赤ちゃんがママに抱き上げられている

生後2ヵ月 赤ちゃんの笑う顔がもっと見たい!笑顔を通して赤ちゃんとの大切な関わり方を知ろう

生後2ヵ月頃になると、赤ちゃんがたくさん笑顔を見せてくれるようになりますよね。笑った顔を見ると、慣れない育児疲れや寝不足などの辛さもどこかへいってしまいますね。でも、赤ちゃんは本当に楽しくて笑っているの?笑顔にはどう反応してあげたらいいの?もっとたくさん笑顔が見たい!と気になっているお母さんも多いと思います。この記事ではそんな赤ちゃんの笑顔の仕組と関わり方を解説します。

「生理的微笑」から「社会的微笑」へ

赤ちゃんが指をくわえている

赤ちゃんの笑顔は、「生理的微笑」から「社会的微笑」へと変化していきます。「生理的微笑」とは新生児期に見られ、感情とは関係なく顔の筋肉が動くことにより笑っているように見えるものです。生後2、3ヶ月頃から徐々にお母さんの顔が認識できるようになり、抱っこしたりあやしたりすることで笑顔が見られるようになります。これを「社会的微笑」と呼びます。「アーアー」「ウーウー」と声を出しながら笑ってくれると何とも言えない幸せな気持ちになりますよね。

生後2ヶ月頃の視力

赤ちゃんがうつ伏せになっている

生後2ヶ月頃の視力は0.01〜0.02程度で、20〜30cmならば見えていると考えられます。1箇所をじっと見つめる「固視」ができるようになってくるのもこの時期からです。まだぼんやりと見えている程度ですが、赤ちゃんと触れ合うときには顔を近づけてあげるといいですね。

赤ちゃんの笑顔を増やすためにできること

ママが赤ちゃんを抱き上げている

赤ちゃんが笑うのは視覚からによるものだけではなく、耳から聴こえる音や声、ものに触れたときの感触など、様々な要素が関わっています。赤ちゃんの笑顔を引き出すためには、ゆったりした気持ちで話しかけてあげながら、優しく体に触れてあやしてあげて下さい。簡単なわらべ歌を歌ってあげるのも良いですね。お腹の中にいるときから聴き慣れているお母さんの優しい声や、抱っこしてもらうときの温かい感触が赤ちゃんに安心感を与え、自然と笑顔に繋がっているのかもしれませんね。

赤ちゃんの笑顔を引き出す、おすすめの遊び方

おもちゃ

赤ちゃんがお母さんの姿が見えなくなると泣いてしまうのは、単に寂しいという感情ではなく、例えるとお母さんがこの世からいなくなってしまったかのように感じているからだと言われています。つまり、見えないところにいるとは考えられず、見えない=どこにもいないということになります。赤ちゃんが大好きな「いないいないばぁ」は、消えたと思い込んでいるものがすぐにまた現れるという意外性に喜んでいるのです。
そこで、「いないいないばぁ」に似た遊びをご紹介します。

ぬいぐるみをタオルで隠してから、パッとタオルを取る

例えばうさぎのぬいぐるみの場合、赤ちゃんの目の前にぬいぐるみを出してからタオルで隠し、「あれれ、うさぎさんがいなくなっちゃった!どこかなぁ〜」と言いながらパッとタオルを取り、「ぴょんぴょん」と登場させます。

音のなるおもちゃをゆっくり左右に動かし、そのまま後頭部の方へまわして一度視界から消し、一周して目の前に戻ってくる

まだまだ視力が弱いため、近づけてゆっくりと動かしてあげて下さい。音にも反応して楽しめます!

(お母さんの)頭の上におもちゃをのせて、「おっこちちゃった!」と言いながら頭から落とす

もちろん落ちても安全なおもちゃで!(柔らかいボールなど)この遊びが1番赤ちゃんが笑う確率が高いです。是非試してみて下さい!

笑顔を通して感情を育む

赤ちゃんがおもちゃで遊んでいる

快・不快、安心・不安といった基本的な感情は、生まれつき持っている感情だといわれています。また、新生時期は「情動伝染」といって1人が泣くとみんな泣いてしまうように、感情が伝染する現象が見られます。

このように赤ちゃんは生まれた瞬間から既に感情が存在すると考えられていますが、周囲の人とのやりとりによってその後の人生に大きく関わる大切な感情が育っていきます。赤ちゃんが笑ったら、「気持ちいいね、楽しいね」などそのときの感情を代弁して話しかけてあげるとうれしい気持ちがわかるようになり、お母さんが笑ってくれるのが嬉しくて赤ちゃんの笑顔も増えることでしょう。また、お母さんが不安な時やイライラしている時は赤ちゃんが愚図りだしたり泣きやまないことがよくあります。お母さんの気持ちが赤ちゃんに伝染しているのですね。そんな時は、旦那さんにお願いしてお母さんが1人になれる時間をつくったり、もしその場にお願いできる人がいなければ赤ちゃんを安全な場所に寝かせて、一度離れて気持ちを落ち着かせてみて下さい。どうしても赤ちゃん優先で自分のことは二の次になりがちですが、お母さんの心のケアをすることが結果的に赤ちゃんの笑顔に繋がるのでゆっくり休む時間もつくれるといいですね。

赤ちゃんと信頼関係をつくることが最重要

ママに女の子が抱っこされている

ここまで前述したように、まわりの大人が笑顔で接してくれることで安心感を得ることが人を信頼する心へと繋がっていきます。このように0歳〜1歳までの期間で大人との間に基本的な信頼関係を築くことは、その後成長していく過程で子どもが何でも自分でやってみようとする自律性が育つ大切な軸になります。この時期に基本的な信頼が構築されていない場合、意味もわからず恐怖を感じたり、言われたとおりにしようとするだけで物事に不安を感じやすくなることがあります。小さな赤ちゃんはまだ何もわからないというのは大きな誤解で、乳児期に人との関わりの基盤ができるのです。だからといって、いつでも笑顔で接するというのは至難の業で子育ては理想通りにはいかないものですよね。 もちろんお母さんも時には赤ちゃんの前で泣いたり怒ったりすることがあっていいのです。完璧なお母さんを目指す必要はなく、失敗も反省も繰り返しながら子どもと共に成長して行く方が、振り返ったときにきっと愛情が深く感じられるはずです。

おわりに

赤ちゃんがママに抱っこされている

生後2ヵ月の赤ちゃんはこの世に生まれて間もないですが、まだよく見えない瞳で一生懸命に世界を見てすでに様々なことを吸収しています。笑っただけで周りの人を幸せにできるのは赤ちゃんの特権でもありますよね。言葉が話せない時期だからこそ、赤ちゃんの表情や動き、声などにたくさん反応してスキンシップをしながらたくさんコミュニケーションを取ってあげてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。