赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんの室温は何度が理想?季節別で最適な室温のご紹介

体温は赤ちゃんの健康バロメーターです。体温調整がコントロールできない赤ちゃんは、ちょっとしたことで体調を崩してしまいます。それは室内にいても同じことです。何度が赤ちゃんにとって理想な温度なんだろう?と悩むお母さんは少なくないと思います。そこで今回は赤ちゃんにとっての理想の室温を季節別にまとめてみました!

なぜ赤ちゃんの室温管理が必要なのか?

赤ちゃんが笑っている

大人だけで生活をしていると室温なんて気にしませんよね。私も気にしたことがありませんでした。ですが、赤ちゃんにとっては大切なことです。なぜかというと、赤ちゃんは体温調節がコントロールできないからです!コントロールできないため、お母さんが赤ちゃんが快適に過ごせる室温管理をしてあげなければなりません。

中でもねんね期〜ハイハイするまでの期間は重要になります!寝ているから大丈夫ではなく、寝ているからこそ注意してあげなければなりません。手足だけバタバタさせてもやはり動く量は少ないです。床で寝かせていたら風が当たりすぎたり、当たってこなかったりします。当然ですが、当たりすぎてしまうと体温は下がってしまい、当たってこないと体温は上がってしまいます。

上の子がまだ小さかったとき、私が入院して旦那に子供のことをお願いしたことがありました。季節は夏だったのでエアコンをつけて寝かせていたのですが、タオルをかけなかったせいでお腹を冷やし風邪をひいてしまいました。これからは冷やさせないようにタオルかけてね!と言いました。大人感覚ではこれだけでは風邪はひきませんが、子どもはひいてしまきます。赤ちゃん自身、服を脱いだり、着たり、布団をかけたりできたらいいんですけどね…(笑)自分自身のことさえ分からない赤ちゃんには無理なので、お母さんがしっかり管理してあげてくださいね(^^)

赤ちゃんの室温管理をするには何でチェックすればいいの?

パパとママと赤ちゃんが寝ている

室温管理をするうえでポイントになってくるのが、赤ちゃんの体温になります。体温計で測ればいいのでは?と思いますが、毎回毎回測っていては大変です^^;そのため、赤ちゃんの体を触ってチェックしましょう!触るところが2つあります!

手足の温度をチェック

まず、ひとつめが手足です。手足は身体の中で一番出ているため、目安になります。

手足が冷たくひんやりしている場合
体温が下がっているため、室温が赤ちゃんにとっては寒いということになります。

手足が熱く汗をかいている場合
体温があがっているためあ、室温が赤ちゃんにとっては暑いということになります。

胴体の温度をチェック

ふたつめが胴体になります。手足では分からない、身体の中心部分の体温もわかるため、胴体も一緒にチェックするようにしましょう!手足は熱いけど、お腹が冷えている場合お腹が冷えている場合は腹巻をしてあげたり、布団をかけてあげたりしましょう!

手足は冷たいけど、背中は汗びっしょりしている場合
服を着替えさせたり、シーツを替えたりして快適に過ごせるようにしてあげましょう!

寝ていると背中側はお布団と面してますので、どうしても見落としてがちになります。よくあるのが、抱き上げたときに分かったりしますよね^^;汗をかいてそのまま放っておくと体温が下がったり、あせもの原因になってしまいます(・_・;寝返りが打てない赤ちゃんはオムツ替えのときや寝て起きたとき、機嫌に遊んでいるときに背中をチェックしてあげてください!

快適な室温は何度?季節別に紹介!

赤ちゃんの足

赤ちゃんの快適な室温は18〜28℃と言われています。湿度は40〜60%と言われています。この室温と湿度を維持してあげると赤ちゃんは快適に過ごすことができます(^^)では、つぎに季節別に見ていきましょう!

春と秋の室温

春と秋の室温は18〜28℃くらいと言われています。春や秋は大人も過ごしやすい温度であるため、赤ちゃんも同じように過ごしやすい温度です。特別なにもしなくても上記の室温が保てますので、そのままで大丈夫です(^^)ですが、気をつけなければならない点もあります。昼間と夜の気温差が激しいのは春と秋の季節になりますので、昼と夜の服装を変えたり、寝るときも昼間はタオルケット1枚、夜はタオルケットをもう1枚追加したり、厚手のものに変えたりして体温調節してあげてください!湿度に関しても何もしてくても大丈夫です。ただし、花粉が飛んでいる時期は乾燥するときもありますので、加湿をするのをお忘れなく!

夏の室温

夏の室温は25〜28℃くらいと言われています。夏は気温が30℃以上になってしまいますので、エアコンをうまく活用しましょう!と言っても室温25℃は正直寒すぎます(・_・;夏なのに春と変わらない服装をさせるのもどうかなと思います…28℃や29℃くらいが私的にはちょうどいいと思います◎一見それは暑いのでは?と思っちゃう室温と思いますが、なかなか快適に過ごせますよ(^^)暑い思えば、扇風機を使って風を循環させてあげるといいです♪

エアコンや扇風機を使う際に気をつけてほしいポイントがあります。風向きを気をつけてください!赤ちゃんのいる方向に風向きを合わせると当たりすぎて、体を冷やす原因になりますので、風向きは自動にしておくといいです。自動にすることで部屋全体に風を行き渡らせることができますしね!

冬の室温

冬の室温は18〜22℃くらいと言われています。冬は窓を閉めていても室温は低いので、温度計を見て20℃以下である場合はしっかり部屋を暖めてあげてください。暖房器具で一番使われるのがエアコンになりますが、夏のところでもお話ししましたが、風向きに気をつけてくださいね!冬場ならではの困りごとも発生していきます。それが乾燥です。肌が乾燥するだけでなく、ウイルスが活動しやすくなってしまいますので、加湿器をつけたり、部屋で洗濯物を干したりと乾燥しないように工夫してあげてください!

我が家の冬場はこたつがメインです。寒かったら、こたつに入れてあげたりしています(^^)乾燥もしにくく、自分で動けない月齢の子には最適な場所ではないかなと勝手に思っています(笑)熱すぎると汗をかきますので、ほんのり温かい温度になるよう設定しています。

まとめ

赤ちゃんが寝ている

いかがでしたか?赤ちゃんが快適に過ごせることはとても大切ことです。体温が上がったり下がったりしすぎると、赤ちゃん自身しんどくなってしまいます。そのためには大人の力が何より必要になってきます!普段から赤ちゃんの体温を気にしつつ、お世話をしてあげると何か起こったときに瞬時に判断がつくようになります(^^)スキンシップをするかのように室温管理をしてあげてくださいね♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。