赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんのお昼寝は必要?お昼寝が必要な3つの理由

寝る子は育つ!その言葉どおり、寝る子は本当に育ちます。赤ちゃんは寝ることが仕事であり、大切なことです。ですが、お昼寝をせず起きているなんてことありませんか?お昼寝しなくて大丈夫なの?なんて思いますよね(・_・;そうなるとお昼寝って必要なもの?なんて少し疑問に思ったりしますよね。そこで今回は赤ちゃんのお昼寝の必要性に見ていきます。お昼寝が赤ちゃんの成長にどう繋がるのかを知っておきましょう!

赤ちゃんのお昼寝が必要な3つの理由

ベビーベット

お昼寝は赤ちゃんにとって大切なことです。お昼寝は足りない睡眠時間を補うための時間でもありますが、もっと大切な理由があります。では、さっそく見ていきましょう!

体力を回復させる

大人も一緒ですが、寝ると疲れが取れ回復しますよね。赤ちゃんも同じです。赤ちゃんは体力もあまりないのですぐ疲れてしまいます。お昼寝をすることで体力を回復し、起きてから遊べるための準備をします。赤ちゃんは起きているだけで体力を使います。手足バタバタ、寝返り、おもちゃの握るなど側から見ればそんなに動いてないように見えますが、赤ちゃんにとってはめちゃくちゃ動かしています。大人も新しいことをやったりすると疲れますよね!そのような状態が赤ちゃんは毎日続いています。そう考えると疲れますよね^^;お昼寝でしっかり身体を休めることが大切です♪

ストレスが解消される

赤ちゃんもストレスは溜まります。お昼寝をすることで脳をしっかり休め、ストレスを解消し精神が安定します。赤ちゃんはいろいろなものを見たり、覚えたりしているため頭は常にフル回転です。フル回転だと頭は疲れ切ってしまいますし、新しいことを覚えたりと赤ちゃんなりにストレスもあります。赤ちゃんにストレスなんて無縁でしょ!と思いますが、人間は生きているだけでストレスが溜まってしまいますからね…(*_*)また、お昼寝をせず夜まで持ち込むとストレスを発散できず、うまく寝れなかったりとなかなか寝てくれない原因にもなります。寝ることで頭の中を整理し、そして休めることは大切なことです。たくさん学んで吸収するためにもお昼寝は欠かせないです!

生活リズムを整える

お昼寝をするということは時間が決まっていますよね?そうすると夜寝る時間も必然的に決まってくるため、生活リズムができてきます。寝る時間が決まっていると1日をどう過ごすかが分かり、生活リズムを整えやすくなります。お昼寝を2回するのであれば、10時くらいに1回、14時くらいに1回になります。お昼寝を1回するのであれば、お昼ご飯を食べる前か13時くらいになります。あとはしっかり遊ばせ、夜ぐっする寝れるようにしてあげましょう!

なかなか寝てくれない…どうしたらいいの?

赤ちゃんが寝ている

お昼寝は必要ということはわかったけど、日によっては全然寝てくれない!なんてありますよね(・_・;どうやって寝かせればいいの?と悩みます。分かりますよ、その気持ち。こっちは寝かせたいのに、本人は目がギラギラで一向に寝てくれないとイライラしたりします…イライラせず寝かしつけるにはどうすればいいのか紹介しますね!

寝る環境を整える

テレビがついていたり、日差しが入ってきて明るかったりと些細なことですが、赤ちゃんにとってはどれも刺激になります。テレビを消したり、カーテンを閉めて部屋を暗くしたりと寝やすい環境を整えてあげましょう!環境を整えてあげるだけでも寝入り方が違います。とくに上の子は音や環境に敏感です。ちょっとでも刺激があると寝てくれなくなってしまいます(・_・;私の上の子もそうでしたが、本当に寝てくれませんでした…
眠そうだなというときはテレビを消し、窓を閉め、携帯も音が出ないようにサイレントモードにしたりとかなり気を遣いました(笑)その点、下の子はテレビが付いていようが窓が開いてようがお構いなしに寝てくれます!下の子は本当にたくましいなとつくづく思います(^^)

隣で寝たフリ

これは高確率で寝てくれます!ママは起きて、赤ちゃんだけ寝るなんて最初のうちだけです(笑)そのうち、ママが起きてるなら起きてよ!となってきますので、月齢が高い赤ちゃんには隣で寝たフリをしましょう(^^)
遊ぶ相手が寝てしまうと赤ちゃんもやることがなくなり、赤ちゃん自身で寝てくれます。ママが寝ていると赤ちゃんも自然と寝てくれますので、寝かせなきゃとイライラしないで済みます♪イライラすると赤ちゃんにも伝わるので、余計寝てくれなくなったりしますからね^^;赤ちゃんが寝たら、そーっと起きて用事をしましょう!もちろんそのまま寝てもいいですよ(^^)このワザをよく使いますが、大半一緒に寝ています(笑)休めるときに休むのもひとつですよ!

赤ちゃんは本当に寝るのが上手くありません。グズグズするならすんなり寝ればいいのに〜と思うほど寝ぐずりが酷いですよね(・_・;すんなり寝させてあげれるようにサポートしてあげてください!

お昼寝は何歳まで必要?

赤ちゃんが笑っている

何歳までという決まりはありませんが、保育園では年長クラスではお昼寝をしないようになっています。小学生になるとお昼寝はしませんので、そのための訓練でもあると言われています。また、体力がついてくる4歳ごろからはお昼寝をすると逆に夜寝れなくなるケースもあります。そのため、お昼寝をさせないという判断も必要になってきます。その時の状況でお昼寝をさせたりさせなかったりするのがいいかと思います。私が小さい頃はお昼寝必須だったので、寝ていなかったら怒られた記憶があります(笑)ですが、年長クラスになると急にお昼寝がなくなったのでとても眠たかったことを覚えています^^;大人になった今、お昼寝が逆に欲しいと思います…お昼寝をすれば効率も上がるのに!と働きに行っていたときは常に思っていました(笑)

まとめ

赤ちゃんがうつ伏せになっている

いかがでしたか?赤ちゃんのお昼寝の必要性が分かったと思います。たかがお昼寝かもしれませんが、されどお昼寝です!お昼寝は体だけの回復が目的ではなく、心の回復にも役立っています。お昼寝できる環境を作り、そしてお昼寝できるようしっかり遊ぶようにしましょう!そうすることで自然とお昼寝を取ってくれるようになります(^^)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。