赤ちゃん泣き止まない

赤ちゃんが全然泣き止まない。どうしたらよい?

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われていますが、赤ちゃんが泣き止んでくれないとママやパパは本当に疲れてしまいますよね。そもそもなぜ赤ちゃんは泣くのか、泣き止まないのは何か理由がのかなどいろいろと探っていきたいと思います。

赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃん泣き止まない
そもそも、なぜ赤ちゃんは泣くのでしょうか。ママの身体から出てきた赤ちゃんは、まず産声をあげます。お医者さんや助産師さんも、赤ちゃんが泣いてくれることで出産後呼吸ができているという目安になるので、元気な産声をあげてくれるとほっと一安心します。

ママにとっても生まれて初めて聞く赤ちゃんの産声は、とても心地がいいものでしょう。赤ちゃんにとって初めての“泣き”は、産声と呼ばれ温かいイメージですね。

それでは、生まれた赤ちゃんがその後も泣くのはなぜなのでしょうか。赤ちゃんは1歳くらいまで言葉を話すことができません。泣くことで自分の欲求を伝えているのです。お腹が空いた、寒い、暑い、気分が悪い、明るい、暗いなど理由は様々です。周りの大人にとっては、赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからないので、赤ちゃんの様子をみながら、赤ちゃんの要求にこたえようと必死ですね。

赤ちゃんが泣き止まない

赤ちゃん泣き止まない

何をやっても赤ちゃんが泣き止まないということはよく聞くことですよね。このお悩みは、おそらく赤ちゃんを取り巻くすべてのママやパパが持っている悩みだと思います。特に、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が長いママにとっては、赤ちゃんが泣き止んでくれないと本当に困ってしまいますね。時には、疲れ果ててぐったりしてしまうこともあるでしょう。私もそうでした。

たいてい、おっぱいをあげれば泣き止んでくれる息子が、おっぱいをあげている時は一瞬泣き止んでも、結局また泣き出して今度はオムツをかえたりあやしたりと苦戦していました。ねんねの時期は、ほとんど寝ていたので起きた時は、おっぱいやオムツ替えでえ満足してまた寝てしまうという繰り返しだったので、それほど泣き止まないということはありませんでした。2ヶ月過ぎたくらいから、いろいろと知恵がついてきたのか、何をしても泣き止まないという時が時々ありましたね。

昼間はまだいいのですが、特に夕方から夜にかけて泣き止まないことがあり、近所にも迷惑だしどうしようと困ったときもありました。

赤ちゃんが泣き止まない理由

赤ちゃん泣き止まない

赤ちゃんはなぜ泣き止まないことがあるのでしょうか。それは、赤ちゃんに聞いてみないことにはわからないことかもしれませんが、理由がある場合とない場合とあるのでしょう。

まず、赤ちゃんが泣く理由としては、下記があげられます。

・おっぱいやミルクが欲しい。お腹が空いた
・部屋が明るい、暗い
・寒い、暑い
・洋服がチクチクする、気持ち悪い
・体調が悪い
・眠いのに寝れない

赤ちゃんが泣きだすと大人はあれやこれやと、赤ちゃんが泣いている理由を想像して一生懸命に赤ちゃんのお世話をしますよね。いろいろとやった結果、ようやく泣き止んでくれたということも多々あります。それでも、何をやっても泣き止まないこともあります。

何をやっても泣き止まないということは、赤ちゃん自身も泣いている理由はなく、「ただ泣きたいから」ということもあるのではないでしょうか。もちろん赤ちゃんにも感情はありますが、大人程まだはっきりとしていません。感情ははっきりとしていなくても、寂しい、何となく泣きたいということがあるのだと思います。そんな時、ママやパパが一生懸命にお世話しますが、何となく泣いているのでそれでは満足せず、結局泣き続けてしまうという負のジレンマなのでしょう。

幼児の場合でも、初め泣くきっかけがあったのですが泣いているうちに、泣いている理由がわからなくなり、ただ泣いているということがあります。泣くことで感情の波が押し出され、泣いた理由がわからなくなってしまうんですよね。

赤ちゃんが泣き止まない時には

赤ちゃん泣き止まない

では、赤ちゃんが泣き止まない時、どうしたらよいのでしょうか。それは、私も明確な答えはありません。ただ、一通りのことをやってもだめで泣き止まなくても、いつか赤ちゃんは疲れて泣き止みます。泣き止まない時は、「これが永遠に続く」と思ってしまいがちですが、必ず泣き止みます。泣くのも結構体力を使うので、泣くことで疲れてその後うそのようにぐったりと寝てしまうなんてこともあります。

泣き止まないと余計に焦ってしまいがちですが、大人が焦ったりイライラすることでその感情が赤ちゃんにも伝わり、余計に泣き続けるということもありますので、なるべく気持ちをゆったりと持って「いつかは泣き止む」と心に信じて抱っこしてあげましょう。

ただ、あまりに泣き止まない場合、何かしらの病気の可能性もありますので、泣く以外に他に症状がないか確認しましょう。熱がある、おっぱいやミルクを飲まない、下痢をしているなどいつもと違う様子があったらすぐに病院に行ってください。

赤ちゃんが泣き止まない時に私が実際にやっていたことをご紹介しましょう。

・近所を散歩する

夜の時間帯が多かったのでどうかなとも思ったのですが、外に出かけると結構泣き止んでくれたので、抱っこしててひたすら歩いていました。そのうち、疲れて抱っこしたまま寝てくれて、そ~っとお布団においたら寝てくれたこともありましたね。

・音楽を聴く

もし、妊娠中にママが聴いていた音楽があれば、その音楽を赤ちゃんに聴かせると泣き止むこともあります。私は、特に音楽は聴いていなかったのですが、自分が好きな音楽(スピッツやドリカムなど)を聴いて自分もリラックスしていました。

・ビニール袋のガサガサ

ビニール袋のガサガサする音に反応を示したことがあったので、ガサガサする音を聞かせると一瞬泣き止んでくれたこともありました。なんだろ?と思うのかもしれませんね。ただし、ビニール袋を赤ちゃんに持たせると危険なので、しっかりと大人が見守ってあげます。

他にも赤ちゃんを泣きませる方法はあると思いますが、一番聞いたのはおんぶかもしれません。抱っこよりおんぶのほうが身体が密着して安心するのか、おんぶするとたいてい泣き止みその後ウトウトして寝ていました。

まとめ

赤ちゃん泣き止まない

赤ちゃんが泣き止まないとイライラすることもありますね。気持ちはすごくわかります。でも、本当に一生続くわけではないので、赤ちゃんは泣いて当たり前、元気な証拠と思って、ママ自身がリラックスできるような環境を作ったり、パパや他の大人にサポートしてもらいながら、乳児期を過ごしてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。