赤ちゃんの歯並びが心配 5つの原因と対処法について

赤ちゃんの前歯が生えてきたなぁと思ったら、ん?もしかして出っ歯かなと心配になっている方もいらっしゃると思います。歯は一生ものなので、赤ちゃんのうちからしっかりとケアーして歯並びをよくしてあげたいですよね。そこで今回は、歯並びがどうして悪くなるのか、どうしたら歯並びをよくできるのかについて調べてみましたので、ご紹介します。

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因はいくつか考えられます。

①遺伝

出っ歯や歯並びは遺伝が影響している可能性があります。お父さんお母さんのあごの骨格が大きかったり小さかったりすることで、お子さんの骨格も決まってきます。遺伝の場合は、矯正する方法があると思いますので、乳歯が生えそったら矯正専門の歯科で相談してみてください。

②あごの発達がよくない

咀嚼することであごの発達がよくなりますが、近年では食べ物や生活習慣の変化に伴い、咀嚼することが減ってきています。大人もそうですね。小さいうちからなるべく固いものを食べさせたり、噛むくせをつけることであごの発達につながりますので、大人が注意してあげましょう。

③普段の姿勢が影響している

頬杖をついたり、女の子座り(おしりをつけて両足を曲げている状態)をすることで姿勢が悪くなり、歯並びに影響しているという説があります。歯並びだけではなく、普段の姿勢が悪いことで体の不調につながることもありますので、お子さんが姿勢が悪い時には注意してあげると良いと思います。

④むし歯

むし歯にならないように予防することが一番ですが、もしむし歯かな?と思ったら、早めに歯医者さんで治療を受けましょう。

⑤指しゃぶり

指しゃぶりをすると歯並びが悪くなると言われていますが、2歳くらいの赤ちゃんのうちであれば問題ないようです。赤ちゃんは、指しゃぶりをすることで物を噛む感覚を確かめているそうです。3歳近くになっても指しゃぶりが続いているようであれば、癖になってしまっている可能性があるので気をつけていきましょう。

歯並びをよくするための対処法

歯が生え始めの場合は、まだこれから整っていくので様子を見ていいと思いますが、ある程度乳歯が生えそろってきたら、乳歯の並びを確認します。乳歯の生え方が隣の歯ときつきつの状態だと、永久歯が生えてくるときにスペースが狭いので、歯並びが悪くなる可能性があります。理想的なのは、乳歯と乳歯の隙間がすこしあいている状態です。乳児健診で定期的に歯のチェックを受けることで、お医者さんからアドバイスがあると思いますので、よく聞いて必要に応じて小児歯科を受診されるとよいでしょう。では、将来的に歯並びが良くなるような具体的な対処法をご紹介します。

①歯みがきをしっかりとする

歯が1本でも生えてきたら、歯のケアーを始めましょう。1歳前や1,2本くらいであれば、授乳や離乳食のあとに濡らしたガーゼで軽く歯を拭いてあげます。本格的な離乳食が始まったら、歯ブラシを導入しましょう。赤ちゃんが小さいうちはうがいができないので、食後には、白湯かお茶を飲ませるようにするとお口の中が洗われて清潔に保つことができます。ドラッグストアなどで乳児用の歯ブラシが売られています。機嫌がいい時をみつけて、まずは歯ブラシに慣れていくことから始めましょう。乳歯がだいぶ生えそろってきたら、1日に一回は必ず歯みがきをする習慣をつけましょう。歯ブラシが握れるようになったら自分で握らせて、ママやパパが仕上げ磨きをしてあげます。歯の裏側や隙間に食べかすが溜まっているので、よく掻き出してください。歯みがきの後は、かるくうがいをさせます。もしまだうがいができない場合には、白湯を飲ませるといいです。

毎日の歯みがきがむし歯予防やいい歯並びにつながりますので、根気よく続けましょう。ちなみに、仕上げ磨きですが、小学校3年生くらいまで続けるといいそうです。子どもに任せると奥歯や隙間など磨けずむし歯になってしまう可能性があるので、できれば仕上げ磨きをした方がいいそうです。うちの息子も9歳ですがまだきちんと磨けないので、もう少し仕上げ磨きをやってあげたほうがいいかなぁと思っています。

②定期的に小児歯科を受診する

毎日の歯みがきも大切ですが、定期的に小児歯科を受診しましょう。小児歯科の場合、子どもに慣れているお医者さんや歯科衛生士さんがいらっしゃるので、上手に対応してくれます。うちの子供たちが通っている小児歯科も、子どもの扱いが上手でかつ言うことはしっかりと言って、いろいろと指導してくれます。もし、歯並びが良くないと思ったら、矯正をするかどうかなど相談されると良いと思います。

③固いものを食べさせる、よく噛む

最近はあまり固いものを食べる機会が少なくなってきていますよね。保育園によっては、おやつにスルメイカや昆布など固いものを食べさせる園もありますが、家庭ではあまり食べることがないですよね。我が家ではお正月になるとスルメイカを食べるのでそれくらいかなぁと思います。おせんべいや固めのお菓子も売られているので、なるべく固いものを食べさせることでよく噛む習慣がつくので、気を付けていくといいと思います。

④指しゃぶり以外の何か興味を持たせる

うちの子二人は、指しゃぶりの癖はなかったのですが、二人それぞれ安心できる方法があります。上の息子はもう9歳になりますが、昔から私や主人のすねや腕の産毛を触るのが大好きで、安心するようです。通称「スリスリ」と私たちは呼んでいます。今はないですが、寝るときにスリスリをするとすっと寝れるようで、毎晩の儀式のようになっていました。下の娘は、耳がポイントです。眠くなった時や疲れた時に、私の耳を触ると安心するようです。夜、寝るときは私の耳を触っていると寝息を立て始めます。子どもそれぞれ安心するものが違うんだなぁと実感しました。指しゃぶりを急にやめさせることは難しいかもしれませんが、指に気持ちがいかないように別の何か興味があるものに変更できれば、次第になくなっていくと思いますので、あまり心配し過ぎることはないと思います。

まとめ

赤ちゃんの歯並びの原因や、対処法についてのご紹介でした。大人になった時に困らないように、子供のうちから歯並びについても気をつけてあげたいですね。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。