小児病院

赤ちゃんが発熱 高熱が出たらすぐに病院に行ったほうがいい?

赤ちゃんがいきなり発熱、しかも高熱がでて慌ててしまうことありますよね。すぐに病院に行くべきか、夜なので受診できる病院探しをどうしようと、考えれば考えるほど焦ってしまうものです。基本的には、熱が出るということはウイルスや細菌と戦うための防御反応なので、熱が出ただけで慌てることはありません。熱が出てしかもぐったりしている、機嫌が悪い時には要注意ですので、まずはよく赤ちゃんを観察することが大切です。

突然高熱が出た時のために、熱が出る原因や熱が出た時の対処法などをご紹介します。

さっきまで元気だったのに何で急に熱がでるの?

クマのぬいぐるみが鼻をかんでいる

さっきまで元気だった赤ちゃんが、お昼寝後に検温したら発熱!なんてこともよくあります。午前中よりも熱が上昇する午後から夕方にかけて、発熱することが多いのです。空気中には目に見えない細菌がいて知らずしらずに赤ちゃんの体内に入ってしまうことがあります。

生後3ヶ月まではお母さんからもらった免疫力があるので、あまり熱を出すことが少ないのですが、3ヶ月も過ぎると免疫力も弱まってくるので、熱を出すことが多くなるのです。人混みや寒い時期に外出して、外でウイルスをもらってしまうなんてこともあります。大人もそうですよね。大人のように、マスクで予防したり手洗い・うがいもできませんから、予防するのが難しいですよね。

また赤ちゃんに洋服を着せ過ぎても熱が出やすくなります。赤ちゃんはまだ自分で体温調節がうまくできません。寒いからといって家の中でも厚着し過ぎると、暑くてそれが原因で熱があっという間にあがってしまうこともあるのです。そんな時は、一枚脱がせて様子をみましょう。

発熱の元となる主な病気

ウイルスのキャラクター

・インフルエンザなど風邪

インフルエンザや風邪のウイルスをいつの間にかもらってしまい、熱がでることがあります。インフルエンザは特に38度以上などいきなり熱が出るのが特徴です。いきなり高熱が出た時は、赤ちゃんの様子をみて異常に機嫌が悪い、おっぱいやミルクを飲まない、ぐったりしているなどがなければ、しばらく様子を見ます。インフルエンザの場合、37.5以上の熱が出て12~24時間くらい経過しないと病院に行っても陽性として反応がでないことがあるため、正確に診断できる24時間後を目安に受診すると良いでしょう。保育園や幼稚園など周囲でインフルエンザが流行っている場合は、インフルエンザの可能性が高いかもしれません。

・熱性けいれん

赤ちゃんは、発熱するとけいれんを起こすことがあります。手足がブルブルとして、目がうつろになったり、口から泡を吹いたりします。その様子を見ると、どのお母さんでも焦ってしまいますが、まずは落ち着いて赤ちゃんの様子を観察しましょう。通常、けいれんは長くは続きません。おさまってきたらすみやかに救急車を呼びましょう。お母さんが慌てないことが一番大切です。

・突発性発疹

熱が3~4日続き熱が下がった時にお腹や背中などを中心に身体に発疹がでます。受診しても、解熱剤をもらうくらいで特に対処法はありません。赤ちゃんが苦しそうにしていて眠れない、母乳やミルクを全く飲まないということであれば解熱剤を飲ませたほうが良いですが、機嫌が良ければ解熱剤は飲ませずに、熱が下がるのを待ちましょう。熱が下がって発疹がでたら、突発性発疹です。突発性発疹のうち90%は1歳までの赤ちゃんがかかります。

受診が必要なとき

小児病院

高熱が出たらすぐに病院に行かなくちゃ!と思いますが、まずは赤ちゃんの様子を見てからの方がよいでしょう。機嫌が悪い、ぐったりしている、目がうつろになっている、母乳やミルクを全く飲まない場合は脱水症状を起こしてしまうので、すぐに受診しましょう。下記のチェックリストも参考にしてください。

・生後3か月未満での発熱
・顔色が青白く表情がない
・ぼんやりしていて、視線があわない
・解熱剤を使っても頭痛や不機嫌が1時間以上おさまらない
・呼びかけやおもちゃにほとんど反応せず、眠ってしまう
・けいれんのようなどうさがあり一時的にでも意識がなくなった。
・苦しそうに呼吸をしているとき
 ・強い腹痛をうったえるとき(乳児の場合はわかりませんが幼児であれば)

逆に言うと熱が出ていなくても、上記のような状態であれば同じく早めに受診しましょう。

解熱剤って飲ませたほうがいいの?

錠剤の薬

病院によって解熱剤を処方するかどうか違いますが、赤ちゃんが苦しそうにしていなければ、40度くらいの高熱であれば解熱剤を飲ませなくても大丈夫です。前述のように、熱が出るということは細菌と戦っている証拠なので、熱が出ることで細菌も苦しいのです。熱は必ず収まりますので必要以上に解熱剤を飲ませないほうがいいでしょう。もちろん、心配な時にはお医者さんに相談してください。

発熱に対処するために

パパの胸で赤ちゃんが寝ている

発熱に備えて日頃から、赤ちゃんの平熱を把握しておきましょう。熱は一日の中でも変化します。起床時、午前、午後、夜の4回測り、時間帯ごとの平熱を測ります。食後は体温が上がるので、食前か食中に検温すると良いでしょう。また、1日だけではなく何日か継続して測ることで、正確な平熱を測ることができます。検温する体温計は、家族と共用ではなくできれば赤ちゃん専用のものを準備しておくと良いでしょう。

熱が出ても平熱から1度未満で、機嫌よく元気そうにしているようであれば問題ありません。そうは言っても、ほとんどの保育園で37.5度を基準にしているので、いくら平熱が高くても基準に沿って対応しています。なので、呼び出しかかるんですよね。他にも発熱に備えて、保冷剤や熱さまシート、冬場は特に加湿器を用意しておきましょう。

最後に

赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんが発熱、高熱が出た際の原因や対処法についてお話しました。子どもって不思議と熱が出てもケロッと遊んだり、元気そうにしていることもあります。大切なのは、赤ちゃんの様子を観察し、安静にさせることです。赤ちゃんは言葉が話せない分、日々お母さんが観察し、小さな変化に気がつけるようにしたいですね。そして、気持ちよくするために、頭やわきの下に熱さまシートや冷たいタオルを挟み冷やし、水分補給も忘れずに。とにかくお母さんが焦らずに対処することが大切です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。