赤ちゃんが生まれてから1歳までの成長具合

赤ちゃんの成長は本当に著しいです。1歳になるまでの1年間は特に、日々大きな成長を感じます。そんな赤ちゃんを育てるママにとって、成長の著しいこの時期、痩せすぎかな?太り過ぎかな?栄養面は大丈夫かな?など、赤ちゃんの発育具合が気になったり心配になりますよね。そこで今回は生まれてから1歳までの赤ちゃんの身体の成長具合を月齢別にご紹介していきたいと思います。赤ちゃんの成長には個人差が非常に大きいです。これからご紹介する内容はあくまでも平均的なものなので参考程度にしてくださいね。

■生後0ヶ月■

生まれてすぐの赤ちゃんは、まだまだ母乳やミルクを上手く飲むことができません。そのため飲む量よりも、おしっこやウンチ、汗などの排出量が上回るため、生後3.4日は一時的に体重が減少する「生理的体重減少」という現象が起こります。体重が減少しているとママは心配してしまいますよね。だいたい生後1-2週間かけて徐々に元の体重に戻るので心配いりません。生後0ヶ月の体重増加は1日30-40gぐらいが目安です。生まれたときの体重の10%以上減るようなことがあれば小児科の先生に相談しましょう。

■生後1ヶ月■

生まれてから1ヶ月も経つと、赤ちゃんは母乳やミルクを飲むのが徐々に慣れて上手くなってきます。それに伴い、体重も増え皮下脂肪も増加していくので、ふっくらと可愛らしい赤ちゃんらしい体つきになっていくことが多いです。1ヶ月でおおよそ1-2kg増加するでしょう。

■生後2ヶ月■

母乳やミルクを飲むのが更に上手くなり、赤ちゃんの皮下脂肪は日に日に増加し、赤ちゃんらしいムチッとした体つきになっていくでしょう。体重増加の目安としては1日に30g程度となり、赤ちゃんの体型にも個人差や男女差があらわれはじめます。なのでママは、うちの子は大きすぎ?細すぎ?などと他の赤ちゃんと比べてしまいがちですが、徐々に体重が増加しているようであれば特に心配いりませんよ。

■生後3ヶ月■

成長スピードには個人差がありますが、赤ちゃんの身長は生まれたときよりも10cmほど伸び、体重はおおよそ2倍ほどになります。成長が著しい赤ちゃんですが、この生後3ヶ月頃には授乳の回数やタイミングなどの生活リズムが少しずつ整いはじめます。ハイペースだった成長のスピードも少し落ち着いてくることが多いです。

■生後4ヶ月■

生後4ヶ月になると首がしっかりしていき、徐々に首がすわってくる頃ですね。赤ちゃんは寝転がったまま手足をバタバタさせたり、身体をひねらせたりと筋力もついてきます。このような運動機能の発達に伴い、赤ちゃんの体重増加はゆったりになっていきます。

■生後5ヶ月■

ますます活発に身体を動かすようになります。しっかり首がすわってくるとともに様々な筋力も発達するので、体つきがしっかりし、早い子だと寝返りする子もいます。運動量が増えていくため、赤ちゃんの体重増加は1ヶ月に500g程度と更にゆったりになります。

■生後6ヶ月■

生後6ヶ月頃の赤ちゃんというと、個人差はありますが、寝返りをマスターする頃ですね。少しの間ならおすわりができるという赤ちゃんもいます。離乳食も始まる時期ですね。身長は1ヶ月に1cm伸びる程度のペースとなり、体重増加も1ヶ月に300-400g程度になり成長のペースは徐々に落ち着き、ゆるやかになる一方です。

■生後7ヶ月■

おすわりが安定してくる頃で、またずりばいを進めるようになる赤ちゃんもいます。寝返りやずりばいによって、赤ちゃんの行動範囲も運動量も増えます。そうなると体重増加も1ヶ月に300g程度と、生後間もない頃と比べるとかなりスローペースになりますね。

■生後8ヶ月■

ずりばいやハイハイをするようになると行動範囲がどんどん増えますね。それに伴い、運動量も一段と増すことで、ふっくらしていた赤ちゃんらしい体つきが徐々に引き締まってくる一方、小柄な体型であったり、ぽっちゃり体型などという体型の個人差も出てくる時期となります。

■生後9ヶ月■

ハイハイもスピードアップし動きがより活発になり、つかまり立ちをする赤ちゃんもでてきます。運動量は増える一方なので体重増加はスローペースなままですが、成長曲線に沿って徐々に増えているようであれば特に心配いりません。

■生後10ヶ月■

つたい歩きができるようになると、自由に動き回れるようになり、行動範囲がさらに広がるでしょう。ムチッとした赤ちゃん体型が少しずつに幼児体型へと変わっていきます。この時期は運動量が増える一方なので、スローペースだった体重増加が横ばいとなることもあります。1ヶ月単位で変化がなくても2ヶ月3ヶ月で少しずつでも増えていれば心配ありませんよ。

■生後11ヶ月■

赤ちゃんはつたい歩きができたり、また1人で立つことができるようになる子もいますが、運動機能の発達は個人差が大きいので、できなくてもママは焦らず気長に見守ってあげてくださいね。できることが増えると共に、運動量は増す一方なので体重増加はゆるやか、または横ばいです。

■生後12ヶ月■

1歳のお誕生日を迎える頃には、生まれたときの赤ちゃんと比べると、1年でずいぶん大きく成長したと感じるでしょう。
この時期にはあんよができるようになる子が多くなり、あんよができるようなると運動量は更に増しますね。なので身長は伸びても体重の増加はゆるやかなままで、赤ちゃん体つきはどんどんスリムな幼児体型になっていきます。

■まとめ■

ママにとって赤ちゃんの成長具合というと、きっと不安な点が多いですよね。1ヶ月検診で5kg超えていたけど太りすぎじゃないかな?1歳なのに10kgもないけど大丈夫かな?など、他の赤ちゃんと比べてしまい不安が増すこともあるかと思います。しかし赤ちゃんの成長の度合いは本当に個人差が大きいものです。生後1ヶ月で体重が5kgを超えていたとしても、1歳で体重が10kg以下だったとしても、成長曲線から多少はみ出していても、過剰な心配はしなくても大丈夫です。成長曲線のグラフを確認し定期的に照らし合わせ、大幅にズレていない限り問題ありません。赤ちゃんのペースに合わせ、焦らず成長を見守ってあげてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。