ドレスを着ている赤ちゃん

赤ちゃんのイベント 1歳までにある7つのお祝い行事

赤ちゃんの成長は著しく、1年で急成長します。その成長に伴い、赤ちゃんが生まれてから1歳を迎えるまでに、赤ちゃんの成長をお祝いする行事がたくさんあります。

いつ?どこで?何をするの?とわからない新米ママのために今回はどんな行事があるか紹介していきますね。

1歳までの赤ちゃんの行事

赤ちゃんがドレスをきている

お七夜(命名式)・・・出生日から7日目
お宮参り・・・男の子は出生日から31日目、女の子は出生日から33日目
お食い初め・・・出生日から100日目
ハーフバースデー・・・出生日から6ヶ月目
初誕生祝い・・・1歳の誕生日
初正月・・・出生後初めて迎える元日(1月1日)
初節句・・・出生後初めて迎える節句の日
・ 男の子は5月5日(端午の節句)・女の子は3月3日(桃の節句)

ざっと計7つのお祝い行事があります。
では次に、これらの行事がいったいどの様なものなのか順にご紹介していきます。

お七夜

赤ちゃんの足

お七夜とは、赤ちゃんの健やかな成長を願い、お七夜の字のごとく生後7日目の夜に行われるお祝いです。赤ちゃんに名前を命名し、家族や親戚を招いてお祝い膳を囲んでお祝いする習わしがあります。医療が発達する以前は、赤ちゃんが命を落とすことが多く、生後7日目までは名前をつけませんでした。無事に生後7日目を迎えると、出産を見守ってくれた神様に報告し、名前を付ける儀式を行いました。これがお七夜の由来だそうです。生後7日目というと、母子が退院したばかりの頃です。現代では無理に7日目にこだわる必要はないとされ、ママと赤ちゃんの体調が良い日を選んで行うのが良いでしょう。

お宮参り

赤ちゃんの靴

生まれてきた我が子の健やかな成長を願いお参りする行事のことです。生後1ヶ月に行う行事で、男女で日にちが違い、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目(地域によって多少のズレあり)に行うというのが正式なお宮参りとなります。生後1ヶ月というと、赤ちゃんはまだ外の空気に触れた経験がほとんどありません。またママも産後でまだまだ免疫力が弱っています。お宮参りも生後1ヶ月という日にちにこだわらず、ママと赤ちゃんの体調を優先し、天気や気温に応じて行うのが良いでしょう。
正式な形で行うのであれば、白羽二重地を着せた上に祝い着を掛けるのが赤ちゃんの正式な装いです。男の子は「熨斗目模様」の紋付で、鷹や兜などの柄が多く、黒色・紺色・灰色・白色、女の子は「友禅模様」の紋付で、手毬や花の柄で赤色・桃色が多いです。祝い着の下に着る物は、着物でなくてもベビードレスや産着などで構いません。最近ではベビードレス+羽織の祝い着が主流のようです。

お宮参りは、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、その後に両親が従って参拝するのが正式ですが、今は両親と赤ちゃんの3人でのお参りも多いようです。

お食い初め

お米がスプーンの上にのっている

これからの人生で食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて、また歯が生えるほど成長したことを喜ぶという意味を込めて行う儀式です。
一般的には生後100日目に行う行事ですが、地域によっては110日目や120日目に祝うところもあります。あくまでも目安にすぎないので、お食い初めをいつ行うのかは、生後100日前後で、家族の都合のいい日を選んでお祝いするのが良いでしょう。
正式なお膳は男の子は朱塗り、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りのものを使います。メニューは一汁三菜を基本に、鯛などの尾頭付きの焼き魚・吸い物・煮物・香の物・赤飯、さらに丈夫な歯が生えるように歯固めの小石と、シワがいっぱいになるまで長生きできるように梅干しを添える習慣もあります。
食べさせる真似の順番としては、ご飯→お吸い物→ご飯→魚→ご飯の準順番を3回繰り返します。各地域によって「歯固めの儀」を、食べさせる前に行う場合、3回繰り返した後で行う場合や、また小石の代わりに碁石やタコを使用する場合もあります。

最近ではお食い初めプランなどが充実しているホテルやレストラン、またお食い初め用メニューの宅配サービスなどもありますので、それらを利用するのも便利ですね。

ハーフバースデー

たくさんの風船

アメリカやイギリスでは、長期休暇中に誕生日を迎える子は友達に祝ってもらえないので、誕生日の6ヶ月前や6ヶ月後にハーフバースデーを設定し、お祝いしようという風習があります。これがハーフバースデーの由来とされていますが、日本では赤ちゃんの生後6ヶ月にお祝いをするイベントとして広まりました。
生後6ヶ月というと、寝返りをする様になったり、よく笑う様になったり、また離乳食もはじまる時期です。ハーフバースデーは特別に何か決まりがあるわけではないですが、そんな赤ちゃんの成長を家族でお祝いし、記念に残したいですね。

初誕生祝い

ケーキにローソクが立っている

「初誕生」は、1歳まで無事に元気に育ったという喜びや感謝、またこれからの健康を願ってお祝いする行事です。昔は栄養事情や生活環境が悪く、医療も発達していなかったので無事に1歳を迎えられることはとても喜ばしいことでした。初誕生祝いの伝統的な祝い方として「一升餅」や「選び取り」があります。赤ちゃんに約2kgの一升餅を背負わせて歩かせる一升餅ですが、一升餅の一升と、赤ちゃんのこれからの人生(一生)を掛け、「一生食べ物に困らないように」、また一升餅の丸い形から「一生丸く(円満に)長生き出来るように」などの願いを込めてするお祝いです。選び取りとは、赤ちゃんの前にいくつかのアイテムを置き、赤ちゃんが選んだもので将来の職業やどの様な才能があるかを占うものです。一般的なアイテムは、そろばん、お金、鉛筆などですが、地域や家庭によって様々あります。

最近はインターネット上で、赤ちゃんの名入りの一升餅と選び取りのカードがセットになったものを販売しているお店がたくさんあるので気軽に準備することができます。またSNS映えが主流している今、部屋を可愛くデコレーションしたり、離乳食で可愛いバースデープレートやケーキを作って、赤ちゃんと記念撮影しているママも多いですね。

初正月

日の出

初正月とは、赤ちゃんが生まれ、初めて迎えるお正月のことです。初正月では、赤ちゃんの「無病息災」と「魔除け」を願い、男の子には破魔弓・破魔矢、女の子には羽子板を贈ってお祝いするという風習があります。 母方の両親が準備するというのが一般的ですが、最近ではしきたりを気にせず、互いの両親で折半する場合や親が準備する場合などもあります。

初節句

鯉のぼり

初節句とは、赤ちゃんが生まれてから初めての節句のお祝いのことで、赤ちゃんの成長を喜び、今後の健やかな成長と厄除けを願う行事です。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いするのですが、生後1.2ヶ月で節句の時期がきてしまう場合は、赤ちゃんやママの体調などを考慮して、翌年の節句に行う場合も多いようです。

女の子の桃の節句では雛人形を、男の子の端午の節句では鎧兜や武者人形、鯉のぼりを飾り、そしてお祝いの料理を食べるのが一般的です。女の子であればちらし寿司やハマグリ、甘酒、男の子であれば柏餅やちまき、鰤やカツオなど縁起物の魚を使った料理が並びます。

初節句では雛人形や武者人形などが祖父母から贈られ、どちらも盛大なお祝いをします。

まとめ

子供が笑っている

栄養面、衛生面といった生活環境、また医療環境も乏しい時代では、赤ちゃんが無事に産まれたとしても1歳まで元気に生きることが大変だったため、親をはじめとした身近な大人たちは、子供の健やかな成長を願って、成長に合わせてその都度お祝いをしてきました。
現代社会に生きる私たちも、子供の健やかな成長が当たり前だと思わず、たくさんの思いが込められた伝統的なお祝いを大事にしていき、可愛い赤ちゃんの記念をたくさん残していきたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。