赤ちゃんが抱かれている

赤ちゃんが風邪!病院に行く4つの目安と自宅での対処法

赤ちゃんって、まだまだ免疫力も低くて何かしら病気になりやすいです。そのため、風邪もひきやすい傾向があります。発熱していたり、咳や鼻水など風邪の症状が出た時、すぐに病院へ行くべきなのか迷いますよね。そこで、赤ちゃんが風邪を引いた時に病院に行く目安や自宅での過ごし方をご紹介するので、参考にしてください!赤ちゃんの体調が悪い時はどうしても、ママもパパも心配で不安になると思うので、知っておくことによって冷静に対処できますよ。

赤ちゃんが風邪を引いた時の4つの受診目安

赤ちゃんが抱かれている

赤ちゃんはもともと平熱が高いので、大人でいうところの「熱がある」という状態とだいぶ差があります。普段よりもちょっと熱があるかな?くらいでは、1日か2日は様子見でも問題はありません。また、熱がなかったとしてもミルクの飲みが悪くなったり、寝れないなどの変化があった場合も受診が必要です。その他の目安としては、以下を参考にしてくださいね。

 

・熱があるのに手足が冷たい
・反応が鈍い
・顔色が悪い
・嘔吐と下痢が続いている

こうした変化があれば、迷わず受診しましょう。わかりやすい変化の場合は判断しやすいですが、反応が鈍いとか手足が冷たいというのは気付きにくい部分なので、体調が悪い時はきにするようにします。赤ちゃんはまた自分で話をすることができませんから、自分で体調不良を訴える術がありません。なので、普段よりもよく泣くとかミルクを嫌がるなどで表現してくれるので、判断するママやパパも見極めてあげてください。病院に行くことは、決して悪いことではないので、普段と違うなと思った段階で受診することをおすすめします。

赤ちゃんが風邪を引いた時の自宅での過ごし方

赤ちゃんが抱かれている

赤ちゃんが風邪を引いた時、ママやパパが自宅で気にした方が良い点をお伝えします。まず、よく勘違いされるのは熱が出たらすぐに下げた方がいい、ということです。心配になるのは仕方がないことですが、この考えは誤りで熱を出すことによって赤ちゃんは体内に入り込んだウィルスをやっつけているわけですから、あまりにも熱を下げてしまうと逆に風邪の治りが悪くなってしまいます。

そのため、医師から指示された通りの使い方で熱冷ましを使ってください。目安は、38.5度以上になったら使用する、という考え方です。大人だと38度もあったらかなり苦しい思いをすると思いますが、赤ちゃんは基本の体温が高いのでそこまで敏感にならなくても大丈夫ですよ!また、布団のかけすぎや厚着をさせすぎても脱水症状を引き起こしてしまう可能性があるので、適宜対応してください。ママやパパが「ちょっと薄着かな?」と思うくらいがベストです。

水分補給も大事なポイントで、授乳回数を増やすようにしてください。発熱をしている時はよく汗を書くので、こまめにおむつ替えやお着替えはしてあげましょう!不快感を赤ちゃんが教えてくれたらいいですが、体調が悪い時は泣く元気もない、なんてこともよくあるのでママやパパがよく見ていることが大事です。赤ちゃんにとって、体調が悪い時にママやパパの顔が見えないことは不安に感じますので、とにかく一緒にいてあげましょう。熱、というのは赤ちゃんのうちに数回は経験することですし、経験を重ねていけば対応に慣れます。
なので、落ち着いて行動してください。

赤ちゃんが発熱した時のポイント

赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんが初寝るしている時、ママもパパも心配なので安静にしていて欲しいな、と思うかもしれません。しかし、赤ちゃん自身も体調が悪くて遊ぶ気持ちにもなれない時はきちんと安静にしているものです。発熱していても、遊びたいようであれば、無理して寝かしつけることはありません。もちろん、激しく遊ばせるのはよくありませんが、絵本を読んであげたり、ちょっとしたおもちゃで遊んであげる程度であれば問題はないですよ。

ただ、お散歩などの外出は体調を悪化させてしまうので避けてください。おうちの中で少し遊んで、水分補給をして寝かせてあげる、というのがベストです。もちろん、赤ちゃんがぐったりしているなどであれば病院に連れて行くことも必要ですし、そうじゃなくて疲れているようであれば遊びを一旦やめて、抱っこするなどして寝かせてあげてください。発熱している時、赤ちゃんも非常に不安な気持ちになります。まだ、体の環境が整っていない状態なので、体調が悪いと普段よりもよくぐずるということはよくあるんです。

発熱している状態が落ち着いてきて、平熱よりもちょっと高いかな?くらいの熱であれば、沐浴させてもOKですよ!熱があると汗もかきやすいですし、沐浴させてあげた方がさっぱりとして赤ちゃんも気持ちが良いと言えます。赤ちゃんの体調が第一なので、ぐったりしているのであれば無理はしないことです。水分補給もとっても大事なことだと言え、普段と同量を飲ませても、発熱の時にどんどん消えていってしまいます。なので、少し多めの水分与えるようにすると脱水症状になりません。どうしても、赤ちゃんが水分を飲みたがらないとか元気がなくて飲む気力がなさそうだと思うのであれば、早期の受診が望ましいです。

風邪って、自然に治ると思っている人が多くいます。でも、油断は禁物なのでちょっとでも「あれ?」と思うことがあれば、すぐに病院に連れて行ってあげてください。心配が解消されますし、医師からのアドバイスを受けることもできるので、不安に思わなくて大丈夫ですよ。

まとめ

赤ちゃんが抱かれている

赤ちゃんが風邪をひいた時の病院に行く受診目安や自宅での過ごし方をご紹介しました。赤ちゃんが発熱していると、どうしても不安ですぐに病院に連れて行きたくなります。たしかに、病院に行くことは何も悪いことではありません。でも、病院に連れて行くことによって、逆に体調が悪くなってしまう可能性もあるので、受診をする目安はしっかりと覚えておいてくださいね!¥発熱以外にも、ぐったりしていたり、元気がないとかミルクの飲みが悪いなど何かしらの変化があれば、すぐに受診をしましょう。
にこにこ元気に軽く遊べる程度であれば、受診はせずにママとパパと一緒にいる時間を大事にした方がいいですよ。不安なことがあれば、かかりつけ医に電話で相談、もしくは地域の保健センターに相談してみると回答してもらえるので利用してください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。