赤ちゃんがうつ伏せになっている

赤ちゃんのボディスーツ選び

赤ちゃんの肌着と言えば、短肌着や長肌着、またはコンビと呼ばれる肌着がメジャーですよね。その他にボディスーツと呼ばれる肌着があるのをご存じでしょうか。私は、ボディスーツと聞くとどちらかと言うと、大人用の矯正下着のイメージが強かったのですが、最近では赤ちゃん用の下着もボディスーツと呼ばれているものがあります。

今回はボディスーツについての情報をお届けしたいと思います。

ボディスーツとは?

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんのボディスーツとは、どのような洋服なのでしょうか。ボディスーツとは、胴体部分から股先までつながっていて、股の部分にスナップがついているタイプの肌着のことを言います。ベビー用品売り場などでは、ボディと略して展示してあることもあるそうです。実は、私は赤ちゃんのボディスーツという言葉に馴じみがあまりなく、今回調べてこのことだったんだ!と知りました。我が家でも使っていました。

ボディスーツと他の肌着の違いは?

赤ちゃんが笑っている

では、ボディスーツと短肌着や長肌着、コンビとの違いは何でしょうか。短肌着や長肌着は、その名の通り、短い肌着、長い肌着のことですね。基本どちらも、赤ちゃんの腕を通して前で紐を留めるタイプで、股の部分は何もありません。コンビは短肌着と長肌着をセットにしたようなタイプの肌着で、お尻まですっぽりと布が覆われ、赤ちゃんの足の付け根より下のところにスナップがついています。ボディスーツとの違いは、ボディスーツは赤ちゃんのちょうど足の付け根部分なので、足がそのままででいる状態です。

ボディスーツのメリットは?

では、ボディスーツと普通の肌着とどちらが赤ちゃんにはよいのでしょうか。結論から申し上げますと、ママやパパの好みだと思います。メリットとしては、ボディスーツだと赤ちゃんの足の付け根までなので、赤ちゃんが足をバタバタさせても洋服が邪魔にならないことです。我が子もそうでしたが、足をビヨンビヨンと曲げたり伸ばしたりすることがあり、確かにボディスーツのほうが動かしやすそうではありました。自分では、普通の肌着しか用意してなかったので、友人からボディスーツをいただいて、ボディスーツの存在を知りました。それと、股の部分がスナップなので、オムツ替えが簡単でしたね。股以外の部分も、スナップのものが多いので着換えさせるのも楽でした。

ボディスーツの使用時期

新生児期を過ぎれば、ボディスーツを使用することができます。種類によっては、新生児期でも使えるタイプもあります。うちは、新生児期は普通の肌着を使用していて、それ以降はボディスーツと兼用で使っていました。と言いますのも、某ベビー用品のお店で大量に肌着を買ってしまったので、ボディスーツを着せる機会があまりなかったためです。赤ちゃんの動きにもよりますが、1歳過ぎてもボディスーツを使えます。お腹がすっぽり隠れますし、特に冬は寝冷えを防ぐことができると思います。子どもの寝相の話になりますが、赤ちゃんから幼児になっても、子どもって寝相が悪いんですよね。もちろん、寝相のいいお子さんもいらっしゃると思いますが、我が子や友人のお子さんを見ていると、子どもというのは寝相が悪いものなのかなと、思わず笑ってしまいます。

寝ている間にお布団の間をゴロゴロと転がるので、転がるうちに掛け布団かはがれてしまい、朝までその状態で寝冷えしてしまうことがあるんですよね。おまけに、パジャマが上下分かれているので、お腹が出てしまっていることもよくあります。気がついた時に、掛け布団をかけたり、パジャマのズボンに上着を入れたりしてお腹をしまってあげるのですが、又元通りということが日常茶飯事です。赤ちゃんの時には、そこまで動きは激しくないかもしれませんが、お腹が出てしまうこともありますよね。そんな時には、やはりボディスーツのほうがお腹はすっぽり隠れるので、心配ないかもしれません。

ボディスーツの種類

赤ちゃんが笑っている

続いて、ボディスーツの種類についてご紹介しましょう。ボディスーツには、前開きタイプと前が開かず、頭からすっぽりとかぶるタイプとあります。ねんねの赤ちゃんの場合は、首がまだ座っていないので、前開きタイプのボディスーツのほうがオススメです。ある程度首が座ってきたら、頭からすっぽりタイプのほうが、着せるのが簡単ですね。柄も無地から花柄などの柄ありタイプといろいろとあるので、お好みの柄を選んでいただければと思います。ちなみに我が家は、ボディスーツは二つしか持っていませんでした。どちらも頭からすっぽりタイプです。初めは、頭からすっぽりかぶせるのが慣れなかったのですが、何回か着せているうちに慣れてきました。ただ、お風呂の時は、普通の肌着のほうが脱がせるのは簡単だった気がします。柄は動物柄と、名前入りの無地でした。名前入りのボディスーツは、雑誌か何かのブレゼント応募でもらったものです。長袖タイプでサイズも大きめだったので、秋から春にかけて着せることができました。子どもがいる友人のお家に遊びに行ったら、全く同じボディスーツを着ていて、友人も応募したようです。

ボディスーツのまとめ

赤ちゃんがうつ伏せになっている

赤ちゃんのボディスーツのまとめ記事でした。一昔前にはなかった洋服やおもちゃが現代には、多くの種類がありますね。お姑さんや実家の母と話していると、赤ちゃん用品にしても子育ての仕方にしてもいろいろと違うなぁと感じます。海外の商品もたくさん入って来ているので、選択肢も増えて、洋服一つ選ぶのも迷ってしまうことがあります。そんなこともあり、我が家では質より量でお古やリサイクルを利用しているので、あまりこだわりなく安価で着やすいものを選んでいます。

ただ、肌着は赤ちゃんのお肌に直接触れるものなので、できるだけ綿素材でよい質のものを選んであげたいですね。ボディスーツは、ほとんど綿素材が多いと思いますが、中にはポリエステル素材のものもありますので、特に敏感肌の赤ちゃんは、綿素材のものを選んだほうがよいと思います。敏感肌とは思っていなかったけとどポリエステルの肌着を着せたらかぶれてしまったという例もあります。赤ちゃんの身体に変化が表れたら、皮膚科などで相談してみて下さい。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。