赤ちゃんが遊んでいる後ろ姿

赤ちゃんがいるお家にオススメのルームマット

赤ちゃんが生まれるにあたり、お部屋の間取りや家具の配置などいろいろと考えることがありますよね。特にリビングは赤ちゃんと過ごす時間が長い場所なので、家具の配置だけではなく、赤ちゃんが動きやすい動線も考える必要があります。赤ちゃんがお座りしたりハイハイなど動き出すようになると特にいろいろと注意が必要ですね。そこで今回は、赤ちゃんと過ごすリビングの配置やオススメのルームマットについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんと過ごすリビングの作り方

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんと快適に過ごすリビング作りは必要ですね。ねんねの赤ちゃんのうちは、昼間赤ちゃんを寝かせておくように、ベビー座布団やバウンサーなど、各ご家庭の事情にあわせて選択されると良いと思います。我が家では、リビングでは普通の座布団とバウンサーを使用していました。リビングはフローリングなので、カーペットを敷いていました。赤ちゃんが生まれる前はソファーを真ん中に置いてありましたが、生まれてからソファーを壁側に移動しました。赤ちゃんが動き出すようになってからは、万が一タンスやテーブルの角に頭などをぶつけても大丈夫なように家具の角にはカバーをつけました。細かいものはタンスや棚にしまったり、コード類はなるべく危なくないところに移動するなとしました。

赤ちゃんにオススメのルームマット

赤ちゃんが遊んでいる後ろ姿

赤ちゃんが寝転がったり、ハイハイなどするようになると、フローリングのお家の場合は、ルームマットを用意したほうがよいでしょう。では、どのようなルームマットがあるのかご紹介します。

普通のカーペットと同じように、常時リビングに敷いて置けるルームマット

赤ちゃんが寝転がったり、ハイハイしたりするので肌触りのよいものを選ぶとよいでしょう。

柄やデザインは各メーカーからいろいろと出ているのでお好みにあわせて選んでくださいね。ほとんどのルームマットは洗えますので、汚れたら洗濯も可能です。お天気のよい日は、外に干しておけば清潔に保つことができます。

さすがにカーペットは重たくて、運んだり外に干したりするのはできないので、ルームマットはその点でもメリットかあります。そう言えば、まだねんねの頃でしたが、息子がオムツ替えのときにちょうどおしっこをしてしまい、当時敷いていたカーペットにおしっこがかかってしまったことがありました。それからというもの、カーペットではなくやはりルームマットか必要かもと思い始めました。

すべりどめつきルームマット

ルームマットの後ろにすべりどめかついているタイプがあります。赤ちゃんがハイハイなどルームマットの上で動いた時に、すべりどめがついているとずれにくくなります。


プレイマット

赤ちゃんのいる家庭では、このプレイマットを置いている家庭が多いようです。子供ができる前に、赤ちゃんのいる家庭に遊びに行った時に、プレイマットが敷いてあるのを見ました。その時はあまりピンと来なかったのですが、子供ができてなるほどと思うようになりました。

というわけで、我が家ではリビング用にプレイマットを買いました。プレイマットもいろいろな種類があります。我が家は、近所のホームセンターをいくつか巡り最終的に値段とデザインで決めました。サイズは、30センチ×30センチくらいで12枚セットです。デザインは、アルファベットです。

当時住んでいたお家のリビングはかなり広くて、12枚だと足りずもうワンセット買い足しました。同じデザインの在庫がなく、カラフルな動物柄にしました。クッション性があるので赤ちゃんが後ろに倒れたり転んだりしても、ある程度まではクッションでカバーしてくれます。パーツの組み合わせなのでお部屋のサイズや間取りに合わせて、敷けるのが良かったですね。

ただ、一つだけ注意点があります。アルファベットや動物柄のデザインは、細かいパーツがあるので赤ちゃんが誤飲してしまう可能性があります。それに気がついてから、誤飲しそうな大きさのパーツだけ外しておきました。その分すき間が空いてそこにホコリな溜まってしまいますが、こまめに掃除すれば大丈夫です。これから購入される方は、デザインをよく考えたほうがよいと思います。ちなみに、プレイマットは下の子が2歳くらいまで使いました。表面より下に敷いてある面が汚れていたので、プレイマットを敷いていても汚れはつくんですね。

番外編

赤ちゃんが驚いた表情でこちらを見ている

テントタイプ

赤ちゃんの時にはまだ早いですが、子供部屋などに置くと楽しいテントタイプのマットがあります。三角錐の形をしていて、ちょっとした隠れ家になり子供達は大喜びです。

赤ちゃんとの遊び方

ママと赤ちゃんが絵本を読んでいる

赤ちゃんとの室内での遊び方についてご紹介しましょう。小さいうちは、手遊びすると赤ちゃんも喜びます。赤ちゃん学級で教えてもらった手遊びは、「ぞうきん」と「一本橋こちょこちょ」です。

ぞうきん

赤ちゃんを仰向けにした状態で「ラララ♪ぞうきん♪、ラララ♪ぞうきん♪」と歌いながら、赤ちゃんの身体を優しくなでます。「ラララ♪ぞうきんを洗いましょう。ジャブジャブジャブジャブ洗いましょう」と、赤ちゃんをぞうきんに見立てて洗うように身体をジャブジャブします。この感じで、「縫いましょう」「干しましょう」バージョンで、メロディに合わせて赤ちゃんの身体を使って遊びます。このて遊びで結構喜んでくれるので、お出かけできないときなど、リビングで手遊びして遊んでいました。親子のスキンシップにもなりオススメですよ。お気に入りのルームマットで、赤ちゃんと手遊びなどで過ごせば、雨の日も少しは気が紛れそうですね。

最後に

子供部屋

赤ちゃんのいる家庭にオススメのルームマットのご紹介でした。私は二人共、産休・育休を取得していたので、昼間は赤ちゃんと自分の家やママ友、自分の友人ののお家のリビングで過ごすことが多かったです。友人のお家にお邪魔すると、リビングの配置や赤ちゃんグッズなどとても参考になりました。うちの子供達はあまり人見知りや場所見知りをしなかったので、いろいろな場所に連れて行っても全く問題ありませんでした。そんなわけで今でも子供達は、誰かのお家にお邪魔することが好きです。家庭それぞれの快適なリビングを作って下さいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。