女の子がうつむいている

赤ちゃんが発熱! 突発性発疹の対処法は?

気がついたら赤ちゃんが発熱ってことありますよね。生後半年くらいまでは、ママの免疫がきいていて熱が出にくいと言われていますが、初めて赤ちゃんが熱を出した時は慌ててしまいますよね。赤ちゃんが熱を出す理由の一つに突発性発疹があります。今回は、突発性発疹の判断方法と対処法についてご紹介したいと思います。

突発性発疹とは

女の子がうつむいている

突発性発疹は、赤ちゃんが38.5度以上の熱が出て解熱する時、又は解熱後に発疹がでる病気です。何らかのウイルスに感染し熱がでます。熱が出ている時はまだ機嫌が良いですが、解熱する時や解熱後のほうが、機嫌が悪くなることが多いようです。0歳〜4歳くらいまでに発症しますが、だいたいは1歳までに発症する確率が高いです。全ての赤ちゃんが感染するわけではありませんので、かからない赤ちゃんもいます。我が家は二人共、突発性発疹にはかかりませんでした。ママ友の赤ちゃんは、突発性発疹にかかりちょっと大変だったと話していたので、うちもいつかかるか心配していたのですが結局かからず終わりました。

突発性発疹の見分け方

突発性発疹の見分け方はありません。ただ、1歳未満の赤ちゃんが熱が出たら突発性発疹かな?とお医者さんは判断するようです。解熱後に赤い発疹が出たら、ようやく突発性発疹だったんだなと判断できるようです。発疹はお腹や背中あたりにポツポツと出ます。発疹は、小さく色も薄いので気がつかない場合もあるようです。3,4日もすれば発疹も消え、跡も残りません。

突発性発疹の対処法

突発性発疹を予防するワクチンや薬はありません。熱が出ても赤ちゃんの機嫌がいいようであれば、すぐに受診しなくても大丈夫です。ただし、赤ちゃんが母乳やミルクを飲まない、ぐったりしているなどいつもと違う感じであれば、受診したほうがよいと思います。3日〜4日で熱は下がるので、解熱するのを待つしかありませんが、赤ちゃんが辛そうでなかなか眠れないようであれば、解熱剤を飲ませてあげましょう。お医者さんの中には、熱を出すことでウイルスと闘っているので、すぐに解熱剤を飲ませない方が良いというお医者さんもいらっしゃいます。親としては、小さい赤ちゃんが熱を出しているので早く熱を下げてあげたいという気持ちが強くなりますが、赤ちゃんの様子を観察して判断されるとよいと思います。

突発性発疹の時の注意

突発性発疹に限らず、発熱した時は同様ですが、脱水症状にならないよう、水分補給をしっかりとしてあげましょう。母乳やミルクだけの赤ちゃんは、湯冷ましや赤ちゃん用のイオン水をあげます。離乳食が始まっている赤ちゃんは、うどんやおかゆ、ヨーグルトやプリンなどのどごしがよく食べやすい物をあげるとよいでしょう。上の息子が2歳くらいのときに、熱性けいれんにかかったことがありました。熱性けいれんは、一瞬身体かブルッと震えてけいれんし、白目をむきます。夜、離乳食を食べているときに、息子の状態が急変しかけよりおでこに手を当てると熱がありました。

一瞬のことであまりよく覚えていないのですが、息子がけいれんし口から泡が出て来た時には、慌ててしまいました。すぐに救急に電話しようとしましたが、あまりに慌ててしまい電話番号119が思い出せず、一緒に住んでいた義理の母に番号を聞いてようやくかけることができました。救急に状況を伝えると5分も経たないうちに救急車が到着しました。救急車が到着するまでには、息子も普通の状態に戻っていました。病院に運ばれる救急車の中で、「こんなことで救急車を呼んで良かったんでしょうか?」と救急隊員の方に尋ねると、「もちろん救急を呼んでください」と言ってくれました。

後から熱性けいれんのことを調べた時、けいれんはしばらくすると落ち着くので様子を見ても大丈夫とあったので、落ち着いて観察すれば、もしかしたら救急車を呼ばなくても良かったかもしれません。それでも、救急車で病院について処置を受けられたので、結果的には良かったのかなぁとも思います。近年、簡単に救急車を呼ぶということが話題になっていたので、自分でも気になっていたのですが、判断がつかない時には必要なことだと思います。

熱が出た時の対処法

赤ちゃんが寝ている

特に乳幼児の時は熱を出しやすいんですよね。初めて熱を出したときは、「どうしよう」と慌ててしまっていましたが、子供は熱を出しやすいということを知ってから、落ち着いて対処できるようになりました。子どもの状態を見て普段とそれほど変わらなければ、様子を見てから受診しました。ある時、いつもの熱と思いかかりつけ医を受診すると「RSウイルス」にかかっていると診断されました。当時「RSウイルス」は、感染力が強かったようですぐに大きな病院を受診して隔離されました。今はそこまではないようなので、当時は珍しいウイルスだったのかもしれません。

1歳くらいだったと思いますが、4日間は入院が必要と言われました。こんな小さいのに入院しなければいけないなんてと悲しくなりました。子供が小さいので一緒に病室で寝ることになりました。一緒にいられたのは良かったです。トイレに行くときに息子がベッドから落ちないように柵を立てて、急いでトイレに行っていました。私がトイレに行くときに息子が悲しい顔をしているのを見て心が痛くなりました。4日間経ち、診察を受けて無事に退院することができたときにはほっとしました。やはり小さいうちに病院に入院するというのは子どもも親も精神的にきついですね。

それ以降も入院することはないですが、熱は時々出しましたしその他もろもろ小児科にはお世話になっています。小児科の先生は本当によくして下さって、小さいことでも相談にのってくれます。小さいうちは医療費がかからないということもあって、よく病院にかかっていました。もちろんある程度自宅で様子を見ることもありますが、病院の先生に診てもらうことで安心できたので、結果良かったと思います。

最後に

赤ちゃんが寝ている

子どもの突発性発疹に関する情報でした。突然の熱で驚いてしまうと思いますが、まずはお子さんの様子をしっかりと観察して、必要に応じて受診するようにしましょう。不安なことがあれば、お医者さんにいろいろと相談しているといいと思いますよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。