体調が悪そうな女の人

赤ちゃんの咳 病気とホームケアについて

赤ちゃんと生活している中で、赤ちゃんってよく咳をしていませんか?1ヶ月ぐらい咳が続いたりと、長引くこともよくありますよね。冬場などは特に咳が日常的なものになっており、風邪ひいたのかな?いつになったら咳が落ち着くんだろう?咳き込みが止まらず苦しそうな赤ちゃんを見ると、一刻も早く楽にしてあげたいとママは心配になりますよね。

では今回は、なぜ赤ちゃんはよく咳をするのか、そして咳を伴う赤ちゃんによくある病気と対処法を順にご紹介していきます。

咳が出る仕組みと理由

赤ちゃんの足

まず咳はなぜ出るのかというと、口から肺につながる気道に異物が入った際、その異物を取り除くために身体の反射的に起こるものなのです。咳が出る仕組みを説明すると、咳って喉の奥から出てくるイメージですよね?しかしこの咳という反応の司令塔は、脳の延髄にある呼吸中枢という場所にあり、喉に異物などが入り込むと、その刺激が脳へと伝わっていきます。そしてその反射として咳がでるという仕組みなっているんです。

ばい菌や風邪などのウイルスが気道に入り込んだり、ホコリなどを吸い込むことで気道に異物が侵入します。そうすると気道が炎症を起こします。その気道の炎症が強まることにより、しばらくの間は気道の粘膜が刺激に対して敏感になります。炎症により気道の粘膜が敏感になっているときには、冷たい空気を吸い込むなどといった軽い刺激でもすぐに咳き込んでしまったりしてしまいます。また炎症や強い刺激があると、多量の痰が分泌されます。その分泌された痰は、ばい菌やウイルス、ホコリなどといった異物を絡め取る役割りをするのですが、そのような異物を絡めとった痰がたくさんたまってくると、体外へ排出しようとする反応が起こり、それによっても咳が出ます。

咳を伴う赤ちゃんによくある病気

聴診器

咳は、発熱と並ぶほどよくある赤ちゃんの病気の症状です。咳にも種類があり、コンコンという乾いた咳やゼロゼロ、ヒューヒュー、そしてゴホンゴホンなどといった痰の絡んだ湿った音のする咳があります。このような咳を伴う病気の多くは、ウイルスや細菌感染によるものです。赤ちゃんはよく風邪をひきますが、一般的に普通の風邪であれば、3日から7日で咳がおさまるはずです。しかし長引く咳であったり、睡眠を害する咳、呼吸困難になる咳、ヒューヒューと音が鳴る喘鳴を伴うような咳、そして咳をしたくてもできない喉がゼロゼロとした状態などは、体の中に何かしらの異常や病気であることを示すサインなのです。そこで、このような症状を伴う赤ちゃんによくある病気を順にご紹介していきます。

①肺炎

肺炎とは、ほとんどが風邪や気管支炎などをこじらせたことが原因となり、細菌やウイルスにより肺に炎症を起こします。高熱が続き、粘り気のある痰が出るためゴホゴホという激しい咳が出ます。そしてたくさん分泌される痰が原因で呼吸が苦しくなり、月齢が低い赤ちゃんであれば、呼吸困難を起こす危険があったり、激しい咳により嘔吐を繰り返す場合もあります。

②気管支炎

気管支炎とは、ほとんどが風邪の症状に引き続き発症し、細菌やウイルスが気管支に感染する病気です。発熱とともに、痰の絡んだ激しい咳が出ます。ヒューヒュー、ゼーゼーといった喘息のような苦しそうな呼吸をすることや、夜中に何度も咳で目覚めることもあります。

③RSウイルス感染症

秋から冬頃にかけて流行するウイルスで、呼吸器感染症です。発熱と鼻水から始まり、気管支や肺などの枝分かれして細くなった末端部の細気管支という箇所が炎症を起こします。軽い風邪に似た症状ですむこともあれば、悪化すると、ヒューヒュー、ゼーゼーといった咳がでたり、重症化すると肺炎や細気管支炎などを起こすこともあります。他のウイルスに比べると比較的、咳や鼻水、痰などの症状が強く出ます。そしてこれらが原因で母乳やミルクなどが飲みにくくなるなど、月齢の低い赤ちゃん、特に生後3ヶ月未満の赤ちゃんは重症化しやすいので要注意です。

④百日咳

百日咳とは、百日咳菌を原因とする感染症で、飛沫感染で起こります。最初は普通の風邪とほとんど区別がつかないのですが、激しい咳だけが長期間続きます。やがてコンコンと連続的な短い咳が続いて、息を吸う際にはヒューと音が鳴るというのが百日咳の特徴です。月齢の低い赤ちゃんほど咳の発作が起こると無呼吸になったりと重症化しやすく、生後6カ月未満の赤ちゃんでは死に至る危険性もあり要注意です。

赤ちゃんの咳の対処法

体調が悪そうな女の人

咳の対処法をご紹介する前に、まず痰についての補足を説明しますね。

痰とは気道から分泌される粘液のことなのですが、風邪などをひいて喉や鼻の調子が悪いときなどに、痰が分泌されているイメージがありませんか?実は身体が健康なときにでも日常的に痰は分泌されているんです。健康状態のときに分泌されている痰の量はごく僅かなので、気道の粘膜から再度吸収される場合や無意識のうちに飲み込んでいる場合もあります。また冷気を吸い込んだり、ホコリを吸い込んだりしたしたときの軽い刺激でも痰の分泌は少ないので、そのような場合であれば、コンコンと乾いた咳をして痰をすぐに排出することができればすぐに落ち着くのですが、感染症による痰の分泌は量が多くなります。分泌量の多い痰だと、赤ちゃんは咳をしてもまだ痰を上手く吐き出すことができないため、赤ちゃんは痰が喉にたまった状態が続きます。そうなると呼吸をするたび痰が絡んでしまい、喉がゼロゼロしたり、ゴロゴロするようになり、そのうち咳をしたくてもできないような状態になってしまいます。赤ちゃんは上記のような痰が絡んだゼロゼロした喉の状態になりやすく、この状態も赤ちゃんによく見られる症状の1つです。

これらを踏まえて赤ちゃんが咳をしているときのホームケアのポイントとしては、こまめな水分補給と湿度管理が大切になります。こまめに水分を与えてあげることで、痰の切れが良くなります。上記であった赤ちゃんのゼロゼロしたのどの状態も、水分補給をし、のどの粘膜を潤すことにより、粘り気があって体の外へ中々出てくれなかった痰が、水分によって少し薄まり出やすくなります。そうすれば、咳も少しおさまるでしょう。

そしてのどを潤すとともに、部屋も潤しましょう。加湿器を使用したり、部屋に洗濯物を干すことで湿度を50%から60%以上に保つようにします。直接部屋に霧吹きなどをかけたりするのも有効です。またクッションなどを使って上半身を高くして寝かせてあげます。生後4カ月ごろからは首もしっかりしてきて縦に抱っこしてもぐらつかなくなるので、生後4カ月以降ぐらいの赤ちゃんであれば縦抱きにしてあげることで、気道がまっすぐになり咳が少し楽になるでしょう。鼻水がたまっていると、鼻水がのどにまわり痰として出るだけでなく、鼻水は菌も繁殖し、放っておくのはよくないので、鼻水の吸引器を使い、鼻水もこまめに吸い取ってあげましょう。

まとめ

ママに抱かれている赤ちゃん

1歳を過ぎた赤ちゃんであれば咳をしていても大きな問題になることはほとんどないでしょう。しかし月齢が低い赤ちゃんであれば、軽い咳だろうと軽視していると、日に日に悪化していったり、結果的に重症化しやすい病気にかかっていたり、命に関わる病気だという場合もあります。なので特に月齢が低い赤ちゃんの場合は、咳が出始めたらしっかり経過観察し、軽く考えないようにしてください。呼吸をするたびに痰が絡んでヒューヒューと音がなったり、喉がゼロゼロ、ゴロゴロしていたり、母乳やミルクなどが飲みにくそうなとき、また咳のせいでしっかり眠れていない様子が見られるなど、ちょっとしたサインでも見逃さないことが大事です。赤ちゃんがいつもと違うなということがあるのならば、早めに受診するようにしたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。