赤ちゃんが笑っている

後6ヶ月の赤ちゃんの体重ってどのくらい?

生後6ヶ月の赤ちゃんの体重はどのくらいでしょうか。母子手帳に書かれている成長曲線に体重の範囲が描かれているので、それがある程度の目安になります。月齢ごとの目安体重がありますが、6ヶ月という節目の体重はどのくらいなのかご紹介したいと思います。

6ヶ月の赤ちゃんの体重

赤ちゃんが笑っている

母子手帳に成長曲線が記載されています。月齢ごとにお子さんの体重や身長をつけていき、成長曲線の流れを確認します。基本的には、成長曲線の範囲内にあり、月齢ごとに少しずつでも体重が増えていれば問題ありません。自治体にもよりますが、月齢ごとに定期検診がありますので、その際に何か問題があればお医者さんからの指導があると思います。母子手帳にも記載されている成長曲線における6ヶ月の赤ちゃんの体重は下記のとおりです。

男の子 6.4kg~9.5kg
女の子 6kg~9kg

ちなみに、私の子供達の場合、息子は出生体重2920グラム、6ヶ月では、7500グラムでした。娘は、出生体重3314グラム、6ヶ月では8100グラムでした。同じ両親から生まれた二人の子どもであってもこれだけの差があります。ある程度、出生体重によってその後の体重の変化が違うと持論では思っておりますが、お子さんの母乳やミルクの飲み具合によっても、体重の変化は違うようですね。

我が子の場合、体重の増加に関してすごく悩んだことはありませんでした。しいて言えば、息子のほうが出生体重が少なかったので、その後の体重も常に成長曲線の下の方を推移していたので、大丈夫かなぁという心配はありました。保健師さんに相談したところ、出生体重は人それぞれなので、その後月齢ごとに成長曲線内で少しずつ増えていけば問題ないと言われました。中には、お子さんの出生体重大きかったのに、その後体重が思うように増えず悩んでいる方もいらっしゃいます。逆に、体重が増えすぎて心配という声もあるので、赤ちゃんそれぞれの成長はそれぞれなんだと思いました。大きすぎても悩みますし、小さすぎても悩む、ちょうどいいのがいいですがそういかないこともありますよね。いずれにしても、大きくても小さくても、成長曲線の範囲内で増えていけば問題なないようですよ。もし気になる方は、健診の時や赤ちゃん学級などでお社さんや保健師さんに相談してみてくださいね。

6ヶ月の赤ちゃんの授乳の目安

ママが赤ちゃんを抱いている

6ヶ月にもなると授乳が安定してくる時期ですね。おっぱいやミルクを飲む量が少しずつ増えてきます。この時期のミルクやおっぱいを飲む量と回数は以下の通りです。

回数:1日5~6回目安
ミルクの量:160~180ml

うちの子供たちは、二人とも完母でした。一人目のときに、私の母乳の出が悪かったのですが少しずつでるようになったので、体重も少しずつ増えて、母乳が足りないということもなかったようです。6ヶ月までは、割と頻乳で1日に10回以上おっぱいをあげていた時もありましたが、6ヶ月くらいになりようやく安定してきた感じでした。それでも夜はちょこちょこ起きることもあったので、自分が眠いこともあり夜は添い乳で寝かせる感じでした。明け方目覚めた時、自分の姿に驚きました。おっぱい丸出し、我が子はスヤスヤ、結構笑えます。そんなこんなで、母乳も順調でしたしその後の離乳食も遅めでしたが、特に困ったことはありませんでした。

6ヶ月の赤ちゃんの生活のリズム

赤ちゃんがママに抱き上げられている

6ヶ月くらいになるとある程度赤ちゃんのリズムがついていきます。昼と夜の区別はつくようになっているので、夜になればまとまった時間寝るようになる赤ちゃんも多くなります。その分、昼間は起きていることが長くなるので、赤ちゃんとの遊び方、お世話の仕方も変わってくるでしょう。昼間は、なるべく外気に触れてお散歩や赤ちゃん学級など、ママの抱っこやベビーカーに乗せておでかけしたほうがいいでしょう。昼間の活動が増えれば、夜が自然と眠くなり、今までよりも夜寝る時間が増えていくようになります。もちろん、母乳やミルクの量にもよりますので、寝る前にはたっぷりとあげてできれば朝までまとまって寝て欲しいですよね。

うちの子供たちは、夜まとまって寝るということがかなり遅かった気がします。昼間よりも夜の方が寝る時間は長くなりましたが、それでも夜中必ず起きていました。母乳だけで育てていたので、どうしても夜起きてしまうんですかね。同じ月齢でミルクで育てているママ友に聞いてみたところ、6ヶ月ごろにはもう夜はまとまって寝て朝まで起きないという習慣がついていました。正直うらやましいなぁと思ったのですが、赤ちゃんそれぞれなので、うちはうちと割り切りました。

まとめ

パパとママと赤ちゃんが寝ている

生後6か月の赤ちゃんの体重についてのお話でした。出生体重もそうですが、月齢ごとの赤ちゃんの体重や身長の伸び、授乳の量など悩みは尽きないんですよね。自分の子どもだけ見ていればそこまで悩まないかもしれませんが、他の赤ちゃんと比べてしまい、うちの子は・・と思ってしまいます。私は、体重や身長に関してはそれ程悩まなかったのですが、発達に関して少し悩みました。一人目の息子の方が、ハイハイ、歩行が極端に遅かったのでこのまま歩かなかったらどうしよう・・・と結構悩んでしました。1歳前に保育園に預けていたので、保育士さんや区役所の保健師さんに、2歳になっても歩かなかったらどうしましょうと相談していましたね。

現代では、昔よりも成長具合に開きがあるのではないかと思っています。しかも、何でも早め早めに成長するという傾向があるのか、ゆっくりとした成長具合だと、「遅すぎるのではないか?」と不安に駆られてしまうのです。1歳である程度歩行ができる目安とされていますが、息子は全く歩く気配がありませんでした。そしてようやく、1歳半を目前にしたころ、つかまり立ちからの一歩が始まり、嬉しかったです。体重や身長、発達など我が子だからこその悩みは深いのですが、今思えばそんなに悩むこともなかったなぁと思うので、その時にはどうしてもぐーっとその子に集中しがちですが、もう少し気長に気楽に考えたほうが良かったかなと思います。実際にはなかなか難しいですけどね。もし、体重の増加に悩んでいるママさんやパパさんがいらっしゃいましたら、極端に少ない、多いというのでなければ、その子の個性として悩み過ぎることはないですよ。それでも心配な時は周囲に相談してくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。