赤ちゃんの定期検診 3回の乳幼児健康診査について

赤ちゃんが生まれると、その後、定期的に乳幼児健康診査という検診が行われるのですが、ママはご存知でしょうか?一般的には行政で義務付けられている3-4ヶ月検診、1歳6ヶ月検診、そして3歳検診という3度の乳幼児健康診査が各市区町村で行われています。市区町村の自治体によっては多少違いがあり、6ヶ月検診や10ヶ月検診、1歳検診、そして5歳検診など少し頻回に行う地域もあります。今回は、乳幼児健康診査ではどんなことをするの?などといったママの疑問を、一般的な3回の月齢・年齢別に分けてご紹介していきたいと思います。ご紹介する内容は、地域や自治体によって違いがあるので、あくまでも参考程度に考えてくださいね。

乳幼児健康診査とは

赤ちゃんと大人の手

まずはじめに乳幼児健康診査についてご紹介していきます。乳幼児健康診査とは、赤ちゃんの発育や栄養状態、運動機能の発達状況、また先天性の病気などを含めた健康状態、そして予防接種の状況など、月齢・年齢に沿ったさまざまな項目をチェックするものです。また小児科医や保健師さんと直接話せる機会でもあるので、ママが普段赤ちゃんのことで心配なことや気になっていることなどを相談することもできます。なので、乳幼児健康診査に行く前には、聞きたいことをしっかりメモしておいたり、考えておくと良いですね。

自治体による乳幼児健康診査の検診の内容としては、身体測定、小児科医による検診、保健師さんによる問診、保健師さんや栄養士さんによる指導、育児相談、そして月齢・年齢によっては歯科検診・歯科指導、尿検査や視力・聴力検査などが行われます。また予防接種の接種記録の確認なども行われます。

3-4ヶ月検診

赤ちゃんが寝ている

それではまず3-4ヶ月検診からご紹介していきます。生後3-4ヶ月の赤ちゃんというと、首が座り始め、手足をよく動かすようなります。また目をキョロキョロさせたり、声を出して笑うようになるので、この検診では、首のすわり具合や音に反応するか、あやしたら笑うか、そして目でモノを追うかなどがチェック項目となります。

まず身体測定では、赤ちゃんを綺麗なオムツ1枚の状態にし、身長・頭囲・胸囲、そして体重を測ります。そして小児科医による検診で上記で述べた目の動きや聴力の確認、首のすわり具合の確認に加えて、心音のチェック、股関節脱臼していないかなど股関節の動きのチェックをします。保健師さんや栄養士さんによる指導では、離乳食の説明や始め方、それからBCGの予防接種の話しがあります。
育児相談もあるので、不安なことや聞きたいことはしっかり解消して安心してから帰ると良いですね。

1歳6ヶ月検診

赤ちゃんが笑っている

次に1歳6ヶ月検診についてご紹介していきます。3-4ヶ月検診のときと流れは大体同じなのですが、1歳6ヶ月検診では、身体測定、小児科医による検診、保健師さんや栄養士さんによる指導や育児相談に加え、歯科衛生士さんによる歯科検診・歯科指導が加わります。

1歳6ヶ月検診でのチェック項目としては、小児科医による検診で身体的な発達状況、そして精神的な発達状況の確認があります。具体的には、身体的な面では歩行のチェックがあります。どの程度歩けるようになっているのか、歩き方がおかしくないかなどを確認します。精神的な面では意味のある単語を言えるか、また絵などの指差しによって、言葉や物事の理解度を確認します。そのほかには、赤ちゃんにいくつかの積み木をあたえ、積み木を積み上げることができるかで指先の発達を確認します。

歯科検診と歯科指導が追加

1歳6ヶ月検診では歯科検診・歯科指導が加わりますので、赤ちゃんが日頃使っている歯ブラシの持参を指示されるかと思います。歯科検診では虫歯の有無や噛み合わせのチェックなど、そして歯ブラシ指導などがあります。また希望者にはフッ素の塗布をしてもらえたりもします。赤ちゃんにとって初めての歯科検診という場合も多いかと思われます。怖くて泣き叫び、赤ちゃんが仰け反っている光景はよく見られます。日頃から歯磨きをする習慣をしっかりつけ、慣れておくのが良いですね。

1歳6ヶ月だからといっても、赤ちゃんによって離乳食の進み具合であったり、生えている歯の本数にしても個人差があります。チェック項目にある歩ける程度も、話せる単語数なども含め、この時期の赤ちゃんの成長には個人差が大きいので、心配なことなどがあれば、この検診で気軽に相談しましょう。

3歳検診

赤ちゃんがママに抱かれている

それでは最後に3歳検診についてご紹介していきます。3歳検診では、1歳6ヶ月検診と同じような流れで身体測定、小児科医による検診、保健師さんや栄養士さんによる指導や育児相談、歯科衛生士さんによる歯科検診・歯科指導があり、それに加えて尿検査、視力検査、聴力検査が加わります。3歳検診の時期が迫ってくると、自治体より採尿セット、視力・聴力の検査キットが入った3歳検診の案内が届くので、検診までに、そこに入っているものを使って準備する必要があります。

尿検査が追加

今回検査項目に加わる尿検査ですが、検尿は初めてだけど大丈夫かな?トイトレ中だけど、どうやって検尿すればいいの?と悩むママもいるのではないでしょうか。そんな場合は気軽に自治体に相談してみましょう。相談してみると、オムツで採尿ができる専用キットなどがもらえる場合もあります。この尿検査では、タンパク尿や血尿の数値で腎臓の病気のチェックをします。

3歳検診でのチェック項目としては、自分の名前や年齢が答えられるか、また二語文を話すことができるかなど言語能力のチェック、そして自分で着替えができるか、ジャンプはできるか、片足立ちはできるかなどの運動能力のチェックがあります。

まとめ

カルテと医療器具

3-4ヶ月検診、1歳6ヶ月検診、3歳検診についてざっと説明しましたが、市区町村や自治体によって異なるので、気になることやわからないことがあれば気軽に自治体に相談してみましょう。自治体による乳幼児健康診査は、赤ちゃんが順調に、健康に、問題なく育っているのかを確認できる大事な機会です。またママが抱く育児の不安や悩みを解消できる場でもあるので、この乳幼児健康診査を大いに活用しましょう。検診が迫るとお家に検診の案内が届くので、なくなさいようにし、きちんと乳幼児健康診査を受けてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。