赤ちゃんが笑っている

生後8か月の赤ちゃんの洋服や靴のサイズは? 選ぶ時の大事なポイント

生後8ヶ月になると、だいぶ力も強くなり、筋力も発達してハイハイを始める赤ちゃんも多いと思います。大きな声を出したり、表情も仕草もより豊かになり、赤ちゃんとの時間どんどん楽しくなっていきますね。身体も少しずつスマートになってきて、赤ちゃん特融のぷっくりした頬もしゅっとしまってきて寂しくもありますよね。この記事では、8カ月頃の赤ちゃんの特徴から見た、洋服のサイズや選ぶ時の大切なポイントをお伝えしていきます。

生後8ヶ月頃の身長・体重の目安

赤ちゃんが笑っている

男の子 身長/66.3cm~75.0cm 体重/6.96~10.14kg
女の子 身長/64.4cm~73.2cm 体重/6.53~9.63kg

生後8ヶ月頃の特徴

赤ちゃんが笑っている

お座りが安定する

生後8ヶ月頃には、ほとんどの赤ちゃんが支えなしで座れるようになります。ひとりで座っていられる時間が長くなり、おすわりの状態で体を動かしたり、両手を使って上手におもちゃで遊ぶことができるようになります。

ハイハイが始まる

徐々に、腹這いで前後に進んだり、お尻を高く上げて高這いをしたり、ハイハイが始まる時期です。

つかまり立ちができる子もいる

ハイハイで筋肉が鍛えられ、つかまり立ちができるようになることがほとんどですが、ハイハイをする前につかまり立ちを始める子もいます。つたい歩きを始める子もいますが、個人差がとても大きいです。

体形がほっそりしてくる

身長の伸びに対して体重の増えは緩やかになり、少しずつほっそりとした体形になってきます。

洋服のサイズは?

生後8か月頃の洋服のサイズは、70~80が目安です。動きが大きくなったりハイハイをしはじめると、洋服がはだけやすくなるので、サイズ選びがとても重要になってきます。動きやすさ、着替えやすさを考えて、ロンパースやカバーオールなど上下がつながったものから、上下別のセパレートに変えていく時期でもあります。

洋服選びのポイント

ママが赤ちゃんを抱っこしている

1.肌着

お座りやハイハイを始めると動きが激しくなるので、肌着はお腹がでないように引き続きロンパースタイプを着せてあげると良いでしょう。

2.セパレートにシフトする

この頃になると、お着替えの際もじっとしていてくれなくなります。動いている赤ちゃんにカバーオールを着せるのは至難の業です。セパレートにすると、つかまり立ちをしている間にズボンの着替えもオムツ替えも済ませられるので、お世話が少し楽になります。

3.動きやすさを重視

ハイハイやつかまり立ちが始まると、サイズの大きい服は動きずらいこともあるので、体にぴったり合ったサイズを選んであげましょう。素材も、動きやすさを考慮して、デニムなどの硬いものではなく、なるべく柔らかい素材のものが望ましいです。また女の子の場合は、スカートの丈が長いと膝でスカートを巻き込んでしまい、うまく前へ進むことができずハイハイの妨げになってしまうので、おうちの中ではな るべくスパッツなど動きやすい服装をさせてあげましょう。

4.汚れても良い服を揃えておく

離乳食を食べるときには、エプロンをしていてもどうしても洋服が汚れるので、初めから汚れても良いものを上下5、6枚は用意しておきましょう。「どんどん汚してね」という気持ちでいられると、ママの気持ちも楽になりますよね。柄物だと、洗濯して汚れが落ちなくてもあまり目立たないのでおすすめです。

靴のサイズは?

赤ちゃんの靴

伝い歩きが始まると、そろそろファーストシューズの用意を考えるご家庭もありますよね。生後8ヶ月頃の靴のサイズは、個人差がありますがだいたい11~12㎝になります。では始めて靴を買うタイミングや、靴選びのポイントをみていきましょう。

ファーストシューズを買うタイミングは?

赤ちゃんにファーストシューズを履かせる目安としては、1人で10歩くらい歩けるようになってきたらで十分です。裸足で歩くことで、土踏まずの形成につながったり、足の裏から脳に刺激を与え脳が活性化されると言われているので、裸足の状態で歩く経験を十分にさせてあげましょう。伝い歩きができた時点で靴を購入すると、いざ歩けるようになったときにはすでにサイズアウトしていることもよくあります。戸外でも伝い歩きをして遊びたい場合や、履くのを嫌がることを見越して早めに靴の感覚に慣れさせておきたい場合などは、すぐ買い替えになることは覚悟のうえで購入しても良いかもしれませんね。

靴選びのポイント

赤ちゃんの足

1.必ず店頭で足のサイズを計測してもらう

特にファーストシューズを購入する際は、店頭で実際に足のサイズを計測してもらうことが重要です。同じサイズでも、メーカーによって足の形が異なるので、足の横幅や甲の高さもきちんと測定してもらいましょう。

2.足の長さ+5mm大きいものを選ぶ

足にぴったりすぎるものだと締め付けられてしまう可能性があるので、しっかりと足の指を踏ん張って立つために、靴の中で指が少し動く余裕があるくらいが調度よいとされています。

3.ハイカットかローカットか

赤ちゃんの足首は柔らかいので、ハイカットタイプには捻挫防止の効果があります。また、ハイカットは足首の安定を助ける役目になってくれる一方で、足首を曲げるのに余分な力が必要になり、自然な動きを妨げることもあります。どちらが良いかは一概には言えませんが、靴の素材や柔らかさによっても変わってくるので、実際に店頭で履いて歩かせてみて、より赤ちゃんが歩きやすいものを選んであげましょう。

4.吸湿性のある素材

子どもの足は汗をかきやすいので、水分をよく吸収し、早く乾燥するメッシュ素材が好ましいでしょう。そして、洗いやすい素材というのもポイントです。

5.靴底を確認する

歩き始めはまだ自分で上手にバランスを取って歩くことができないので、靴底が平らになっていると滑って転ぶ原因になります。ほとんどのベビー靴は溝があったり滑り止めがついていますが、念のため靴底を確認しましょう。また、靴底はちょうど指の曲がる位置が子どもの足の力でも無理なく曲げられる程度のやわらかさがあるものが理想です。靴底のやわらかさも同時にチェックしましょう。

おわりに

赤ちゃんが笑っている

洋服のサイズ選びは赤ちゃんのうちが1番悩ましいですね。8カ月頃は、赤ちゃんの成長を妨げない「動きやすさ」が1番のポイントになると思います。1歳を過ぎるとしばらく同じサイズを着ていられるので、サイズ選びも困らなくなってきます。靴選びは、シューフィッターのいるお店を調べていくのが1番安心です。ファーストシューズは思い入れが強いものだと思うので、ぜひ赤ちゃんに合った歩きやすい靴を見つけて下さいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。