赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんの布団選び どんな羽毛布団を選べばよい?

赤ちゃんの布団選びにお悩みのプレママさんも多いことでしょう。特にねんねの赤ちゃんは1日の大半をお布団で過ごすので、身長にお布団選びをしたいですよね。羽毛布団が良いのか普通の綿わたの布団が良いのかあれこれ迷ってしまいますよね。そこで今回はこれから生まれてくる赤ちゃんのために、快適なお布団選びについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの布団の種類

赤ちゃんが寝ている

まず、赤ちゃんの布団にはどのような種類があるのでしょうか。大人と同様に、綿や羽毛布団があります。それぞれの特徴をご紹介します

綿の布団

綿の布団は、吸収性がありますので汗っかきの赤ちゃんにはちょうど良いですね。ただ、吸収性が良い分湿気もたまりやすいので、こまめに干す必要があります。また、羽毛布団に比べると重たいので、かけ布団はなるべく軽めのものを選んであげたほうがよいかもしれません。綿の中でも、オーガニックコットンを使用している布団もありますので、こだわり派のママにはいいですね。

我が家は、実家からお祝いにお布団をもらったのですが、中綿がポリエステルの布団でした。フローリングに直接敷いていたため、お布団の後ろがカビが生えてしまったので、カーペットや何か一枚布を敷いたほうが良かったようです。こまめに干していたのですが、湿気が溜まりやすくなっていたみたいですね。

羽毛布団

羽毛布団はフワフワと軽く暖かいですよね。最近では、まるごと洗える羽毛布団もあるので、汚れたら洗うことができるので安心ですね。ただ、羽毛布団は軽い分、動きやすいので赤ちゃんのお顔にかかりやすいので、顔にかからないように注意が必要です。また、羽毛の種類によってはアレルギーのある赤ちゃんには合わない場合もあります。羽毛が外にでないようカバーをしっかりと閉めましょう。

羊毛布団

羊毛布団も綿布団同様、吸収性があり汗っかきの赤ちゃんには快適です。何より自然素材というのがいいですね。吸収性だけではなく放湿性もあるので、一石二鳥ですね。

赤ちゃんと布団を分けたほうがいい理由

赤ちゃんの足

そもそもなぜ赤ちゃんと布団を分けたほうがよいのでしょうか。主な理由は、前述のとおり赤ちゃんは1日の大半をお布団で過ごします。お布団に寝たままオムツがえや着替えをすることもよくありますよね。オムツ替えのときにおしっこが布団に漏れてしまうこともあります。また、赤ちゃんは汗っかきなので、お布団も湿りやすい状態になってしまうので、こまめに布団を干したり、時には丸洗いしたりということも必要です。

大人と一緒の布団だと、大人の布団を干したり洗ったりというのはなかなか頻繁にはできないですよね。赤ちゃん専用の布団があれば、サイズも小さく軽いので簡単に干したり、洗ったりすることができます。お布団のカバーも小さいので洗濯もまだ楽ですよね。

また、赤ちゃんはとても寝相が悪いです。特に、寝がえりができるようになると、身体をころころと動かしお布団からはみ出ているなんてこともあります。もちろん個人差はありますが、その状態は幼児期まで続きます。我が家では、二人とも寝相が悪く、たいてい朝には身体が180度違う方を向いていたり、掛布団がかかっていないこともよくあります。

というわけで、大人と一緒の布団で寝るとおそらく、ママやパパはぐっすりと寝ることができないでしょう。夜中の授乳などで同じ布団に寝ることもあるかもしれませんが、できれば赤ちゃんはベビーベッドか赤ちゃん専用の布団に寝かせて、授乳の時だけママが移動して授乳したほうがよいと思います。大人の布団の真横に赤ちゃん用の布団を敷いておけば、それほど大変ではないですよね。

うちの子供達が赤ちゃんの時は、大人の布団の横に赤ちゃん用の布団を敷いておき、夜中泣いたり目が覚めたら、添い寝しながら授乳していました。あまり良くないのかもしれませんが、自分も睡魔には勝てずおっぱいをあげながら寝てしまったこともよくありました。朝起きたら、自分の胸がそのままむきだしになっていたこともありましたね。

下の娘は、小学校に上がるまで私と一緒の布団で寝ていました。身体がまだ小さいので同じ布団で寝ても狭くはないのですが、寝相が悪くよく蹴られて起きていました。また、寝ている間に動くので、布団がお互いかかっていないことがありお布団を分けることにしました。と言っても、私の横に大人用の布団を敷いているので、結局私の布団に来てしまうこともありますので、かけ布団を子供と私とそれぞれかけて寝るようにしました。冬は、子供のぬくもりが温かくて気持ちいいんですけどね。話が脱線してしまいましたが、赤ちゃんとはお布団を分けたほうが赤ちゃんのためにもママのためにも良いと思います。

季節にあわせた赤ちゃんのかけ布団の選び方

赤ちゃんが寝ている

敷き布団は基本的には同じですが、かけ布団は季節によってかけるものを替えてあげます。春秋は、肌寒いこともありますが、汗っかきの赤ちゃんにはあまり暑くなりすぎないように、かけ布団1枚で十分です。冬でも室内が寒すぎない限りは、かけ布団だけで大丈夫です。もし気になる方は、布団の上から綿毛布をかけてあげましょう。夏は、タオルケット1枚で大丈夫です。赤ちゃん用のタオルケットがなければ、大きめのバスタオルでも十分ですよ。お昼寝の際も同様ですね。

かけ布団は特に赤ちゃんのお顔にかからないように大人が注意します。赤ちゃんは寝ている間でも結構動くので、いつのまにか布団が顔にかかっているなんてこともあるんですよね。夏は、お腹にかけてあげるだけでも良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんの布団選びのご紹介でした。大切な我が子だからこそ、布団選びもこだわりたいですよね。ただ、赤ちゃん用の布団を使用するのは短い時期なので、それほどこだわり過ぎなくてもいいのかな?という気もします。結局、我が家では実家からもらった布団にカビが生えてしまったので、お布団を買いなおしました。自分の管理が悪かったので、もっとこまめに干したり洗濯したりすればよかったなぁと思いました。お布団の扱いって難しいですよね。デパートやベビー用品を扱っているお店などでベビー布団が売られていますので、直接手にとって赤ちゃんに快適な布団を選んでくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。