赤ちゃんとお出かけ! オススメおむつポーチ3つのタイプご紹介♪

赤ちゃんとお出かけする時、いろいろと持ち物が多いですよね。着替え、おむつ、お尻ふき、哺乳瓶や離乳食セットなど何かとかさばります。特にかさばるおむつやお尻ふきはまとめてコンパクトに収納したいものです。そこで今回は、赤ちゃんとのお出かけに便利なオススメおむつポーチをご紹介します。

おむつポーチのタイプ

おむつポーチと言ってもいろいろな種類があって迷ってしまいますよね。スタンダードなタイプから、消臭機能がついているタイプ、おしゃれなタイプなど様々あります。

1、スタンダードなタイプ

・D BY DADWAYのおむつポーチ

ベビー用品で有名なD BY DADWAY(ディーバイダッドウエイ)からもおむつポーチが販売されています。D BY DADWAYのコンセプトは、「自然」や「SENCE OF WONDER」とのことで、自然のものから集めたモチーフでデザインされているのが特徴です。このおむつポーチは、シンプルでかつ優しい感じで、すごくきれいなデザインです。おむつを入れているとは、ぱっと見わからないと思います。取っ手もついているので、フックに引っ掛ける場合便利ですね。素材がポリエステルなので多少濡れても大丈夫そうです。

【商品の詳細】
カラー:モリノナカマブルー、ユメミルヒツジグレー、ハミングバードピンク
サイズ:高さ17cm×横22cm×幅10cm
素材:ポリエステル100%
価格:2,700円(楽天価格)
 Sサイズのおむつが8枚くらい入ります。

我が子が赤ちゃんのとき、こんなステキなデザインのおむつポーチがあったら、買っていただろうなぁと思います。
リンク先:https://item.rakuten.co.jp/risoukyou/m-4061/

2、消臭機能つきおむつポーチ

・ファスナータイプ

バイライナーと消臭デオドラントつきのおむつポーチです。上部にファスナーがあります。そのまま立てられるので、狭いスペースに置くときなど便利ですね。

【商品の詳細】
サイズ:高さ21cm×横14.5cm×マチ11cm
表地素材:綿100%、PVC加工 裏地素材:ナイロン100%アクリルコート
価格:2,080円(楽天価格)

ファスナータイプのデザインは48種類もあります。特に気になったのは、白と黒のモノトーンのストライプ柄です。おしゃれに敏感なママにはぴったりだなと思います。他にもチェックや動物柄などいろいろとありますので、お好みの柄を選んでくださいね。同じデザインで、巾着タイプのおむつポーチもあったのですが、個人的にはファスナータイプの方が使いやすいかなと思いました。

リンク先https://www.babyccstyle.jp/products/list.php?category_id=437

・アニマル柄オムツポーチ

アニマル柄がかわいいオムツポーチ。猫(ピンク)、フレンチブルドッグ(パープル)、ヤギ(レッド)、ぞう(ブルー)、ペンギン(スカイブルー)、キリン(イエロー)の6種類あります。おむつポーチの表側に、6種類それぞれの動物のアップリケがついていてとてもキュート。ジッパーになっていて中を開けると、それぞれの下地のカラーがあり白いドット柄がプリントされています。取っ手もついているので持ち運びにも便利です。また、ふたの内側部分に、ポケットがついているので、おしりふきなどちょっとした小物を入れておけます。消臭機能もついているので、使用済みオムツを入れる場合も、においが外に漏れず心配ないですね。容量は、おむつ8枚くらい(サイズにもよる)と着替え(肌着)収納可能。

【商品の詳細】
サイズ:高さ17cm×横21.5cm×幅8cm
素材 :スウェット、合皮、ポリエステル
生産地:中国
 価格:1780円(楽天価格)

ネットで見つけて友人のお祝いにと思わずポチっと買ってしまいました。
リンク先:https://item.rakuten.co.jp/prime-market/baby-009/

3、おしゃれなタイプ

・DORACOのクラッチタイプのおむつポーチ

おしゃれママさんには必見のクラッチタイプのおむつポーチ。持ち手がついていないクラッチバッグのようなポーチで、まさかおむつが入っているとは想像つきません。ママの化粧ポーチかな?と思ってしまうほどです。こちらのクラッチタイプのポーチは、全て日本の職人さんが一つ一つ手作りされています。デザインは下記のとおりです。

ジオメトリック、ゼブラ、レオパード、手書きベージュ、ガーベラレッド、ブーケベリー、リーフブラック、リーフグレー、ハンドペイントレッド、ハンドペイントブルーなど新作も含めて13種類あります。

【商品の詳細】
サイズ:高さ17cm×横24cm×幅4cm
素材 :綿100%※
生産地:日本
価格:1800円(楽天価格)
 ※一部柄によって、麻やポリエステル素材が使われています。

同じメーカーからおむつ替えシートも売られているので、ポーチと合わせてご友人などのお祝いにもおすすめです。

リンク先:https://item.rakuten.co.jp/doraco/c-bag/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_117_1_10001829

■おむつポーチに入れるもの

私がおむつポーチに入れていたものをご紹介します。

・おむつ4~5枚(そのときのサイズ)
・おむつ替えシート(ベネッセの全員プレゼントでもらったもの)
・おしりふき(アルコールなしの成分が水だけのもの)
 ・ビニール袋2~3枚(使用済みおむつをいれておくため)

■おむつ替えの場所について

外出時のおむつ替えについて少しお話します。デパートや大型ショッピングセンターなどにはたいてい赤ちゃん休憩室が設置されているので、授乳やおむつ替え、時には離乳食の温めなど使用することができます。
周りも赤ちゃん連れなので、人目を気にせず過ごせるのが良かったです。

おむつ替えだけであれば、最近はだいたいのトイレにおむつ替えの台が設置されているので、そこでささっと交換していました。ある時、トイレにおむつ替えの台がなくどうしよう・・と困って、トイレの便座カバーのところに赤ちゃんを立たせて交換したことがありました。ねんねの赤ちゃんは絶対に無理ですが、たっちできる頃だったので助かりました。それからは、外出時は必ずどこにおむつ台があるかを確認してからでかけるようになりました。

■まとめ

おむつポーチのいろいろなタイプのご紹介でした。私は、妊娠中に積極的におむつポーチを探していませんでした。妊婦健診のときに、たまたま見ていたたまごクだけラブか何かの雑誌で、おむつポーチがもらえるという全員プレゼントがあり、これでいいかなと応募しました。それは、前述で紹介したおむつポーチのスタンダードなタイプで、取っ手がついているコンパクトタイプでした。ビニール製だったので多少の汚れであればさっと拭けますし、使用済みオムツを入れても気になりませんでした。

1人目の時に外出先でおむつポーチをレストランに置いてきてしまい、結局取りに行けずおむつが外れるまでは、自分が持っていた小さいバックで代用していました。2人目が生まれて、また同じ全員プレゼントをやっていたので、同じポーチを無料でゲットしました。ママ友でも同じポーチを使っていた人がいたので、応募した人は多かったようです。おむつを使う期間は最低でも1年はあるので、お気に入りのおむつポーチを探せると良いですね。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。