緑色のゴミ箱

赤ちゃんのいたずら『ゴミ箱あさり』対処法5選とおすすめゴミ箱

赤ちゃんがスクスク成長して動き回るようになると、自然とその行動範囲が広がっていきますよね。ハイハイやたっちができるようになると、いろいろなものに触ったり倒したりするので、ママは赤ちゃんの成長が嬉しい反面、気が抜けません。そんな中で以外と置き場に苦労するのがゴミ箱です。ゴミ箱には、様々なものが捨てられています。ゴミ箱の中のゴミを触って汚いのはもちろんですが、倒してしまって中のゴミが散乱したり、それを口にいれて大変な事態になることも。逆に、気がついたらゴミ箱に大事なものを捨てられていた!なんてこともあります。そんな自体を防ぐために、ご家庭でのゴミ箱対策はできていますか?今回は、赤ちゃんが動き回るようになっても大丈夫な置き場所や、赤ちゃんがいるご家庭におすすめのゴミ箱を紹介していきます。すぐにできる対処法として、ゴミ箱の置き場所について考えましょう。ここでは、5つの対策を紹介したいと思います。

ゴミ箱あさり対処法5選

赤ちゃんが笑っている

ゴミ箱を手の届かないところに設置する

簡単ですぐできる方法は、赤ちゃんの手の届かないところに隠すことです。例えば、棚の上や裏などがおすすめです。ただ、移動しているところを見られてしまうと、かえって気になる存在になってしまうので、その点は気をつけましょう。高い家具などがない場合は、フックなどで簡易的なゴミ箱を設置するのもおすすめです。お気に入りのショップバックやかわいい布などで覆ってしまうなどで、ゴミが入っているとは思われなくすることもできます。

ゴミ箱を1ヵ所にまとめる

通常、ゴミ箱は便利なように家の様々なところに置きがちですが、赤ちゃんがいるご家庭では、極力1ヵ所にまとめることも方法の一つです。最初は、わざわざゴミ箱があるところまで捨てにいくのを面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、ゴミ捨ての際に何個もあるゴミ箱のゴミをまとめて…という手間がかからなくなりますし、ゴミ箱をなくすだけでお部屋がスッキリするというメリットもあります。ゴミ箱を1ヵ所にまとめる場所としては、キッチンを選ぶママが多いようです。また、キッチンには、ゴミ以外にも調理器具やコンロの火など、赤ちゃんにとって危険なものもいっぱいなので、キッチンに赤ちゃんが入って来られないようにベビーゲートを設置しているご家庭も多いようです。

ゴミ箱にチャイルドロックをつける

今お使いのゴミ箱が蓋付きのものならば、チャイルドロックを付けてしまう方法もあります。最近は100円ショップなどで簡易的なものも売っていますし、様々なタイプのチャイルドロックがありますので、お手軽にカギ付きゴミ箱にすることもできます。

ゴミ箱を使わないようにする

ごみ箱の代わりにビニール袋などをゴミ箱として利用して、ゴミ箱そのものを使用しないようにするという方法もあります。キッチンのシンクあたりに設置して、生ゴミなどもそこに入れていき、いっぱいになれば家の外に置いてあるゴミ箱へ!見た目は少々気になるかもしれませんが、特に夏場などは、ニオイが気にならなくなる利点もあります。

赤ちゃん用のゴミ箱を用意する

ゴミ箱にいろいろなものを入れてしまう赤ちゃんにとってみては、ゴミ箱はおもちゃ箱のような存在かもしれません。また、『ものをつかむ〜目的の場所へ運ぶ〜手を離して箱へ入れる』というのは、動作の流れを理解した上で、複雑な動作が絡んだ動きになるので、その練習をしているのかもしれません。それなら、ブームが去るまで、赤ちゃん専用のゴミ箱を用意してあげるのもいいですね。自由にいろいろなものを捨ててもらって、大いに楽しんでもらいましょう。でも、思わぬものが捨てられることもあるので、時々チェックすることをお忘れなく。

ゴミ箱の置き場所の次は、赤ちゃんがいるご家庭におすすめのゴミ箱を紹介していきます。
赤ちゃんの手が届かないような高めの位置に設置できる、壁掛け専用のおしゃれなゴミ箱もあります。家のインテリアなどに合わせてチョイスするのもいいかもしれません。

おすすめゴミ箱のご紹介

緑色のゴミ箱

壁掛けダストボックスMeluna(メルナ)

半円状のゴミ箱で壁にぴったりフィットし、専用のフックを使用して壁に取り付けられます。脱着も簡単で、サイドに取っ手があるので、持ち運びにも便利でゴミ捨てもラクラク。2リットルの大きさのペットボトルが縦に2本入るくらいのサイズ感も人気です。落ち着いた色のバリエーションで、インテリアに合わせやすくなっています。

また、ゴミ箱を蓋付きのものにするという方法もあります。赤ちゃんの手が届かなくなることはもちろんですが、ゴミのニオイも軽減されるなどの利点もあることから人気です。ただ、ペダル式などは逆に赤ちゃんのおもちゃになってしまうこともあるので、その辺りは注意しながら使用しましょう。

kcud(クード)ラウンドロックRustic I’mD(アイムディー) KONCENT[コンセント]

蓋の部分がパッキンでしっかりロックできるので安心です。また、密着度が高いパッキン効果でニオイ漏れも予防してくれるので、生ゴミ・空きビン・空きカン捨てにも便利です。きれいなニュアンスカラーの落ち着いた雰囲気なので、どんなお部屋にも馴染みます。

リス キャスター付きゴミ箱 キャスターペール

90Lものになると高さが80㎝を越えるサイズになるため、ちょっとした壁のような存在になり、ゴミ箱として赤ちゃんが認識になくなります。もし開けようとしても取っ手のロックを押しながらでないと開かないので赤ちゃんのいたずらを予防できます。もともと野外用に作られている商品なので、丈夫であるのはもちろん、持ち運びが楽にできるように車輪が付いているにもおすすめポイントです。

まとめ

赤ちゃんが寝ている

ゴミ箱の置き場所や、赤ちゃんがいるご家庭におすすめのゴミ箱を紹介してきましたが、赤ちゃんは目に入る新しいものに興味を持ち、何でも口に入れて確認したがります。赤ちゃんが口に入れやすそうなものや、喉につまりやすそうなもの、さらに電池やタバコの吸い殻などは赤ちゃんの命に関わることにもなりかねないので、特に注意しましょう。

今まで何も考えずに使っていたゴミ箱もが気軽に使えなくなる…ということで不便を感じることもあるかもしれませんが、長い目で見ればこれも一時的なことです。ちょっとした工夫をすることで赤ちゃんの安全が守られ、ママのストレスも軽減されますので、困っているママは実践してみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。