赤ちゃんがご飯を食べている

赤ちゃんのむし歯の予防法

なぜ赤ちゃんがむし歯になってしまうのか、どんなことに注意したらよいか気になりますよね。そこで今回は、赤ちゃんの歯を健康に保つために、大人が注意すべきことについてお話ししたいと思います。

赤ちゃんが虫歯になる原因について

赤ちゃんががっかりしている

赤ちゃんには、もともとむし歯菌はありません。むし歯菌がなければ、歯が生えてきてもむし歯になることはありません。むし歯になってしまうのは、いつの間にかむし歯菌が赤ちゃんに移ってしまい、それによりむし歯になってしまうのです。

では、むし歯菌はどこから伝染してしまうのでしょうか。それは、ママやパパなど大人が持っているむし歯菌が赤ちゃんにいつの間にか伝染してしまうのです。伝染してしまう原因は、大人が使ったコップやスプーンなどを、赤ちゃんの口につけたり、赤ちゃんのかわいさで口にキスをしてしまったりすることで、大人のむし歯菌が赤ちゃんに移ってしまいます。他にも、離乳食が始まり赤ちゃんの乳歯も生えてきたところで、食べ物を覚ますのに「ふー」と吹きかけたりすることで唾液が飛び、むし歯菌が移ってしまうことがあります。

乳歯が生えてくるまでは大丈夫ですが、乳歯が生えてきたら上記のことは避けたほうがよいでしょう。特に、1歳半から3歳までは、むし歯菌が移らないようにすることが大切です。3歳までにむし歯菌を防ぐことができれば、その後むし歯になるリスクを防げることができます。

赤ちゃんがむし歯にならないようにするには

赤ちゃんがご飯を食べている

では、赤ちゃんがむし歯にならないようにする対処法についてご紹介します。

・甘いものを控える

大人の口移しを避ける以外に、甘いものを少なくすることで、むし歯の発生を最小限に防ぐことにつながります。赤ちゃんがぐずってしまったとき、お菓子をあげると機嫌がよくなるので、ついついお菓子をあげてしまうこともありますよね。お菓子の中でも、砂糖が使われているお菓子は要注意です。赤ちゃんせんべいやクッキーでも、砂糖が使われているので、赤ちゃん用だから安心と量をあげすぎると、むし歯や肥満の原因にもつながります。

食べ物であれば、さつまいもやじゃがいもをふかしたもの、果物など自然のものほうが、砂糖よりも虫歯になるリスクは抑えられます。ただし、果物にも果糖が含まれているので。量は調整しましょう。

・だらだら食べをしない

お菓子だけではく食事でも、時間がかかり過ぎたり、少し食べては休んでまた食べてと、口の中に常に食べ物がある状態だと、むし歯になる可能性が高くなります。食事時間は長くても30分と決めて、それ以外の時間帯はある程度決められた時間におやつをあげるようにしましょう。

赤ちゃんは一度に多くの量を食べられないので、ちょこちょこ食べることもあると思いますが、基本的には食事は3回で、それ以外に捕食として午前中に1回、午後に1回おやつという感じで考えて行くとよいでしょう。外出先で、ぐずってしまったときは、なるべく砂糖が含まれていないおやつをあげるようにしましょう。食べた後に、お茶やお水などで、お口の中を洗う意味でも水分を飲ませてあげると、お口の中がさっぱりして歯磨きができない時でもある程度の予防になります。

・食後の歯みがき

一番効果的なのは、やはり歯みがきです。食事のあとは、歯みがきをします。乳歯が1本、2本でも歯磨きは必要です。乳歯だからと歯みがきをしないと、むし歯になってしまうことがあるので、大人が注意してあげましょう。歯みがきの仕方については、のちほどご説明します。

・フッ素を塗ってもらう

私が子供の頃はなかったと思いますが、今は歯医者さんでフッ素を塗ってもらうことができます。フッ素を塗っておくことで、むし歯にならないように予防します。とは言え、フッ素を塗ること=むし歯にならないというわけではありませんので、歯みがきや食べ方について引き続き注意します。また、フッ素も定期的に塗らないと効果が出にくいので、1ヶ月ごとのにフッ素を塗った方がよいそうです。

・シーラント

シーラントとは、奥歯の上の部分にプラスチック製の液体を刷り込み、食べかすが入りにくくするやり方です。我が家の子供達もシーラントをつけてもらいました。つけるという表現は正確ではないと思いますが、奥歯の上部にピンク色の線ができていました。歯に埋め込まれた感じなので、食事や歯みがきをしてもシーラントは取れません。シーラントのおかげか奥歯は今のところむし歯ができていないので、やって良かったです。ただ、歯の上部だけなので、横の部分はカバーできていないので、同じく歯みがきは注意が必要です。

赤ちゃんの歯みがきの仕方

赤ちゃんがご飯を食べている

乳歯が生えてきたら歯みがきを始めましょう。初めは、水で濡らしたガーゼで赤ちゃんの乳歯をふき取る感じで大丈夫です。離乳食が始まっていなければ、歯みがきを習慣づける意味でも夜寝る前などに1回歯みがきの習慣をつけることが大切です。

離乳食が始まり、赤ちゃんの歯が上下4本以上になったら、歯ブラシの練習をしていきます。初めは、口の中に歯ブラシが入ることを嫌がると思いますが、毎日根気強く続けていけばだんだんと慣れていきます。まだうがいができないうちは、歯磨き粉はつけず、歯ブラシを水に濡らして赤ちゃんの歯を一本一本磨いてあげます。磨いた後は、水やお茶などで洗い流してあげましょう。

自分で歯ブラシを持てるようになったら、赤ちゃん用の短い歯ブラシを持たせます。喉をつつかないように、歯ブラシにストッパーがついているものもあるので、ドラッグストアで探してみてください。まだまだ自分で上手に歯みがきすることは難しいので、大人が仕上げ磨きをしてあげます。できれば、毎食後歯みがきができるとよいですが、なかなか難しいと思いますので、幼児のうちは日に1度で大丈夫だと思います。

うちの子供達も、まだ仕上げ磨きはしています。いったいいつまで仕上げ磨きをしたらよいのか歯医者さんに確認したところ、本当に上手に磨けるようになる10歳くらいまではしてあげてくださいと言われました。10歳と7歳なのですが、朝は自分達で磨いて終わりで、夜は私か主人が仕上げ磨きをしています。どんなに丁寧に仕上げ磨きをしても、歯科健診に行くとむし歯になりそうな歯があると言われてしまい、むし歯を予防するのは本当に難しいなぁと思いました。歯医者さん曰く、歯ブラシだけではなく歯間ブラシも組み合わせると、歯と歯の間の食べかすが取れるので、毎日やってくださいと言われました。歯間ブラシまでとなると結構大変なので、正直毎日はできておらず、歯に食べ物が詰まってしまったときくらいしかできていませんが。

まとめ

ママが赤ちゃんを抱き上げている

赤ちゃんのむし歯の原因と対処法についてのお話しでした。乳歯だからむし歯になっても大丈夫と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯がむし歯になってしまうと永久歯が生えてきたときに、むし歯の要素が残っているので、永久歯もむし歯になる可能性が高くなります。

毎日の歯磨きや、甘いものを少なくするという心がけで、お子さんのむし歯を防ぐことにつながりますので、大人ができるだけ注意してあげましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。