カエルがトイレに座っている

赤ちゃんの下痢どう対処すればよい? 下痢の原因と対処法について

生まれたばかりの赤ちゃんって、おしっこやうんちの回数が多いんですよね。特にうんちの回数が多かったり水っぽかったりすると下痢かな?と心配になってしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんの下痢の原因と対処法についてお話ししたいと思います。

赤ちゃんのうんちについて

赤ちゃんが笑っている

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ腸の状態が整っていないため、うんちを頻繁にします。離乳食が始まるまでは、母乳やミルクということもありほとんど液体の状態です。水っぽいので下痢かな?と心配してしまうと思いますが、それが普通の状態なので問題ありません。ただし、うんちの色が白または黒っぽい場合は何か変調がある可能性があるので、注意が必要です。通常の色は、黄色か緑色っぽい色です。また、オムツからうんちが流れ出してしまうほどの水っぽさの場合、お腹を壊している可能性がありますので、赤ちゃんの様子を見て、他に症状があれば早めに小児科を受診したほうがよいでしょう。

赤ちゃんの離乳食後のうんちの変化

カエルがトイレに座っている

離乳食が始まると、驚く程にうんちの量や色、固さが変わってきます。特に葉物や繊維質の食材を食べた後は、うまく消化されなかった分がそのままうんちにでてきます。量か多すぎなければ問題ありませんが、あまりに量が多かったり形のままでてくるようであれば、もう少し柔らかく小さくするなど、消化しやすいように工夫したほうがよいかもしれません。

下痢かな?と思ったら

カエルがトイレットペーパーに腰掛けている

うんちがいつもと比べて水っぽい状態が続いた時は、以下を確認してください。

・熱がある
・水分が取れているか
・嘔吐はないか
・機嫌はどうか

熱や嘔吐を伴う場合は、何かのウイルスや細菌に感染した可能性があります。特におっぱいやミルクを飲まないなど、水分が取れない時は脱水症状につながり危険ですので、すぐに病院に行ってください。

抗生剤について

薬の錠剤

風邪などで受診して抗生剤を処方された場合、抗生剤の副作用でお腹がゆるくなり、下痢をすることがあります。抗生剤は一度飲み始めたら飲み切るように指導されますが、あまりに下痢が続くようであれば、赤ちゃんも疲れてしまうのでお医者さんに相談したほうがよいでしょう。うちの子達が1歳くらいの赤ちゃんの時に、風邪で抗生剤を処方されたことがありました。ただの風邪で抗生剤必要なの?と思ったのですが、その小児科では赤ちゃんというより、親の都合を考えて処方しているとのことでした。と言うのも、抗生剤が効けば保育園や幼稚園を休む必要がなくなるからということでしたが、何となく納得できず、その小児科を受診するのをやめました。幸い我が家の近所には小児科が5,6軒あったので違う小児科を受診することができました。その小児科の先生はとてもいい先生でした。3分診療と言われる昨今ですが、子供の状態を丁寧に診てくれました。世間話をしながらこちらもリラックスした状態で話ができたので、小さいことでも相談していました。その先生の方針では、小さな子供に余程のことがない限りは、抗生剤は必要ないとのことでした。

理由は、抗生剤は悪い菌をやっつける役割がありますが、同時に良い菌まで殺してしまうためです。特に小さな子供は免疫力がまだ少ないので、抗生剤を使うことで免疫力も弱くなってしまうからです。そのお話を聞いて、私自身あまり抗生剤のことを考えたことがなかったので、そうなんだ・・と考えさせられました。しばらくその小児科を受診していたのですが、ある時行ってみると閉院になっていました。特に理由が書かれていなかったのでどうしたんだろう・・と思っていました。他の小児科を受診した際、受付に見覚えのある看護師さんがいて、その先生のところで働いていた看護師さんでした。話を聞くと先生は亡くなったそうです。とても驚きました。

新しく通うことになった小児科の先生もとてもいい先生でした。その先生も丁寧に子どもを診察してくれて、私が住んでいる市の感染症の状況などの情報も入手しており、いろいろと話をしてくれました。抗生剤についても、こちらの意向を確認して出すか出さないかを決めていました。だいぶ脱線してしまいましたが抗生剤の使用については、お医者さんから話をよく聞いて慎重に考えられた方が良いと思います。

下痢の原因となる病気について

ウイルス

1年考えたら感染症が流行っていない時期がないのではないか?と思うほど、保育園や幼稚園では様々な感染症が流行ることがあります。その代表例として下記の感染症です。いずれもウイルス性の病気になりますが、発症すると下痢や嘔吐につながることがあります。詳しくご紹介しましょう。

ロタウイルス

特に乳幼児に多い急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。最近では、ロタウイルスのワクチン接種できるようになったので、以前よりも感染者は減っているかもしれません。

ノロウイルス

主に二枚貝に含まれていると言われているウイルスです。発症すると下痢・嘔吐のひどい状態になります。感染力が強いので、家族で一人でも発症した場合、部屋を分けたりお風呂にもつからないなど注意が必要です。

アデノウイルス

別名「プール熱」とも言われている夏に流行るウイルスです。発熱、下痢・嘔吐などの症状が現れます。

ウチの子供達も保育園に通っていたので、感染症やいろいろな病気が発症したというお知らせがあると戦々恐々としていた毎日ですが、インフルエンザや麻しん風疹などの一般的な病気しかかかりませんでした。赤ちゃんの時も、ゆるめのうんちはありましたがひどい下痢することなく過ごすことができました。赤ちゃんが下痢かな?と思ったら、下痢以外の赤ちゃんの様子を観察します。特に症状がなければ、しばらく様子を見て続くようであれば、小児科に診てもらうようにすれば良いと思います。

最後に

赤ちゃんが笑いている

赤ちゃんの下痢の原因や対処法、うんちの状態についてのお話でした。息子が生まれた時本当に一時期布オムツをしていたことがありました。おしっこはまだしも、うんちの時はその後の処置が大変で断念してしまいました。特に赤ちゃんの月齢が小さいうちは、うんちの状態がゆるいので、毎日下痢しているんじゃないか?と思うほどでしたが、毎日観察していてこれが普通の状態なんだと思うようになりました。赤ちゃんのお世話を通していろいろな発見や驚きがありますが、毎日観察することで少しずつわかっていくことが多いので、日々のお世話を通してママやパパも学んでいけると思います。
何か困ったことがあれば、周りの先輩ママさんや小児科の先生などに相談されると良いと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。