赤ちゃんのハイハイしない!いつから?前兆5つ

赤ちゃんのハイハイする姿はとっても可愛いですが、成長過程の目安として考えているママもいます。なかなかハイハイしない赤ちゃんも中にはいるので、自分の子はなんでハイハイしないのだろう?と悩むかもしれません。そこで、赤ちゃんがハイハイする時期やしない理由、ハイハイの前兆についてご紹介します!ママが悩んでいると、赤ちゃんにも伝わるのでハイハイについて知識を深めておきましょう。

赤ちゃんのハイハイっていつから?

赤ちゃんがうつ伏せになっている

まず、赤ちゃんがハイハイをし始める時期ですが、目安としては生後8ヶ月頃だと考えられています。赤ちゃんの成長スピードにはかなりの個人差があるので、一概に生後8ヶ月になってもハイハイをしないからと言って「赤ちゃんの成長が遅い!」とか「何か障害があるのでは?」と不安に感じることはありません。赤ちゃんの成長は緩やかに、それぞれのペースで変わってくるので、焦りは禁物です。母子手帳の様式では、生後10ヶ月くらいの発達チェックの部分に「ハイハイをするかどうか」の問いがあるので、発達目安としては生後8ヶ月から生後10ヶ月くらいという認識です。見守ることがもっとも大事で、ハイハイは赤ちゃんが目に見えて活動的になる行動の1つなので成長の証のように感じているママやパパは多いです。

赤ちゃんがハイハイしない理由

赤ちゃんが笑っている

実は、赤ちゃんがハイハイするかしないかというのはそこまで重要なことではないんです。ですが、ハイハイが手足の筋肉をつけることには間違いはないので、いつまでもしてくれないと不安に感じるのは不思議ではありません。まずは、赤ちゃんがハイハイしない理由と考えられる部分を知っておきましょう。

お座りばかりしている

ちょうど、ハイハイする時期はお座りし始める時期と一致します。多くの赤ちゃんがハイハイの前にお座りをするようになって、1人遊びが増えているので、お座りしている時間が長くなる傾向が高いです。なので、いつもお座りしているような赤ちゃんの場合は、必然的にハイハイへの準備が整わず、ハイハイを飛ばしてつかまり立ちになった!という赤ちゃんも多いんです。悪いことではありませんが、お座りの状態が続くとあまり自分から率先して動かなくなるので、運動量としては低くなります。

ソファやテーブルが多い

赤ちゃんがハイハイしない理由の1つに、自宅の家具の高さがあります。昔のように全室畳で高さのある家具が全くなかった時代とは大きく変化し、テーブルも椅子も高さがあることが当たり前になってきました。そのような家具が多い自宅の場合は、赤ちゃんがお座りをする頃に目の前にあるソファやテーブルに手を乗せてつかまり立ちへすぐに移行するという場合も多いんです。つかまり立ちがしやすい環境というのも、ハイハイしない大きな原因となるので、意識的に床で遊ぶようにしてみてください。

歩行器の使用が早い

お座りしてくると歩行器に乗せておくママもいます、歩行器は赤ちゃんにとって、自由に速く自分の行きたい場所に行くことができるのでメリットがありますし、ママにとっても家事がしやすくなります。双方にとってメリットが多いですが、その分赤ちゃんがハイハイをする必要性も感じなくなってしまうので、難しい部分です。歩行器を使う際は、ハイハイを始めてからか使用頻度や時間を減らすことが大事です。意識していない部分でも、赤ちゃんがハイハイをしない理由が隠れています。ちょうど、お座りをする時期と重なるので、赤ちゃんと遊ぶ時にハイハイの練習をしてみることもおすすめですよ。

赤ちゃんがハイハイする前兆5つ

赤ちゃんがママに抱かれている

赤ちゃんがハイハイする前にいくつか前兆があります。そうした前兆を知ることができたら、事前にハイハイの練習に取り組むことができるので、知っておいて損はありませんよ!

ずりばい

もっともわかりやすい前兆です。ずりばいというのは、うつ伏せになった状態で腕もしくは足の力のみで前進や後退する動きのことを指します。ずりばいは、脳の発達にも影響があると考えられていて、赤ちゃんの成長にはかなり必要なことです。赤ちゃんがずりばいを始めたら、少しずつハイハイの練習をするようにしてみましょう。例えば、赤ちゃんが好きなおもちゃを目の前で見せて「おいでー!」と呼んでみたり、ママやパパが赤ちゃんの名前を呼んでみるのも効果的です。ただ、無理して呼んだりこちらに来ないからといって焦る必要はまったくありません。赤ちゃんのペースで進んでくださいね。

たかばい

ずりばいを始める前や始めた後に、ハイハイではなくて、たかばいをする赤ちゃんもいます。たかばいというのは、手をついてお尻を高くあげる状態のことで、そのままでいるか足で歩く場合もあります。ただ、たかばいの場合はハイハイを飛ばしてつかまり立ちをすることも多いんです。ハイハイではなくたかばいばかりしているとO脚になりやすい傾向があるので、ママやパパがハイハイをするふりをして、赤ちゃんが真似しやすいように促してみてください。たかばいができるので、ハイハイもあっという間にマスターしますよ。

手足を床から離すことが増える

赤ちゃんがうつ伏せの状態の時に、両手足を浮かせてバタバタさせるようになるとハイハイの前兆だと言えます。手足の筋肉痛がついてきて、前に進みたいという気持ちが強くなってきているので、ママやパパも足の裏に触れて赤ちゃんがキックするような状況を作ってあげてください。ママやパパの手をキックすることによって、少し前に進みます。この感覚を覚えると、徐々にハイハイに向けて自分で手足を動かすようになるので、少しずつ練習していくと良いですよ。

手足をバタバタさせる

手足をバタつかせて、少し遠くのおもちゃをとろうと一生懸命になっている時もハイハイの前兆です。前に進みたいという気持ちになっているので、ハイハイする良い機会です。ママやパパが「こっちおいでー」「頑張って」と声かけして呼んであげると、赤ちゃんは嬉しくなってハイハイを頑張るようになります。

お尻をあげる

赤ちゃんの中には、うつ伏せの時にお尻をあげてふりふりするような仕草をする子もいます。この仕草もハイハイの前兆だととらえられて、全身の力がついてきた証です。この時も、ママやパパがしっかりとハイハイに誘導してあげてください。こうした前兆をよく見極めて、適度に手助けしてあげるのも1つの手です。常にかばったり、声かけをして、という状況じゃなくてもいいので、1日1回はハイハイの練習として床でごろごろ遊ぶ、というのもおすすめです。

まとめ

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんがハイハイしない理由やハイハイの前兆に関してご紹介しました!ハイハイする時期は一般的に生後8ヶ月〜生後10ヶ月くらいだと考えられています。しかし、実際は赤ちゃんによってかなりの違いがあるので、焦ることはありません。時々、ママやパパと一緒になってハイハイの練習をするくらいで問題ないです。練習を始める時は、ハイハイの前兆があるかも見ておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。