赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんって不思議がいっぱい  赤ちゃんあるある18の雑学

我が子も他人の子も関係なく、赤ちゃんって何であんなにかわいいんでしょうね。何とも言えないかわいさ、あどけなさ、小さい身体に本当に癒されます。そんな赤ちゃんの不思議やあるあるについて、私の経験談も含めてまとめてみましたのでご覧ください。かなり経験談が入っていますので、ご参考程度にご覧いただければ幸いです。

赤ちゃんあるあるのご紹介

赤ちゃんが笑っている

1、特に新生児の赤ちゃんは、こぶしを握っている。赤ちゃんの手を広げて、自分の手を差し込むとぎゅっとにぎにぎしてくれる。

自分の子でも試しましたし、赤ちゃんのいる友人のお家に行くと、必ず試してしまうのですが、赤ちゃんのこぶしを開いて人差し指を差し込むと、ぎゅっと握ってくれるんです。かわいくてついついやってしまいます。また、赤ちゃんのこぶしを開くと、ホコリや糸くずがたまっていることがあります。知らず知らずのうちに、お布団についているホコリを握っているみたいですね。お風呂のときにお手てを開いて洗ってあげてください。

2、寝ているときに、突然ニタっと笑う時がある

スヤスヤ寝ているな〜と思ったら、突然ニタニタ笑う赤ちゃん。えっ起きてたの?と一瞬思ってしまうんですが、すぐにまた寝息をたてました。寝ながら楽しい夢を見ていたのかもしれません。

3、急いでいる時にウンチをする

用事かあって出かけなきゃと急いで支度をしていざ出かけようと思ったその時、ん?何かくさいと思ったら、ウンチをしていることもしばしば。外出先でするよりはよいのですが、時間が迫っていると焦ります。

4、オムツ替えが終わった途端におしっこをする

オムツを替えてさースッキリと思ったら、またすぐにしていることがありました。今のオムツは濡れるとすぐにわかるので気がつくのが早いんですよね。特に新生児のうちは、頻繁におしっこをするので仕方ないですが、さっき替えたばかりなのになーと正直思ってしまいますね。

5、オムツ替えの時に足をピーンと伸ばす

オムツ替えが終わり、新しいオムツをつけようとすると、なぜか足をピーンと伸ばす赤ちゃん。せっかくオムツがなくなって生まれたままの姿になり、もうちょいこのままでいさせてよーと抵抗しているんですかね。オムツがテープ式のときはとても大変です。

6、顔が赤くなっているときはウンチをしていることがある

いきんでる!と思ったら顔が真っ赤になっている赤ちゃん。オムツのニオイをかいだら、ホヤホヤのウンチをしていました。

7、よだれがだらーっとでる

赤ちゃんはよだれがよくでますね。赤ちゃんはまだ口を閉じることが難しく、唾液がでると大人のように飲み込むことができません。よだれには個人差もあるようですが、赤ちゃんによだれかけは必須ですね。

8、乳児脂漏性湿疹は突然なる。頭のカサカサをとってはいけない

息子が生後半年くらいのとき、急に頭の皮膚に魚のウロコのようなカサカサができてしまいました。初めフケかなと思い授乳の度にそのカサカサをとっていました。頭全体にできていたのでおかしいなとは思っていたのですが。なかなか治らないので病院に行ったら、乳児脂漏性湿疹と診断されました。カサカサをむりやり取ると皮膚が傷つく可能性があるので、赤ちゃん用のジャンプーでよく洗ってあげれば、そのうちきれいになりますとお医者さんから言われました。確かに根気よく洗ったところ数週間で良くなりました。はっきりとした原因は解明されていませんが、何らかの理由で皮脂がたまってしまい、毛穴が詰まってしまうようです。

9、授乳後乳首を離そうとすると乳首に吸い付く

授乳後もうそろそろよいかなーとおっぱいを離そうとしたら、まだ!と言わんばかりに乳首に吸いつく我が子。まだおっぱい吸いたかったようです。

10、歯の生え始めにおっぱいを噛むことがある

7、8ヶ月頃歯が生え始めてきました。歯がかゆいのか授乳の時に噛まれたことがあり、乳首に激痛が走りました。赤ちゃんがおっぱいを噛むのはいくつか理由があるようです。歯の生え始めでムズムズする、おっぱいの味がいつもと違う、おっぱいが出ていないなど。赤ちゃんがおっぱいを噛んだときは、怒らないで優しく「おっぱい噛んじゃだめよ」と言ってあげてくださいね。言葉は理解できないかもしれませんが、赤ちゃんに伝わるかもしれません。

11、新生児のうちは女の子か男の子かわからない

知らない赤ちゃんを見ても、女の子か男の子か判別がつかないことがあります。そういう時は着ている服で判断するのですが、黄色やどちらの性別でもあり得る色の場合は迷ってしまいます。

12、お風呂に入ると気持ちよさそうにぷかぷか浮く

1ヶ月過ぎれば赤ちゃんは大人と一緒にお風呂に入ることができます。赤ちゃんと一緒に湯船に入ったとき、わきの下を持ってあげると赤ちゃんは自分の足を動かしぷかぷか浮いて気持ちよさそうにしていますよ。あまり長くやっていると疲れるのでほどほどにしてあげてくださいね。

13、口笛を吹くように口をすぼめることがある

これは、我が子のあるあるかもしれませんが、沐浴の時によく口をすぼめて気持ちよさそうにしていました。それと、寝返りができるようになった4ヶ月ごろ、両手を床につけて頭をあげた格好で、同じく口をすぼめて気持ちよさそうな顔をしていました。気持ちよいと思わず出るポーズなのかもしれません。

14、ママが抱っこしていてパパや他の人に抱っこされると泣く

ママが抱っこしている時は満足そうにしている赤ちゃん。機嫌が良さそうなのでパパや他の人が抱っこしても大丈夫だろうと渡そうとすると、抵抗されることもよくありました。パパは特にかいわいそうですね。

 

赤ちゃんあるある〜ママ編〜

ママと女の子

では次に、ママ編あるあるのご紹介です。

15、赤ちゃんがちょっと泣いただけですぐに起きられる

新生児の頃、赤ちゃんと一緒にリビングで寝ていました。すぐに起きられるようにというのもありましたが、赤ちゃんがちょっと「うぇっ」とうなっただけですぐに目が覚めました。出産後で眠りが浅いのもあるかもしれませんが、自分の目覚める力に感動したのを今でも思い出します。

16、赤ちゃんの泣き声だけでおっぱいが張る

これはおそらくほとんどのママさんが経験していると思います。赤ちゃんが泣いた声だけで不思議とおっぱいが張ってくるんです。母性ホルモンのなせる技かもしれません。

17、片方のおっぱいをあげていると、もう片方のおっぱいから乳が漏れる

こちらも皆さん経験済みではないかと思います。片方のおっぱいをあげていると、もう片方のおっぱいからたら~っとおっぱいがたれてきたことがあります。それがあり授乳の際は、おっぱいがたれてもいいように必ずガーゼかタオル用意しておくようになりました。

18、片方だけおっぱいをあげると、左右のバランスが違う

赤ちゃんが途中で寝てしまったりで片方だけで授乳が終わってしまうことがあります。そうするともう片方のおっぱいが張ってしまい、あきらかに左右のバランスが違うのです。授乳は左右のおっぱいでバランスよくと言われるのはそれがあるからですね。

まとめ

パパと赤ちゃんとママ

赤ちゃんあるある雑学のご紹介でした。他にもまだあると思いますのでまたいつか続きを書ければと思います。「あるある!」と楽しんでいただけたら幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。