赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんに使う座布団のまとめ  赤ちゃんとママに快適な座布団のご紹介

赤ちゃんのお昼寝やおむつ替えの布団をどうしようかと思っている方いらっしゃいませんか?普通のベビー布団から、普通の座布団、そして最近まだまだブームになっているせんべい座布団まで、それぞれの特徴、メリット、デメリットについてたっぷりとご紹介したいと思います。

みんなはどこに赤ちゃんを寝かせているの?

赤ちゃんが寝ている

皆さんは昼間、赤ちゃんをどこに寝かせていますか?ママはリビングで家事やいろいろとすることもあるので、自分の見えるところということでリビングにお布団を敷いて赤ちゃんを寝かせている方も多いのではないでしょうか。私も初めはそうでした。うちは、夜は大人用の布団の横にベビー布団を敷いていたので、朝赤ちゃんが起きるとリビングにベビー布団を運んでそこに寝かせていました。正直、面倒だなぁと思っていました。そんな時、友人が長座布団に寝かせているというのを聞き、我が家を探すと正方形の座布団しかなかったのでひとまずそれを利用していました。1ヶ月くらいは寝返りもしませんし、その大きさで充分間に合っていたのですが、2ヶ月くらいから寝返りをするようになり、また身長も伸びてきたので正方形の座布団では、足りなくなってしまったのです。そこで、座布団をもう一枚足して縦に2枚敷いて寝かせるようにしました。

ところが縦はいいのですが、赤ちゃんが寝返りすると座布団からはみ出してしまうのです。それでギャン泣きといういうこともしばしば。というわけで、結局、解決策はなく座布団の周りに更にクッションを置いたり、ひっくり返りそうだと思ったら駆けつけたりと、何だか慌ただしい日々でした。

赤ちゃん用の座布団の種類とメリット・デメリット

ベット

1、ベビー布団

メリット:小さくてコンパクトで簡単に折りたためる。軽いので布団が干しやすい
デメリット:赤ちゃんが寝てしまったときに、布団のまま移動させるのが難しい。成長してきたらもう使わない

2、正方形の座布団

メリット:1枚なのでどこにでもすぐ置ける(敷ける)。軽くて持ち運び便利。 使わない時は簡単にしまえる。 安い。
デメリット:使えるのはせいぜい1ヶ月くらいとおむつ替えのとき。 2ヶ月以降は寝がえりや、赤ちゃんの身長が伸びてくるので1枚じゃ足りない。 →我が家のように2枚敷けば使えますがずれてしまうことも度々ありました。

3、長座布団

メリット:軽くてどこにでも置ける。片付けも楽。使わない時は簡単にしまえる。安い。
デメリット:2ヶ月以降は赤ちゃんが寝がえりするとはみでてしまう。

4、せんべい座布団

メリット:デザインがかわいくリビングに置いておいてもかわいい。丸いので、赤ちゃんが多少寝がえりしても布団からはみ出ない。赤ちゃんが寝てしまった後、寝室などに運ぶ際にくるんで運べるので運びやすい。使わなくなったら大人用のリラックス座布団として使える。
デメリット:結構大きくて幅をとる。ふかふかしているので、寝返りした時が心配。目が離せない。値段が高い。

どの座布団がオススメ?

赤ちゃんの足

好みや使い勝手があるので一概にこれがオススメ!というのは断言できないのですが、どれを選ぶにしても基本的に汚れることを考えておいたほうがいいでしょう。と言うのも、赤ちゃんのよだれや、母乳やミルクをげぽっと出すこともあったり、おむつ替えに失敗しておしっこやうんちがついてしまったりと、汚れるのは確実です。

なので、個人的には、かわいさよりも洗いやすさ扱いやすさを重視したほうがいいいかなと思います。もちろん、座布団にカバーをつければ布団自体が汚れることは少ないのですが、おしっこを漏らしてしまったりすると中まで染みてしまうので、布団を干したりできれば洗えるとベストですよね。うちは、3ヶ月くらいまで布おむつを利用していたので、座布団がしょっちゅう濡れてしまいました。でも、普通の座布団だったので、洗ってしまえ~とよく洗っていました。

最近、人気が出てきているせんべい座布団も、お祝いなどでいただいていたら使っていたかな~と思うのですが、値段が少々高いので自分では手が出せなかったですね。ベビー用品を買いそろえると何かとコストがかさみますし、基本的に一時的にしか使用しないものにあまりお金をかけたくないという派なので。とは言え、皆さんのためにせんべい座布団についてご紹介しましょう。

せんべい座布団はどこで買えるの?お値段は?

赤ちゃんが寝ている

「洛中高岡屋」というメーカーが作っているせんべい座布団が正式なもののようで、アマゾンや楽天などで似たようなせんべい座布団が売られていますが、ポリエステル100%なので注意しましょう。

購入方法:インターネットで買えます。
お値段:カバーなしで10,800円(送料別)
布団とカバー(刺繍なし) 14,800円
布団とカバー(刺繍あり)  16,800円など。
デザイン:3種類(ツートン、リバーシブル、ノーマル)
色や生地:バリエーションなんと60種類
素材:綿100%
詰め物:綿70%、ポリエステル30%
サイズ:直径1メートル
お手入れ方法:
洗濯不可

職歴40年以上の熟練職人さんが「綿入れ」をしています。京都で創業90年の布団屋さんです。

せんべい座布団を手作りしたい方は

買うとなると結構高いので手作りしようかなと思う方もいらっしゃるでしょう。丸いので少し作りずらいと思いますが、基本的には生地と中に入れる綿、ミシンさえあれば作れます。ただ、材料をそろえたり、大きさをある程度大きくしようとすると作業も結構大変なので、やはり買ったほうがいいかかなと思います。洛中高岡屋でなくてよければ、安価で同じようなせんべい座布団も売られているので、もしよろしければ比べてみると良いと思います。

まとめ

赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんのための座布団についてのまとめでした。まとめますと、

・赤ちゃんのお昼寝やおむつ替え用の座布団はベビー布団も合わせると4種類ある。
・値段やメリット・デメリットは様々あるので好みで選ぶ

赤ちゃん用の座布団は、お昼寝やおむつ替えだけではなく、お風呂から出した後やちょっと寝かせるのにも重宝するんですよね。大切な赤ちゃんのために、快適な座布団を選んであげてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。