赤ちゃんの急な発熱でも慌てないための基本的な知識

赤ちゃんが初めて熱を出したり、急な高熱を出したりすると、とても心配で慌ててしまいますよね。
なんとなくの知識はあっても、昔と現在ではケアの方法が違っていたり、いざとなるとどうしたら良いのか迷ってしまうこともあると思います。この記事では、そんなときに落ちついて対応ができるように、受診の目安やホームケアの方法についてご紹介していきます。

赤ちゃんの何度から発熱なの?

赤ちゃんが寝ている

一般的には、37.5℃以上を発熱、38.5℃以上を高熱とします。大人の場合は37℃を越えれば発熱と考えますが、乳幼児は体温が高く、平均で36.5〜37.5℃くらいが正常の体温です。但し、体温は1日の間で変動があり、午前は低く午後は高めになるのが通常です。気温の影響もあるため、その時々で体温は異なります。午前中は36℃台でも午後になると37℃を超えることはよくあることです。よって、子どもの平熱を知るには、午前と午後で計測することが必要になります。平熱を把握することで、微熱なのか高熱なのかの判断がつくので、定期的に計測してみましょう。

なぜ熱が出るの?

赤ちゃんが泣いている

発熱は、体内に何かしらの病原体が入り込んだときに、その病原体をやっつける役目の白血球を活性化させるために体温を上げていることが原因です。つまり、発熱することは体が病気を治そうとする正常な反応なのです。よって、熱が出たらすぐに解熱させなければいけない訳ではありません。ただし、あまりにも高熱で水分も取れないようなぐったりした状況の場合は、解熱剤を使う必要がある場合もあります。詳しくは次の受診の目安を参考にして下さい。

受診の目安

病院のカルテ

《受診が必要な症状》
・意識がない、朦朧としている(呼びかけに対して反応が悪い、反応がない)
・顔色が悪い
・痙攣している(★下記に熱性けいれんについて詳しくご説明します。)
・母乳やミルクを飲まない(水分がとれない)

これらの症状がある場合は、すぐに医療機関を受診してください。熱があっても機嫌が良く、周りに興味を示したり顔色も良い状態であれば、ひとまず様子を見てホームケアをしてあげましょう。

※ただし、生後3か月未満の発熱は、強い病原体が原因であることがあるため、症状に関わらず医療機関を受診してください。

熱が出た時のホームケア

赤ちゃんがうつ伏せになっている

・手足が冷たく、震えがある場合は熱が上がっている最中でなので、温かい服装をして温めてあげましょう。ただし、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、厚着をしすぎたり毛布などをかけすぎると、かえって熱が下がりにくくなってしまうため注意してください。熱があがりきると手足は暖かくなるので、手足を触って確認し、熱がこもらないように薄着にしてください。

・高熱の場合は、氷嚢や水枕を「首回り、脇の下、股の付け根」にあてて冷やしてあげると楽になります。昔はおでこを冷やすのが主流でしたが、現在はおでこを冷やすことにほとんど効果はないとされています。

・外出や入浴はせず、できるだけ安静にして体力を消耗しないようにしましょう。

・安心して眠れる環境をつくり、睡眠を十分にとりましょう。

・こまめに水分の補給をし、脱水症にならないよう注意しましょう。(赤ちゃん用のイオン飲料などが好ましいですが、飲めない場合は好きな飲み物をあげて下さい。だだし、下痢の症状がある場合は、牛乳などの乳飲料は避けましょう。)

熱性けいれん

ママが赤ちゃんにキスしている

生後6カ月〜5歳頃の乳幼児が発熱(通常は38℃以上)に伴って意識障害やけいれん発作を引き起こすことを熱性けいれんと呼びます。発熱で急激に体温が上がっているときに起こりやすく、日本ではおよそ8%の乳幼児に見られます。30%程度の子どもは再び繰り返しますが、ほとんどの場合、6歳を超える頃には完全に起こすことはなくなります。熱性けいれんを起こすと、突然意識がなくなり、白目を向いて身体が硬直したり、手足を震わせ顔色が悪くなります。しかしほとんどの場合は5分以内に自然とおさまってきます。慌ててしまうのは仕方ありませんが、落ち着いて対応することが大事です。

《けいれんを起こした時の対応》

・吐いた物が喉に詰まることを防ぐため、衣服を緩めて横向きに寝かせる。
・けいれんが何分続いているかだいたいの時間を把握する
・発作中の様子を確認する(けいれんは身体の左右両方か片方だけか、目の向きなど)
※5分以上けいれんが続く場合は、救急車を呼んで下さい。

5分以内に発作がおさまったら、意識がきちんと戻っているか確認してください。そのまま眠ってしまうこともありますが、その場合は、体の力が抜けて呼吸が落ち着いているか確認しましょう。目覚めてから、?呼びかけにいつも通りの反応が返ってきて視線が合えば大丈夫です。稀に急性脳症や髄膜炎などの病気が原因であったり、短時間で反復することがあるため、救急外来を受診しましょう。熱性けいれんを繰り返しやすい場合は、けいれん予防やけいれん止めとして座薬が使われています。37.5〜38℃を超える発熱があったときに予防的に使用します。子どもがけいれんを起こすとパニックになってしまいますが、その場で死亡することはないので、なるべく冷静に対応できるよう頭に入れておきましょう。

おわりに

ママが赤ちゃんにキスしている

赤ちゃんは体温の調節機能が未発達なので、室温が高かったり、衣服の着せすぎでも熱をだしやすくなります。暑いかなと感じたら、室内の換気をしたり、1枚脱がせて調節してあげましょう。夏は冷房が活躍しますが、赤ちゃんに直接風が当たらないように注意が必要です。大人に比べて赤ちゃんはすぐに発熱しやすく、始まりが同じ熱でも様々な病気があります。大切なのは、熱以外の症状があるか、どんな症状があるのかをよく観察することです。急な発熱でも慌てないように、水枕やイオン飲料などは常備しておくと安心ですね。医療機関を受診するべきか、自宅で様子を見るのか判断に迷うときは、いつも通りで機嫌が良いか、ずっと機嫌が悪く愚図っているかも大きな判断基準になります。発熱している中、無理に病院へ外出することがかえって赤ちゃんの負担になることもあるので、落ち着いて様子を見てあげましょう。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。