赤ちゃんに栗を食べさせてよいのはいつから? アレルギーの心配は? 栗の食べさせ方のご紹介

秋の味覚と言えば、松茸、秋刀魚、さつまいも、そして何と言っても栗ですよね。スーパーなどで栗を見かけると、「秋が来たなぁ」と季節を感じます。栗と言えば、栗ごはん、栗おこわ、それとも栗きんとんなどレシピもいろいろですが、赤ちゃんがいるご家庭は赤ちゃんに栗を食べさせてもよいの?と迷う方も多いのではないでしょうか。そこで赤ちゃんにいつから栗を食べさせてよいのか、赤ちゃんの月齢ごとの食べさせ方について調べてみました。

赤ちゃんの離乳食に栗はいつから?

一般的に離乳食は5、6ヶ月ごろからスタートします。初めは主ゆから始めるので野菜などは次の段階です。なるべくアレルギーがない食材から少しずつ始めるので、もし栗を食べさせることを考えている方は、できれば離乳食中期くらいがよいでしょう。

アレルギーは大丈夫?

栗は、種実類(ナッツ類)に分類されるそうです。もしナッツアレルギーを持っている場合、栗にもアレルギーがあるということになりますので、ナッツアレルギーの場合は避けたほうがよいでしょう。ナッツは早くても1歳から、食べさせる場合はペースト状か粉末がよいとされていることを考えると、栗も離乳食後期からのほうがよいのかもしれません。ただ、栗の場合はナッツと違って、茹でればかなり柔らかくなりますので、すりつぶすかペースト状にすれば離乳食中期でも大丈夫だと思います。

初めてあげる際は、スプーンひとさじくらいと少量から始めてください。万が一アレルギーのことを考え、午前中にあげたほうがよいでしょう。アレルギー反応が出たかどうかは、下痢や嘔吐、赤ちゃんの口の周りが赤くなっていないか、身体にかゆみがでていないか、機嫌が悪くなるなどいつもと様子が違うなどよく観察してください。

栗の成分とカロリー

栗は、カリウム、ビタミン、ミネラルなど非常に栄養価が高い食材です。便秘解消、美容効果、風邪予防など様々な効能があります。あのほくほくとした食感と自然な甘さが何とも言えずおいしいんですよね。味はおいしく栄養価も高いと聞いたら、ついつい食べ過ぎてしまいますが、カロリーは意外と高いので食べ過ぎには注意しましょう。

カロリーは、100グラムあたり約160キロカロリーあります。お茶碗に軽く一杯分のカロリーがある計算です。100グラムはだいたい栗5個分です。おいしいからと10個も食べたらご飯2杯分食べていることになります。おいしくてもほどほどがいいということですね。ということで赤ちゃんあげる場合も、適量にしておきましょう。

栗の下ごしらえの仕方

1、栗をよく洗いお湯に1時間くらいつけます。お湯につけることで鬼皮がむきやすくなります。
2、栗の鬼皮をむきます。お湯につけたのでだいぶ柔らかくなっていると思いますが、むくときは気をつけましょう。ちなみに、お姑さんが教えてくれたのですが、栗の鬼皮をむくための専用の皮むき器があるので利用すると簡単にむけます。
3、鬼皮がむけたら次は甘皮です。甘皮も何気にむきにくいのですが、根気よくむきます。同じく専用の皮むき器を使えば簡単にきれいにむけます。
4、むいた栗を水に2~3時間つけてあく抜きします。
5、水をはったお鍋にいれて柔らかくなるまで茹でます。

圧力鍋をお持ちの方は、圧力鍋で5~10分加圧すると簡単に皮がむけますので試してみてくださいね。ただし、加熱し過ぎると栗の形が崩れやすくなるので、加熱し過ぎないようにしましょう。スーパーなどで既に皮がむかれて下ごしらえ済みの栗が売られていますよね。一度買ってみたのですが、生の栗を買って作った栗ご飯と、下ごしらえ済みの栗では炊いた後の栗の風味が全く違いました。やはり新鮮なうちに作る方が栗本来のうまみや香りが引き立つんだなぁと感じました。

それと、栗を甘く煮たビン詰が売られています。お正月に食べる栗きんとんなどに使われますね。かなり砂糖が入っていて甘いのと、メーカーによっては漂白剤や着色料などが入っているので、できれば赤ちゃんにはあげないほうが良いと思います。

もしあげる場合には、無漂泊のものを買って、お湯で湯がいて甘みを落としてからあげるとよいでしょう。我が家では、お正月は必ずビン詰めに入った栗を買って栗きんとんを作ります。大量に作っても、子供達が大好きなのであっという間になくなってしまうんですよね。

月齢ごとの食べさせ方

①離乳食初期(ゴックン期)5〜6ヶ月

栗をアク抜きし柔らかくゆでる。その後、すりつぶしてペースト状にする。初めはそのままあげる。問題なければご飯やヨーグルトに混ぜると食べやすいです。

目安の量・・・栗1〜2個

②離乳食中期(モグモグ期)7〜8ヶ月

柔らかく茹でたものを細かく切る。ご飯に混ぜるかそのままあげる。

目安の量・・・栗2〜3個

③離乳食後期(カミカミ期)9ヶ月〜

茹でた後舌ですりつぶせる程度にサイコロ状に切る。

目安の量・・・栗2〜3個

栗の保存方法

茹でた栗は腐りやすいので、冷凍庫での保管をおすすめします。赤ちゃんの離乳食に使う場合は、その時期ごとにペーストや細かく切った状態で、小分けにして冷凍しておけば、使う時も簡単ですね。冷凍は1週間を目安に使いきりましょう。

まとめ

赤ちゃんにいつごろから栗を食べさせてよいか、アレルギーの心配や栗の下ごしらえについてのまとめでした。息子がちょうど離乳食中期くらいのころ、お姑さんが家に数週間泊まりにきました。今まで自分で栗ご飯を作ったことがなかったんですが、お姑さんが栗ご飯を作ってくれ、ほくほくとしてとてもおいしかったことを思い出しました。柔らかくゆでた栗をご飯に混ぜて、息子にも秋の味覚を味わってもらいました。それからというもの毎年秋になると栗ご飯を作っています。二人の子供達も栗ご飯が大好きで、必ずおかわりするので、あっという間にご飯がなくなってしまいます。

それと子供達は、甘栗も大好きです。普段から売っていると思いますが、お正月になるとスーパーで必ず甘栗を買います。1kgくらいの量を買うのですが、あっという間になくなってしまうんですよね。カロリーのことを考えると食べ過ぎは本当に注意が必要でが。皆さんも秋の味覚にチャレンジしてみてくださいね。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。