にも下記事項をチェックします。

・クレヨンなどで丸(円)を書けるか
・自分の名前が言えるか
・耳の聞こえや目に異常はないか
・着替えなど自分でしたがるか
・ごっこ遊びをすることがあるか
 ・肥満度のチェック

日頃からお子さんの状態を見守り、健診を受けることでお子さんの健やかな成長につながりますので、定期的に健診を受けることをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。