赤ちゃんが椅子に座って笑っている

赤ちゃんにベビーチェアや座椅子はいつから? ベビーチェアの種類3つと使い方

赤ちゃんに離乳食を始める時期になってくると、ベビーチェア(座椅子)が必要になります。まだお座りがうまくできない時期、お座りはできるけど、どんなベビーチェアを選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで、赤ちゃんにベビーチェアを使える時期と、ベビーチェアの種類についてご紹介します。

赤ちゃんにベビーチェアが使える時期

赤ちゃんが椅子に座って笑っている

一般的には赤ちゃんにベビーチェアを使える時期は、お座りができるようになる5ヶ月〜6ヶ月頃が目安になります。ベビーチェアのメーカーによって、もっと早い時期から使えるものもありますので、使う用途やメーカーの推奨時期を確認しましょう。首が座っていれば、大人の膝に赤ちゃんを乗せて支えれば座れるので、大人が支えるか、お座りがまだできない赤ちゃんでも座れるイス用意してもよいと思います。ただし、赤ちゃんがまだお座りができない時期から使う場合は、目を離さず長時間の使用は赤ちゃんが疲れてしまうので避けたほうがよいでしょう。

ベビーチェアの種類

街中に椅子が置いてある

ベビーチェアの種類は大きく分けて3つあります。

ハイチェア(脚が高い)タイプ

おそらく一番使われていると思われるハイチェアのタイプです。高さがあるので、赤ちゃんがお座りできる時期からがおすすめです。ハイチェアの種類もメーカーによって、大人になるまで使えるタイプや電動のゆりかごと一緒になっているタイプなどいろいろあります。大人になっても使えるタイプは、お子さんの成長段階に合わせて、高さを調節することができるので、長期的に使いたい場合は、このタイプを買われるとよいと思います。シンプルなものから、スタイリッシュなデザイン、カラー、折りたたみできるタイプなどいろいろあるので、ご予算とお好みに応じてお選びください。

ローチェア(脚が低い)タイプ

ちゃぶ台など足の短いテーブルを使用しているお宅では、ローチェアの椅子が便利ですよね。ローチェアもいろいろと種類があります。ハイチェアほど重くないですし場所を取らないのがメリットです。ローチェアのくくりに入れるとすると、バンボもあります。後述しますが我が家でも大変お世話になりました。

テーブルに取りつけるタイプ

テーブルに直接取り付けるタイプのベビーチェアです。取り付ける金具がついているので、その金具をテーブルに取り付けます。イスの足がないので見た目不安定感はありますが、金具をしっかりとつければ安定します。とは言え、耐荷重が決まっているので、使用できる月齢と体重が決められているのメーカーの説明をよく読んでから使用してください。

私のベビーチェアの使用体験談

女の子が赤ちゃんにキスをしている

友人のお家に遊びに行ったとき、食卓には赤いおしゃれなハイチェアが置いてありました。とてもおしゃれなお家ということもあり、そのベビーチェアは食卓にマッチしていました。ベビーチェアというよりむしろ、おしゃれな大人用のイスという感じでしたね。うちはと言いますと、上でご説明したベビーチェアのほとんどを使っていました。と言うのも、基本的に子ども用品は一時的なものが多いので、お古を譲り受けたりブックオフなどで中古のものを買っていたので、ありがたいことにいろいろと種類がそろってしまったのです。

友人からまずもらったのは、バンボでした。まだお座りができなかった4ヶ月くらいから使用しました。まだその時期は離乳食を始めていなかったのですが、ちょっと座らせておくときに使っていました。バンボに子供を置くとすっぽりとお尻が包まれる感じになるので、安定感があったのが良かったみたいです。実家などに行く時に、バンボを車や自転車の荷台に乗せて持ち運ぶことができたのも良かったです。子供が食べこぼしても、さっとふけばそれほど汚れませんでした。ただ、だんだんと成長してくると足が太くなってきて、バンボの足の部分にすっぽりはまってしまい、バンボから出そうとすると足がひっかかって抜けにくいということがありました。なので、7ヶ月くらいまでしか使いませんでしたね。

6ヶ月くらいから離乳食を始めたとき、ちょうど主人の友人から電動ゆりかごつきのベビーチェアをお古でもらいました。メーカーはコンビで、作りがしっかりとしているので、赤ちゃんを座らせると安定感があります。ベルトもあったので固定されますし、多少の動きくらいでは落ちることはありませんでした。フラットにするとそこに赤ちゃんを寝かせることができるのですが、その状態では使わず、ベビーチェアの半分を上にあげるとイスになるので、常に食卓に置いていました。少し不便だなぁと感じたのは、結構大きいので場所がとること、食べかすがイスのクッションの部分に入ってしまって、大変なことになったのが難点でした。

というわけで、そのベビーチェアも1歳くらいまで使って処分し、ブックオフで別のハイチェアを1000円ほどで買いました。そのベビーチェアを一番使いましたね。そのベビーチェアはオーソドックスなデザインで、3段階くらいの高さ調整がついていました。子どもが多少食べこぼしても、木製なのでさっとふきやすかったです。確か3歳くらいまで使ったと思います。耐荷重があり大人が座ってもオーケーなので、友人が何人か来た時などに座ることもできました。そのベビーチェアも下の子が成長して、大人のイスに座れるようになった時に処分しました。ちなみに、それ以降は大人のイスに小さいクッションを敷いてしばらく座らせていました。

外食のときはどうする?

コップとお皿

赤ちゃんができてしばらくは外での食事も大変ですが、ファミレスやデパートなど子連れで入りやすいお店は特に、ベビーチェアが用意されています。ソファーの上に置くタイプや、テーブルに取り付けるタイプ、ベルトつきのハイチェアなど様々あります。イスがなくても高めの座布団のようなクッションを用意しているお店もあるので、外食してもほとんど困りませんでした。たまにベビーチェアが出はらっていて使えないなんてこともありましたが、そこは譲り合いで何とかなりました。

まとめ

椅子

ベビーチェアを使える時期と種類についてのご紹介でした。各ご家庭のスタイルや将来的なことも考えながら、ベビーチェア選びをされるとよいと思います。ご参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。