赤ちゃんが笑っている

知っておくべき赤ちゃんと湿度の関係   

赤ちゃんと湿度の関係は、実は様々な視点からとても重要なものです。赤ちゃんは湿気に敏感で、じめじめと湿度が高いと大人も過ごしにくいのと同じで、赤ちゃんも不機嫌になりやすいのです。寝つきが悪かったり夜泣きの原因になることもあります。また、冬場は湿度が低く空気が乾燥することで、インフルエンザのウィルスが繁殖するので、赤ちゃんの健康にも大きく関わります。この記事では、季節ごとの適した温度、それぞれの季節を過ごす中での注意点などについてお伝えしていきます。
(★赤ちゃんに最適な湿度は、春夏秋冬問わず、40〜60%程度です。)

春の過ごし方

赤ちゃんが寝ている

快適に過ごせる温度・・・25℃

寒暖差に注意

春は比較的過ごしやすい季節ですが、日中の紫外線が強い日もあるので、日当たりの良い部屋は室内の温度が上がる可能性があります。また、季節の変わり目で寒暖差が激しい時期で、さらに梅雨に入ると湿度が上がるので風邪を引きやすくなります。そのため、赤ちゃんが過ごしやすい環境を整え、健康の管理をする上でも、日々の室温や湿度の調整はとても重要です。また、室温に合わせて服装の調整にも気を配り、特に着せすぎには注意しましょう。汗をかいていたら体を拭いてあげたり、洋服を1枚脱がせてあげるなど、こまめに赤ちゃんの様子を見てあげることが大切です。

夏の過ごし方

赤ちゃんがこちらを見ている

快適に過ごせる温度・・・26〜28℃

外気温と室温の差に注意

夏場は大人でも気をつけなければいけないことですが、外気温と室温の急激な温度差は、特に体温調節機能が未熟な赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。エアコンと扇風機を上手く併用して、外気との差を5℃以内にするように心がけましょう。また、エアコンや扇風機の風が赤ちゃんに直接当たると冷えすぎてしまい体調を崩す原因になるので、直接当たらないように注意してください。服装は、汗を吸ってくれる肌着を着用すると快適に過ごせるでしょう。涼しいと思いがちなノースリーブは脇の汗を吸ってくれないので、半袖の方がおすすめです。

食中毒に注意

夏は湿度が約80%以上となることもあり、食中毒には十分注意が必要です。エアコンの除湿機能を利用するなどして湿度調節をしっかりと行い、食べ物はすぐに冷蔵庫にしまうなどして管理を徹底しましょう。

室内でも熱中症対策をする

赤ちゃんは大人よりたくさん汗をかくため、特に夏場はミルクや母乳の間隔が空きすぎないようにして脱水症状には十分注意しましょう。また、室内でも直射日光に当たり続けることがないよう、赤ちゃんの過ごす場所の配慮をしましょう。

秋の過ごし方

赤ちゃんが寝ている

快適にすごせる温度・・・22〜25℃

気温に合わせた服装を

秋は、暑い夏が終わりやっと涼しくなって過ごしやすい時期ですよね。ただ、日によってかなり温度差があったり、朝晩は冷えるけど日中は暑いなど、安定しない時期でもあります。そこで、赤ちゃんの服装の調節はとても重要になります。カーディガンなどの羽織りもので脱ぎ着しやすいものを、薄手のものと厚手のものをそれぞれ用意しておくと、急な気温の変化にも対応しやすいのでおすすめです。
寝るときはスリーパーを着せてあげると寝冷えの防止になるので安心ですよ。

冬の過ごし方

赤ちゃんが笑っている

快適に過ごせる温度・・・20〜23℃

乾燥に注意

冬場は空気が乾燥し、さらにエアコンなどで部屋を暖めた場合、部屋の湿度が低くなります。乾燥がもたらす影響として、赤ちゃんの肌の乾燥やウイルスの活性化があります。このウイルスの活性化によって、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。ウイルスの活性化を防ぐための対策として、湿度を50%〜60%に保つことが良いとされています。加湿器を活用したり、室内にバスタオルを干して加湿するなどして、赤ちゃんを乾燥から守りましょう。

厚着にならないように

寒い冬は赤ちゃんの体が冷えないように、つい厚着をさせてしまいがちです。しかし、たくさん重ね着をして赤ちゃんに着せすぎると、大量の汗をかいてしまい、かいた汗が冷えると体も冷え、体調を崩す原因になります。赤ちゃんは体温が高いので、大人より1枚少ない服装で大丈夫です。着込ませすぎには十分注意しましょう。

温湿度計は必要か?

赤ちゃんが寝ている

出産前の準備や、出産後に赤ちゃんのお世話をする中で、温湿度計は必要かどうか悩むママは多いと思います。実際に必要かどうかは賛否分かれますが、いらないかなと迷う場合は、あって困るものではないので購入しても無駄にはならないと思います。赤ちゃんが大量の汗をかいていたり、反対に手足が冷たくなっていたりすると、心配になりますよね。そんなとき室内に常に温湿度計があれば人目で温度を確認することができ、余計な心配や不安はなくなります。また、湿度がはっきりとわかっているので湿度が高ければドライ運転に切り替えたり、低ければ加湿するなど、空調を調節しやすいです。

大人は暑い、寒いなどの体感で空調を操作しがちですが、体温が高い赤ちゃんは大人と同じ感覚ではありません。体感温度に頼りすぎると、夏場は気づかないうちに熱中症になってしまったり、冬場は部屋が暖かく快適でも、実は乾燥がひどくウィルスが増殖しやすい環境になっている場合もあります。温湿度計は時計と同じように、デジタルとアナログに分かれます。デジタル式は数値を確認しやすいのに加え、快適度・環境レベル表示などの機能も豊富なので、赤ちゃんのいるご家庭にはおすすめです。温湿度計単体でなくても、空気清浄機に内蔵されていたり、時計とセットになっているものも多いのでお部屋別に適したものを選べると思います。様々なデザインや機能があるので、ご家庭にあったタイプを見つけてみて下さいね。

おわりに

赤ちゃんが笑っている

熱中症、風邪、インフルエンザ、乾燥肌の予防など、温度と湿度の管理をすることは健康な生活を送るためにとても重要なことです。自分で暑いと言えない赤ちゃんのためにも、温湿度計で正確な室温や湿度を確認し、空調をコントロールしてあげたいですね。寝室にも温湿度計があると、寝苦しさや寝つきの悪さを解消できる手助けになりますよ。赤ちゃんはもちろん、家族みんなで健康で快適な生活を送ってくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。