はちみつ

赤ちゃんになぜはちみつはなぜNGなの?

赤ちゃんにそろそろ離乳食を始めようとしているママさんは、あげていい食材、NG食材などいろいろと調べられていることでしょう。NG食材のうち、はちみつは1歳過ぎてからという知識は誰しも持っていると思います。母子手帳にもハチミツに関しての記載が書かれているんです。そこで今回は、ハチミツはなぜ赤ちゃんにあげてはいけないのか、他にもNG食材はあるかなどいろいろとお伝えしたいと思います。

なぜ赤ちゃんにはちみつはあげてはいけないの?

はちみつ

なぜ赤ちゃんにハチミツをあげてはいけないのでしょうか。厚生労働省からの発表によると、ハチミツにはボツリヌス菌という菌が含まれており、1歳未満の赤ちゃんは免疫がまだ弱いので、乳児ボツリヌス菌の症状にかかってしまうことがあるためです。大人の場合は、食べてもボツリヌス菌に勝つ腸内細菌があるので大丈夫ですが、赤ちゃんの場合はまだ整っていないためリスクが高まります。海外では毎年100例以上の症例があり、国内でも1986年以降30例以上の症例が出ています。ハチミツを赤ちゃんにあげてはいけないことがかなり周知されてきたので、症例としては少ないようですね。ちなみに、ボツリヌス菌は熱に強いので加熱しても死滅しません。かなり強い菌ということがわかりますね。

ハチミツが含まれている食品

はちみつ

知識を持っていれば、1歳未満の赤ちゃんにハチミツそのものをあげることはないと思いますが、ハチミツが含まれている食品があるので注意が必要です。例えばどんな食品に含まれているかご紹介しましょう。

・クッキー
・カレーライス
・ハチミツジャム
・ハチミツ入りのジュース
・パン
・ヨーグルト

市販の食品を赤ちゃんにあげることはないと思いますが、クッキーやジュースなどは1歳近くになるとあげることもありそうですよね。もし市販の食品を1歳未満の赤ちゃんに上げる場合には、必ず成分表示を確認してからあげるようにしましょう。基本的には、赤ちゃん用に売られているお菓子などは、ハチミツは入っていないはずなのでその点は安心していいと思います。我が家では元々ハチミツはあまり私が好きではないこともあり、子供にも1歳過ぎてもあげたことはありません。ただ、上記食品のようにハチミツが含まれているものは、1歳過ぎていますし特に気にせずあげていました。離乳食時代にあまり市販のものをあげていなかったので、特に心配はなかったですね。

余談ですが、うちではハチミツの代わりにメープルシロップを使っています。ホットケーキを焼いてバターとメープルシロップをたっぷりとのせてあげると子供たちは大喜びです。パンやヨーグルトにも入れます。ハチミツは、蜂が吸った花の種類によっても味が変わってきますが、メイプルシロップは味がシンプルで食べやすいというのが子供たちにはいいようです。私も大好きなので、カナダに海外旅行に行く人に買ってきてもらったりしています。

ハチミツの中でもマヌカハニーは、美容にもいいと有名ですよね。もちろんこちらも赤ちゃんにはあげるのはNGですが、喘息の子どもにも効能があるようで息子にあげようかなと考えたことがあります。結局、あまりに高いので諦めてしまいましたが。

赤ちゃんにあげてはいけないNG食材

ナッツ

ナッツ類

窒息や気管に入りやすく気管支炎を起こす可能性があるため。

生もの

人によって考え方は違うようですが、うちは4歳くらいまで生ものはあげていませんでした。

イカやたこなどの魚介類

噛むのが難しいので全て乳歯がそろった2歳以降くらいがいいと思います。

こんにゃくゼリー

誤飲の可能性が高いからですね。

黒糖

土壌にボツリヌス菌が含まれている可能性があるため

ミネラルウォーター(硬水)

ミネラル成分が含まれているため、赤ちゃんの肝臓など身体に負担がかかってしまうためです。

赤ちゃんに生ものをあげることはまずないと思いますが、ミネラルウォーターはあげてしまう可能性がありそうですよね。私も知らず、今回調べて初めて知りました。

赤ちゃんの離乳食

赤ちゃんがおやつを食べている

子どもに離乳食をあげるようになって、いろいろと勉強しました。いつ頃にどんな食材をあげてよいのか、大きさはどのくらいで、どのような固さにしたらよいかなど、育児書や地域の離乳食教室で教えてもらいました。初めはきちきちっとやっていましたが、だんだんと要領がわかってきて、まとめて作って冷凍しておいたり、大人用のおかずを作るついでに赤ちゃん用の食材を別にとっておき、味付けを薄めにしてあげるなど、毎日のことなのでなるべく簡単にできるように工夫していました。

昨日は全く食べてくれなかったのに、今日はちょっと食べてくれたなど、一喜一憂の毎日でしたが、少しずついろいろな食材を食べられるようになりました。二人の子供は、ほとんど好き嫌いはないのですが、きのこが二人ともだめのようです。きのこ独特の香りがだめなのかなと思います。思えば、私も大人になるまでしいたけが好きではなくて、今の主人にしいたけをそのまま焼いて、しょうゆを垂らして食べるとおいしいと言われて、食べてみたら結構おいしくてそれからは食べられるようになりました。子どものうちは、味覚が発達していて、逆に大人になると少しずつ味覚が鈍くなって、小さい時に食べられなかったものが食べられるようになるのかなぁと持論を持っておりますが。多少の好き嫌いはありますが、毎日私が作った料理を残さず食べてくれるので、ありがたいです。

まとめ

赤ちゃんが食べ物を食べている

赤ちゃんにハチミツをあげてはいけない理由、ハチミツが含まれている食品についてのご紹介でした。ひと昔前までは、子育てにおいてこれがいいとされてきた、昔はそんなことなかったなど現代と違うことは多々ありますよね。親の世代に聞いてみると、小さい頃ハチミツを赤ちゃんにあげてはいけないということは知らなかったそうです。まぁ、今ほどハチミツは主流ではなかった時代なのかもしれませんが。子育ておいて正しい知識を持つことは大切ですね。初めての赤ちゃんの場合、いろいろと気を使うことがあり大変ですが、周囲からいろいろと教えてもらうことも多いので、子育てしながらいろいろな知識をつけていけると思います。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。