赤ちゃんがお座りしている

赤ちゃんの成長に合わせた服選びのポイント

コンビ肌着にボディ肌着、カバーオールにツーウェイオール…赤ちゃんの服って聞いたことない名前の服の種類がたくさんありますよね。赤ちゃんには、どんな服を着せたらいいの?と、新米ママなら悩んでしまうかもしれませんね。ざっくり赤ちゃんの服装といっても月齢によって上下繋がっている服がよかったり、トップスとボトムスの上下が分かれてる服がよかったり、また季節によっても服装が変わってきます。寒い時期なら風邪をひかさまいと、赤ちゃんの服を何枚も重ね着し過ぎて、赤ちゃんは汗をかいてしまった、などもよくありますね。そこで今回は赤ちゃんの服装について、成長に合わせた服選びのポイントなどをご紹介していきます。

赤ちゃんの服の種類

ドレスを着ている赤ちゃん

赤ちゃんの基本的な服装としては、肌着、ウエア、そして帽子や靴下やおくるみなどの小物類に分けられます。肌着、ウエアにはそれぞれ種類があるので、順にご紹介していきますね。まず肌着には、短肌着・長肌着・コンビ肌着・ボディ肌着があり、以下の通りです。

短肌着

着物のような形でお腹が隠れる程度の長さです。股下が開いているのでおむつ替えしやすいのが特徴です。服装の一番内側に着せる、汗を吸い取ってくれる肌着です。

長肌着

短肌着の上に重ねて着せます。短肌着と同じ形で長さだけが違い、長肌着は足がすっぽり隠れる長さなのが特徴です。長肌着はおむつを頻繁に替える時期には大活躍ですが、赤ちゃんの足の動きが大きくなるとはだけやすいので活躍する期間は短めです。

コンビ肌着

短肌着の上に重ねて着せます。前びらきで足先まであり、足先は分かれていて、裾の内側はボタンでとめるような作りになっているのが特徴です。足の動きが大きくなった赤ちゃんでもはだけにくいです。裾はボタンで止めるだけなのでおむつ替えもしやすいので、長肌着を購入せずに最初からコンビ肌着を使うのも良いでしょう。

ボディ肌着

股下をボタンで止め、お腹が出ないのが特徴です。たくさん動いてもズレず、また夏にはボディ肌着1枚でウエア代わりにもなります。首が座ってお座りができるまでは前びらきができるボディ肌着を、お座りができるようになれば頭からかぶるタイプのボディ肌着を選ぶと良いでしょう。

次はウエアについてご紹介していきます。ウエアには、ベビードレス・カバーオール・ツーウェイドレス・セパレートがあります。

ベビードレス

前びらきで、足先まですっぽり隠れるワンピースのような服で、裾は開いているのでおむつ替えしやすいのが特徴です。新生児ドレスとも呼ばれ、産まれたばかりの赤ちゃんが着るウエアです。

カバーオール

片足ずつ分けて包み込む形のズボン型の上下つなぎです。前びらきや頭からかぶるタイプ、全部ボタンで止めるタイプであったり、首から足先までジッパーになっているもの、また靴下も一貫しているような足先まで包み込むタイプなど様々な種類があります。ボタンの場合はおむつ替えの際、たくさん止めなければならないので少し面倒かもしれません。対してジッパータイプはおむつ替えの際、とても楽でオススメです。

ツーウェイドレス

股下のボタンの止め方によってドレス型にもスボン型にもなる、2wayの着方ができるウエアです。産まれたばかりの新生児期にはドレス型で使用し、足の動きが活発になってきたらズボン型にして使用できるので、長い期間着ることができます。

セパレート

トップスとボトムスが別々に分かれたベビー服のことです。お腹が出やすくなってしまうので、肌着は上下繋がったものを着せると良いでしょう。

生後から3ヶ月程度の赤ちゃん

赤ちゃんが寝ている

では赤ちゃんの成長に合わせた服選びポイントをご紹介していきます。生後まもなくから3ヶ月ごろの赤ちゃんというと、ねんねが基本の時期ですね。3ヶ月ごろには首が徐々に座ってきたり、またこの時期の赤ちゃんはおむつを替える回数が多いことも特徴の1つです。これらを踏まえ、この時期の赤ちゃんの服装選びのポイントとしては、ねんねのままでも着せやすい前びらきの服、そしておむつを替えやすい股が開いている、または開けやすい服を選ぶことです。

【例】短肌着 + 長肌着 or コンビ肌着 + ドレスオール or ツーウェイオール

生後3ヶ月から8ヶ月程度の赤ちゃん

赤ちゃんが笑っている

ねんねが基本だった赤ちゃんが徐々に動き出し、生後6ヶ月ごろには寝返りをマスターし、1人でお座りができる子も出てきます。8ヶ月ごろにはハイハイをする子もいるほど動きが活発になっていく時期ですね。これらを踏まえ、この時期の赤ちゃんの服装選びのポイントとしては、お座りができるようになれば頭からかぶるタイプの服を選ぶと楽です。そして足の動きが活発なのではだけにくい服を選ぶようにしましょう。

 

【例】短肌着 + コンビ肌着 or ボディ肌着 + カバーオール or ツーウェイオール

生後8ヶ月から1歳程度の赤ちゃん

赤ちゃんがお座りしている

ハイハイやつかまり立ちができるようになり、1歳には1人で歩ける子もいるほど、より動きが活発になってくる時期です。この時期の赤ちゃんの服装選びのポイントとしては、活発に動く赤ちゃんの動きの邪魔をしない服を選ぶことです。上下繋がった服だと突っ張ってしまうこともあるので、この時期から上下分かれたセパレートの服に切り替えていくのも良いでしょう。

 

【例】ボディ肌着 or 肌着 + カバーオール or セパレートの服

まとめ

赤ちゃんの後ろ姿

服選びのポイントをざっとご紹介しましたが、赤ちゃんの服装としては、汗を吸い取るための短肌着の上に長肌着またはコンビ肌着を着せ、最後にその上からウエアを着せるのが基本的な形です。そして月齢や赤ちゃんの成長に合わせてウエアのタイプを選ぶと共に、季節や温度によって服の生地を工夫したり小物類を取り入れまょう。例えば、夏服なら薄手のフライスやガーゼ生地の肌着にしたり、冬服なら保温性に優れた厚手のフライスやニット生地などの肌着を着せます。また赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、服を着せ過ぎれば赤ちゃんはすぐに熱くなったり汗をかいてしまいます。なので赤ちゃんの基本的な服装の形からプラスαで、おくるみやアウター、帽子などの小物を取り入れることで体温調節しやすくしましょう。そして汗をかいたらすぐに着替えてさせてあげることも心掛けてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。