ママが赤ちゃんを抱き上げている

赤ちゃんの抱き方のコツと注意点とは?抱き癖は大丈夫?

生まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃ。新米のママさんやパパさんにとって、抱っこが恐怖…なんて思ってしまう人も少なくありません。おまけに体のあちこちに変に力が入り、抱っこもぎこちない。その影響で赤ちゃんも居心地が悪く泣いちゃう…なんてことも。そこで今回は赤ちゃんの抱き方について見ていきましょう!赤ちゃんとの最高な時間になるよう、ぜひ参考にしてみてください(^^)

赤ちゃんの抱き方はどんなのがあるの?コツと注意点は?

パパとママが赤ちゃんを抱きながら笑っている

抱っこは赤ちゃんのお世話をするうえでは必要なことです。主な抱き方は「横抱き」と「縦抱き」です。

首が座るまで抱き方「横抱き」

生まれたての赤ちゃんを抱くときはこの抱き方ですよね。首が座るまではこの抱き方がほとんどになります。

では、やり方を説明します!
・赤ちゃんの頭と首の間に手を入れ、手のひら全体でしっかり支えます。
・股の間から手を入れて、背中からお尻にかけしっかり支えます。
・その状態でゆっくり赤ちゃんの体を持ち上げます。
・持ち上げたら、頭を支えている手をスライドさせ腕で頭と首を支えます。
・ママの体と赤ちゃんの体が密着するようにグッと引き寄せます。

これが横抱きのやり方になります。コツは「しっかり支える」と「密着させる」ことです。横抱きだと手だけになってしまいがちになり、しっかり支えるということを忘れてしまい不安定になってしまいます。また、しっかり支えることを意識しすぎると今度は密着させず腕だけで赤ちゃんを抱いてしまいます。密着させることはとても大切です。密着させることで、ママの鼓動やお乳の匂いを赤ちゃんは感じたり匂ったりして安心感を感じます。ママ自身も赤ちゃんと密着することで幸せを感じます(^^)

もちろん注意点もあります。手首だけで頭を支えてしまうと腱鞘炎になるもとです。馴れていないとどうしても力が入ったり、ついつい手首で支えがちになります。頭は体の中でも重い部位になりますので、手首だけの力ではあまりにも負担をかけすぎになります。そのあたりを注意しつつ、しっかり体を支えて密着させてください♪

ゲップ出しや首が座ってからの抱き方「縦抱き」

授乳が終わったあとや首が座ってからの抱き方はこちらが主になります!首が座ってからの縦抱きはまだしも、新生児期の縦抱きは過酷ですよね^^;バランスを崩すとうなだれるように倒れてしまいますので、抱く方を気が気じゃないですよね…ですが、やり方さえマスターすれば大丈夫です!

では、やり方を説明します。
・赤ちゃんの両脇の下から親指以外の指を入れます。
・頭と首を支えながら包み込むように持ち上げ、ママのほうに引き寄せます。
・片方の手をスライドさせて腕に座らせるように赤ちゃんのお尻を支えます。
・もう片方の手で頭と首の間をしっかり支えます。赤ちゃんの顔はママの肩のあたりにくるようにしてください。

これが縦抱きのやり方になります。コツは縦抱きと同じように「しっかり支える」ことです。縦抱きは立って抱いたりするためしっかり赤ちゃんを支えないと大事故につながる恐れがあります。それ以外に首の座っていない赤ちゃんは体ごと倒れてきます。一見簡単そうに見えますが、横抱きより縦抱きは難易度が高くなります。ですが、早いうちから縦抱きになれておくと首が座ってから楽に抱くことができます◎縦抱きの注意点は急いで持ち上げることです。勢い余って急いで持ち上げると赤ちゃんはビックリします^^;なので、持ち上げるときは「持ち上げるよ」と声かけしてから、ゆっくり持ち上げましょう!ママさんもいきなり持ち上げられるとビックリしますよね?それと同じです。声かけてゆっくり持ち上げ、そしてしっかり支えてあげてください!

中には横抱きを嫌がり、縦抱きしか受け付けない子もいます。ちなみに我が子二人とも横抱きが嫌いで縦抱きばかりでした(笑)二人目のときは馴れていたので良かったのですが、一人目のときはもう大変でした。おかげで体は毎日バキバキでした(笑)

いっぱい抱きたいけど、やっぱり抱き癖ってついちゃうの?

赤ちゃんが抱かれている

結論から言いますと…抱き癖はつきません!安心してください(^^)抱き癖は大人が勝手に作った言葉です。泣いた子どもを抱くと時間を取られ、用事が進まないという大人の都合で生まれただけです。たしかに抱くとすべてのことがストップしますが、抱くのと抱き癖がつくのは別かなと個人的に思います^^;それに泣いたままでは可哀想ですからね…抱くことは一種のコミニュケーションであり、スキンシップです(^^)抱いてもらうことで赤ちゃんは安心感を得られます。スキンシップをたくさんしたほうが赤ちゃんの表情も違ってきます。

そして、赤ちゃんは泣くことが仕事です。泣いたら気にせず抱っこしてあげてください!「泣いたら抱っこしてもらえる」と理解したとしても発達にはなんら関係ありません。周りの人に抱き癖つくと言われ、嫌な思いをしたとしても抱けるときなんて一時しかありません!赤ちゃんの時期を思う存分楽しんでください(^^)ただ、抱っこすると用事もストップしますがそれも良い思い出ですよ!私も泣いていたときに「抱き癖がつくから泣かせときなさい」と言われたことがありますが、関係なく抱っこしていました(笑)今ではとても表情豊かな子に育っています♪

抱く前にしておくこととしてはいけないこと

子供が赤ちゃんを抱きながらキスしている

泣いたら抱く

それでもいいのですが、泣いても解決しないことがあります。なので、なんで泣いているのかと少し観察することも大切です。観察することで赤ちゃんが何を要求しているのかわかるため、それに応えることができます◎赤ちゃんは抱いてもらうと一時的に安心して泣き止みますが、問題が解決しない限りは再び泣いてしまいます^^;これも大事ですが、タバコを吸うパパさん!タバコを赤ちゃんの前で吸うのはご法度ですが、タバコを吸った後もじつは気をつけなければなりません。タバコを吸った後の30分間は赤ちゃんの前でタバコを吸った状況と同じです。くれぐれもタバコを吸った後は服を替えるか赤ちゃんを抱いたあとにタバコを吸うかにしましょう。

まとめ

ママが赤ちゃんを抱き上げている

いかがでしたか?抱き方も最初はぎこちなくても抱けば抱くほど馴れてきます!心配しなくても大丈夫ですよ(^^)ですが、あまり無理をすると体に支障をきたしますので、抱っこ紐をうまく利用するといいですよ!いっぱい愛情を持って抱いてあげてください♪親子のふれあいを楽しんでくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。