赤ちゃんの受診 小児科と耳鼻科どちらに行ったらよいの?

赤ちゃんに体調の変化があった時、小児科を受診することが多いですよね。耳や鼻が気になるのであれば、耳鼻科に行くと思いますが、こういうときはどちらがよいの?と迷われている方もいらっしゃると思います。そこで、耳鼻科と小児科の違い、使い分けについて詳しくお話しします。

風邪のときはどちらがよい?

季節の変わり目や冬は、風邪を引いてしまうことが多いですね。特に赤ちゃんが小さいうちは、鼻水で鼻がつまってしまい、苦しそうにしているのを見ると早く何とかしてあげたいと病院を受診される方も多いと思います。耳鼻科の先生曰く、風邪などで鼻水がよくでている時は、耳鼻科に来てくださいとのことです。というのも、鼻がつまることで耳にも影響があり、小さいお子さんは特に中耳炎になっている可能性があるからです。耳鼻科では鼻と耳、両方の状態を診察するので、早期に中耳炎の発見につながります。また、赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻水を吸ってもらうことができます。鼻がつまっていると、口呼吸になり口の中が乾燥してしまうことで、直接ウイルスや細菌が口の中に入ってしまうので、風邪を引きやすくなってしまいます。鼻水がずっと出ている場合は、早めに耳鼻科を受診されるとよいでしょう。

ちなみに、自宅でも市販の鼻水吸い取り器を使えば赤ちゃんの鼻水を吸ってあげることもできます。ただし、強く吸ってしまうと赤ちゃんに負荷がかかるので加減は必要です。お風呂あがりのほうが鼻が柔らかくなっているので吸いやすくなりますよ。うちの子どもたちも赤ちゃんの時に鼻水がつまって苦しそうにしていました。鼻水吸い取り器を買って自分で鼻を吸ってあげていたのですが、なかなか治らず、その時は小児科を受診しました。小児科でも鼻水吸い取り器を置いてある病院だったので、吸ってくれましたが耳のチェックのことを考えると耳鼻科のほうが良かったのかなとも思います。

耳鼻科の特色

「鼻水が出る」、「のどが痛い」、「痰が出る」、「耳が痛い」など鼻、のど、耳の症状が中心なら耳鼻科の受診がおすすめです。他にも、アレルギー性鼻炎についても詳しく検査してもらうことが可能です。

耳鼻科には、鼻水やたんを吸い取る器具や、鼻やのどのはれを和らげる器具が置いてあります。現在うちの子も、蓄膿症でほぼ毎週耳鼻科に通っていて、鼻に薬を噴射する器具で鼻の治療をしているところです。中耳炎の場合、鼓膜の切開などの処置ができるのも耳鼻科の特色ですね。ただし、耳鼻科はもちろん大人も受診します。混雑して、待ち時間が長い場合もあります。小児科のように子供が遊べるスペースや特別な配慮がないところもありますので、お子さんが飽きないように絵本や小さなおもちゃを持参しましょう。また、耳鼻科の先生によっては、小さな子供の対応に慣れておらず(というか普通の対応)、ぶっきらぼうな方もいらっしゃるので、あまり気にせずに。

うちは近所に一つしか耳鼻科がなく、子供を連れて行ったことがあったのですが、話しをじっくり聞くという感じではなく、症状を聞いて処置するだけという、小児科の先生とはちょっと違った印象を受けました。近所に耳鼻科が一つしかないので、先生も短い診療時間でいかに多くの患者さんをさばくかということに注力していたのかなと思います。もちろん先生によって個人差はあると思いますが。

小児科の特色

一方、小児科の特色は何でしょうか。小児科の先生は子供特有の病気や身体全体のことを学んでいます。そのため、子供の病気の症状をいろいろな角度から観察してくれます。また、小児科の先生は聴診器で胸やおなかや背中の音を聴いたり、先生の手で直接触ったり、口や鼻の状態などを確認してくれるので、鼻水や咳の出る感染症などの場合にも小児科の方がいいと思います。小児科の先生は、地域の役所などと連携していて、保育園や幼稚園、小学校の情報も取り入れているので、その時に流行っている病気の情報もしっかり入手しています。

我が家の周辺には、小児科が何軒かありかかりつけの小児科があります。その先生は、診察はもちろんのこと、最近の情報や、抗生物質の必要性、アレルギーに関してなど知識や情報を幅広く持っているので、いろいろと相談することができます。何か疑問があったら質問すれば、丁寧に答えてくれますし、子どもへの対応も丁寧なのでいい先生に出会えて良かったなぁと思っています。というわけで、子どもだけではなく主人も私も家族全員のかかりつけ医となっています。

耳鼻科にしても小児科にしても、先生がどのような方針なのか、子どもに対しての対応はどうかという点は様々です。小児科の方が小児専門なので子どもの扱いは慣れていますよね。どうしても耳鼻科でなければという必要性がない限り、小さいお子さんの場合は特に小児科を受診することの方が多いのかなという印象です。

中耳炎について

中耳炎について少しお話したいと思います。私も小学生の時に中耳炎になったことがあるので、中耳炎にはなじみがあります。中耳炎とは風邪をきっかけに、鼓膜の奥に菌が入ってしまいうみが溜まってしまう症状です。菌は耳の外ではなく、鼻の奥から入ってきます。ちなみにプールやお風呂の水は関係ないそうです。小さい時は風邪をよくひくので、風邪から中耳炎になってしまうことがあります。また、子供の場合、耳の管が大人と比べて太く短く、また傾きも水平に近いので菌が入りやすく中耳炎を起こす可能性が多くなります。中耳炎かなと思ったら早めに耳鼻科を受診して適切な処置を受けましょう。まとめ

まとめ

小児科にするか耳鼻科を受診するかは、お子さんの症状が鼻・のど・耳中心なのか、それ以外なのかを一つのポイントにされると良いと思います。あとは、住んでいる地域によって耳鼻科や小児科の数も異なりますので、受診しやすい場所にあるかというのも一つのポイントですね。もし中耳炎や蓄膿症かも?と思ったら早めに耳鼻科を受診して治療を受けることで、症状改善につながりますので、お子さんの様子を見て決めてください。私の子供も赤ちゃんの頃、耳を気にする仕草をしていて、気になったので念のためと思い、耳鼻科にかかると中耳炎と診断されたことがありました。赤ちゃんは言葉が話せない分、親である私たちが日頃から観察し変化に気がつけるようにしたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。