赤ちゃんのお肌を守るスキンケア6つの方法とおすすめスキンケアグッズ

「赤ちゃんのスベスベお肌にスキンケアが必要?」と思うママもいるかもしれませんが、実は赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。9割以上のママたちが赤ちゃんの肌荒れを経験しているというデータもあるほどです。生後1ヶ月の赤ちゃんは、ホルモン分泌の影響で皮脂腺の活動が活発になり、皮脂分泌量が多くなることで乳児湿疹が出やすくなります。生後2ヶ月目以降になると、ホルモン分泌量が減って皮脂腺の活動がほぼストップするので、今度は乾燥してカサカサ肌になり、かゆみや湿疹が出始めるようになります。赤ちゃんの皮膚の厚みは大人と比較すると半分以下なので、皮膚に含まれる水分が蒸発しやすいので乾燥してしまうのです。とにかく乾燥させないように、しっかり保湿してあげましょう。最近では、赤ちゃんの頃からのスキンケアで将来の肌質が決まる、とも言われています。国立成育医療研究センターの研究では、新生児から保湿スキンケアを行うことで、将来のアトピー発症リスクが3割以上低下するという興味深い研究も。将来の美肌づくりのためにも、赤ちゃんのスキンケアをはじめましょう!

赤ちゃんのお肌を守るスキンケアの方法を紹介します。

◆肌を清潔に保つ

赤ちゃんのお肌は乾燥しているので、スキンケアと言えば『保湿』とイメージしますが、汚れや汗などをきちんと落としてお肌を清潔に保つこともとても大切です。赤ちゃんはとっても汗っかきですし、よだれやミルクの吐き戻しなどで汚れてしまうことも。その都度やさしく拭き取ってあげましょう。

◆保湿ケアをする

大人でもそうですが、保湿ケアをすることでバリア機能が高まり皮脂バランスが整うので、保湿ケアはとても大切です。おすすめは、お肌にたっぷりの水分を補給してくれるベビーローション。特にお風呂上りは、お肌がやわらかくなっていて保湿成分が浸透しやすいので、やさしくマッサージするように塗ってあげましょう。乾燥がひどい部分には、より保湿力の高いベビークリームなどをプラスするのもおすすめです。お顔は乾燥しやすいほっぺたや口周りを中心に、耳周りや首のシワ部分まで塗ってあげます。体は胸からお腹にかけて伸ばし、腕やひじなどの乾燥しやすい部分もしっかりケアしましょう。背中も首からおしりに向かって保湿剤を伸ばし、かぶれやすいおしりも保湿してあげましょう。

◆お風呂でケア

新陳代謝が活発な赤ちゃんは皮脂分泌量が多いので、お風呂でもしっかりケアしてあげましょう。でも、ゴシゴシ洗ってしまっては、逆にお肌を傷つけてしまうおそれもあります。刺激の少ない赤ちゃん専用のベビーソープを使い、柔らかいお肌を傷つけないように十分に泡立てた泡でやさしく洗うようにしましょう。シワになっている部分や、耳のうしろ、首まわりなど、汗や汚れがたまりやすい部分も忘れずに洗いましょう。

◆紫外線対策をする

皮膚が薄い赤ちゃんにとって、日焼けはやけどのようなものです。乳幼児から紫外線を浴びていると、将来のシミ・しわなどの原因にもなると言われていますので、注意してあげたいですね。春先からどんどん紫外線量は増えてきますので、外出の際は、ベビー用の日焼け止めがオススメです。2〜3時間ごとに塗り直すのがポイントです。また、日焼け止めがそのまま肌に残った状態にならないように、しっかり洗い流しましょう。

◆衣類・寝具を清潔に保つ

衣類や寝具についた皮脂やよだれなどの汚れが、肌トラブルの原因になることもあります。赤ちゃんのお肌に触れるものは常に清潔にしておくことを心掛けましょう。

◆爪切りケア

肌が乾燥していると、そのかゆみで掻きむしってしまうこともあります。赤ちゃんの爪は薄くて割れやすいので、引っ掻くことによって「とびひ」などの感染性の皮膚トラブルを起こすこともあります。爪は常に短く切っておき、湿疹がひどい場合には手にミトンをつけてあげるなどしましょう。

乾燥や肌荒れを防ぐためにも、ローションやクリームで保湿することは大切ですが、赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。スキンケア商品自体の成分がお肌への負担となって、かえって悪化させてしまった…ということにならない為にも、赤ちゃんのスキンケアアイテムは成分をしっかりチェックしてから使用しましょう。無添加、無着色などの低刺激処方のもの、天然由来の原料などを使っているオーガニックのものなどがおすすめです。

■ママたちに人気のスキンケアグッズ

ここでママたちに人気のスキンケアグッズをご紹介します。

◆アロベビーミルクローション

「乳児湿疹の予防・対策に効果があった」と、口コミで大人気の純国産オーガニック処方のベビーローションです。特徴は、その高い保湿力。乾燥を防いで、潤いが長時間持続します。また、化学成分は含まない天然由来成分を99%配合しているということで、赤ちゃんでも安心して使えます。フランスの世界的オーガニック基準である「エコサート」認証を取得している商品です。

◆アロベビーベビークリーム

保湿力の高いシアバターが高配合されていて、しっとり感がより続きます。天然のハマナエキス配合で、おむつかぶれなどの炎症を抑える効果も期待できるので、乾燥がひどい場合におすすめのアイテムです。

◆erbaviva(エルバビーバ)ベビーローション

妊娠線の予防クリームとしても人気のエルバビーバから出ているベビーローションです。カツミレの花からとれるカモミールエキスが配合されていて、乾燥による肌荒れを防ぎ、しっとり感が長い間持続します。

◆ETVOS(エトヴォス)ベビーローション

4種のヒト型セラミドが配合されていて、お肌の保湿力をしっかりキープしてくれるベビーローションです。天然保湿因子とアミノ酸、ヒアルロン酸、ベタインといった高保湿成分がお肌のうるおいをキープ。

◆baby buba(ベビーブーバ)ベビーローション

フランスの世界的オーガニック基準である「エコサート」認証を取得していて、天然由来成分99.5%配合という、安心・安全なベビーローションです。保湿力はあるのに、さっぱりした使い心地が人気です。

■まとめ

初めて使用するスキンケア商品は、まずママがその使用感などをチェックすることをおすすめします。赤ちゃんに使用する際も、最初はパッチテストを行った上で、使用しましょう。赤ちゃんのお肌に直接触れながら行うスキンケアは、パパ・ママと赤ちゃんの絆を深める絶好の機会でもあります。ぜひ、赤ちゃんとのスキンシップを楽しんでください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。