赤ちゃんがミルクを飲んでいる

赤ちゃんが授乳中や睡眠中にむせるときに考えられる5つの原因

赤ちゃんが小さな体で何度も苦しそうにむせてしまうと、大丈夫かな?何かの病気かな?ととても心配になりますよね。赤ちゃんの胃はまだ小さく消化機能も未発達なため、様々な理由でむせてしまうことがあります。
この記事では、赤ちゃんが最もむせてしまいやすい「授乳中」と「睡眠中」のむせる原因と対策についてご説明します。

母乳、ミルクでむせる場合の原因と対策

赤ちゃんがミルクを飲んでいる

1.まだ上手に飲めていない

赤ちゃんが母乳や哺乳瓶を上手に飲めるようになるまでは個人差があり、まだ上手に吸えない場合はむせてしまうことがあります。そんなときは焦らずに一度授乳を中断して縦に抱き、背中を優しくさすってあげましょう。落ち着いたら授乳の体勢を変えてみて、赤ちゃんが吸いつきやすい位置を探してあげて下さい。乳首をしっかり吸えるようになると、徐々にむせることも減っていくと思います。

2.母乳、ミルクの出る勢いが強い

産後は赤ちゃんに吸ってもらうことで少しずつ母乳の生産量が増え、乳腺が開通すると授乳もスムーズになっていきます。赤ちゃんの吸う力がまだ弱かったり、母乳の分泌が良い場合は、赤ちゃんの飲む量やスピード以上の母乳が溢れ出てむせる原因になります。その場合は軽く絞ると母乳の勢いが弱くなるので、授乳を始める前に調整してみましょう。ミルクの勢いが強すぎる場合は、哺乳瓶の乳首の穴を小さいサイズのものに取り換えるなどして様子を見てみましょう。

3.母乳、ミルクを飲みすぎている

月齢がすすんでいても、赤ちゃんが泣いたら「おっぱいかな?」と思い泣くたびに授乳していませんか?実際に、出産後は産院でも母乳は赤ちゃんが欲しがれば欲しがるだけあげて下さいと言われると思います。その言葉のまま新生児を過ぎてからも頻回授乳をしているお母さんが多いと思いますが、泣いている=おっぱいを欲しがっているとは限らず、それを続けていくと母子ともに辛くなってしまいます。新生児のうちは1度に飲める量も少なく、授乳の練習も必要なので頻回授乳の必要がありますが,1カ月検診で体重の増えなどに問題がなければ授乳はだいたい2〜3時間おきと決めてみましょう。新生児を過ぎてからも泣くたびに授乳をしていると、赤ちゃんは反射的におっぱいを吸うかもしれませんが、実はお腹がいっぱいで飲みすぎになっている場合があります。それがむせる原因にもなっているのですね。もちろんミルクを飲む量は個人差がありますし、たまたま飲み足りていなくて短時間でまたおっぱいを欲しがることもあるでしょう。そのような場合を除いては、だいたい2〜3時間の間隔をみて、それ以前に赤ちゃんが泣きだしたときはお腹がすいている以外の理由を探してみて下さい。暑い・寒い、眠い、かまってほしいなど考えられることはたくさんあるので、授乳のタイミングでなければまずは抱っこで対応し、赤ちゃんの泣いている理由をあれこれと試しながら見つけてあげましょう。それを積み重ねていくと、実はおっぱいやミルクががなくてもすんなり泣き止めることがほとんどだということに気が付くと思います。そうしていくうちに、お母さんも赤ちゃんの泣いている理由がだんだんとわかるようになっていきますよ。

4.鼻水が喉に流れ込んでいる

赤ちゃんは頻繁に鼻水が出る子も多いので、授乳の姿勢で横になると鼻水が喉の奥へ流れ込みむせてしまうことがあります。鼻水が原因だと考えられる場合は、病院で吸ってもらうか、市販の鼻吸い機を使っておうちでケアしてあげても良いでしょう。また室内の換気をし、湿度を50〜60%に保てるよう注意して、加湿器で乾燥を防ぐなど環境を整えてあげることも大切です。

5.気管に母乳やミルクが入ってしまう

母乳やミルクがうまく食道まで届かず、気管に入ってしまうと自然な防衛反応で咳をして吐き出そうとします。これは離乳食が始まってから食べ物でもよく起こります。激しく咳込むと心配になりますが、この場合は自然な反応なので心配はありません。大人でもこのような経験がありますよね。この場合も赤ちゃんを縦に抱っこして、落ち着くまで背中をゆっくりさすってあげましょう。

寝ている時にむせる場合の原因と対策

赤ちゃんが寝ている

寝ているときにむせてしまう原因は、主に唾液が気管に入ってしまうことにあります。起きている間もだらだらとよだれが止まらない赤ちゃんもいますよね。よだれは生後2、3カ月頃から出始め1歳半頃には落ち着いてきますが、個人差があるので2、3歳まで続く場合もあります。

よだれの出る原因

赤ちゃんは口の周りの筋肉が発達していないうえ、脳からの伝達もまだ上手くできないため、口元が緩みやすくなります。それに加えて、まだ上手に唾液を飲み込むことができないので、口の中にどんどん溜まりよだれが出やすいのです。また、赤ちゃんはなんでも口に入れたがるので、より唾液の分泌が増えていきます。そのため、睡眠中でも唾液がうまく処理できずに気管に入り、むせてしまう原因になります。

寝ているときにむせてしまったら?

何度も咳込んでしまう場合は、頭の下に座布団を敷くなどして上半身の位置を少し高くして寝かせてあげましょう。乾燥が原因の場合もあるので、水分補給をしたり寝ている間も湿度が適度に保たれるよう寝る前に設定しておきましょう。また、鼻水がでている場合は仰向けに寝ていると鼻水が喉に落ちやすくなりむせてしまいます。そのせいで十分な睡眠が取れていない状態が続くときには、病院を受診しましょう。

おわりに

女の子が飲み物を持ってこちらを見ている

授乳だけでも夜中に何度も起きる中、さらに赤ちゃんが寝ながら咳込んでいるとお母さんは心配で休まる時間がありませんよね。体のつくりが未熟な赤ちゃんがむせるのはよくあることで、ほとんどの場合は成長していきながら解決するものなので心配はありません。しかし、中には気管支炎や喘息などの可能性もあるため、授乳中や睡眠中に関わらず激しく咳込むことが続いていたり、顔色が悪い、ぐったりしているなど普段と違う症状がある場合は早めに受診しましょう。赤ちゃんも、母乳やミルクがしっかり飲めて睡眠も十分に取れていればご機嫌な時間が増えるので、母子ともに安心してゆったりとした時間が過ごせますね。軽い症状でも心配な場合は検診の際に医師に相談してみると良いですよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。