赤ちゃんがお風呂に入っている

赤ちゃんの沐浴剤はいつまで使える?沐浴剤と石けんの違いについて

赤ちゃんが生まれて初めての沐浴はドキドキしますよね。赤ちゃんを落とさないように片方の手で支えながら洗うのは結構大変です。病院で看護師さんが実践して見せてくれた時は簡単そうに見えたのに、いざ自分でやるとなるとあたふたしてしまうものです。赤ちゃんの沐浴に石けんを使うか沐浴剤を使うかで、洗い方の大変さが違ってきます。そこで今回は、赤ちゃんの沐浴に使うのは、石けんと沐浴剤とどちらがよいの?とお悩みの方にそれぞれの特徴と使い方についてご紹介します。

沐浴剤と石けんの違い

赤ちゃんがうつ伏せになっている

石けん

皆さんおなじみの石けんは、大人でも身体を洗う時に使いますよね。最近ではボディーシャンプーが主流なので、少数派かもしれませんが、石けんは洗浄効果か高く、汚れや皮脂をしっかりと落とすことができます。赤ちゃんのお肌にも優しい石けんも売られています。ちなみに私が出産した病院では、石けんで赤ちゃんの沐浴をしていました。

沐浴剤

沐浴剤とは、液体状でボトルに入っています。ベビーバスなどに沐浴剤を入れて、赤ちゃんを洗うことができます。石けんのように泡立てる必要がないので、ベビーバスに沐浴剤を入れてそのお湯で赤ちゃんを洗うだけなので、新米ママでも簡単に沐浴をすることができるので便利です。また、石けんのようにお湯で洗い流す必要がないので、短時間で赤ちゃんを沐浴させたい時にも役立ちますね。保湿成分も含まれているので、お湯ら赤ちゃんをお湯から出した後でも、保湿が保たれ乾燥を防ぐことができます。

ボディーソープ

石けんの場合、泡立てる必要がありますが、ボディーシャンプーの場合は、泡の状態で出てくるので泡立てる必要がなく、すぐに赤ちゃんを洗うことができます。ただし、沐浴剤とは違って泡を洗い流す必要があるので、時間はかかります。ボディーシャンプーも赤ちゃん用のものが各メーカーから多数売られています。石けん、沐浴剤、ボディーソープ、それぞれ特徴がありますので、ママの使いやすさできめるとよいと思います。

ちなみに私は、ボディーソープ派でした。沐浴剤も迷ったのですが、ベビーバスに入れるのは1ヶ月くらいかなと思い、その後も使用できるボディーソープにしました。沐浴剤が余ったら、大人と入るお湯に入れてバスクリン代わりに使用することもできるようなので、無駄にはならないですね。産後1ヶ月、主人のお母さんが泊まり込みで手伝いに来てくれていたので、赤ちゃんの沐浴はお母さんと一緒にやっていました。お母さんが赤ちゃんを支えてくれて、私が赤ちゃんをボディーソープで洗うという感じでしたね。初めはおっかなびっくりでしたが、1週間くらいすると慣れてきました。沐浴のときに、息子が気持ちよさそうにしている顔や、眠くてあくびをしているところを見て、「気持ちいいんだなぁ」と癒されていました。沐浴の写真を主人がカメラで撮ってくれたので、今でもアルバムで時々子供たちの沐浴シーンを見ることができます。

沐浴の仕方

お風呂場

沐浴の仕方は病院や自治体の両親学級で教えてくれると思いますが、簡単にご紹介しましょう。赤ちゃんの沐浴の前に、着替えとバスタオルを沐浴をする場所の近くにセットします。うちの場合は、キッチンにベビーバスを置いて沐浴していました。隣接しているリビングに座布団をひいて、ロンパース、肌着、オムツ、バスタオルの順に上に重ねておきました。まず、ベビーバスにお湯を張ります。お湯の温度は人肌程度の38度くらいにしましょう。気になる方は湯温計を買ってもいいと思いますが、自分の手やひじの部分を入れてぬるくなく熱くない程度であれば大丈夫です。大人が入るときよりは温度は低めのほうがいいようです。

赤ちゃんが機嫌が良さそうなときを狙って沐浴をします。「これからお風呂に入ろうね」と優しく声をかけて、赤ちゃんの洋服を脱がせます。裸にした状態だと不安になってしまう赤ちゃんもいるため、赤ちゃんの身体に沐浴用のガーゼをかけてあげましょう。ベビーバスに足からそっと入れて、おしり、背中と徐々に入れていきましょう。赤ちゃんの顔だけお湯に使っていない状態で、まずはお湯に慣れてもらいます。しばらく浸かったら、お湯で濡らしたガーゼで赤ちゃんの顔を優しくなでるように拭きます。

次に、髪の毛を洗います。そして、首からお腹にかけて石けんやボディーシャンプーの泡で洗っていき、手や足を洗います。赤ちゃんの手のひらをそっと開き、手のひらも洗ってあげましょう。赤ちゃんは寝ている間に、いつのまにか布団やごみなどを握っていて、手のひらに糸くずなどがたまっていることがあります。赤ちゃんをうつ伏せ状態にして、背中も洗います。一人で沐浴する場合は、片方の手でしっかりと赤ちゃんを支えてあげます。初めのうちは、できればご主人やどなたかに沐浴を手伝ってもらったほうが、ママの負担も少なく赤ちゃんにとっても安心できるかもしれません。

背中が終わったら、最後にお股も洗います。男の子の場合は、おちんちんのひだもしっかりと洗ってあげましょう。一通り身体を洗ったら、別にとっておいた上がり湯を赤ちゃんの身体に優しくかけてあげます。沐浴剤を使う方は、洗い流す必要はありません。お湯から上がるときは、すぐにバスタオルで赤ちゃんを包んで風邪を引かないようにしてあげます。冬場は特に温度差があるので、室内をあらかじめ温かくしておきましょう。髪の毛を優しく拭いて身体の水気を取ってあげます。その後オムツをすぐにつけましょう。沐浴が気持ちよくて、お湯の中でうんちやおしっこをしてしまったり、お風呂から出た後におしっこをすることもあるので、サッと身体を拭いたらオムツは早めにつけたほうが安心です。肌着を着せた後に、前のひもを止める前におへその状態を確認します。病院で指導があると思いますが、産後1ヶ月くらいはおへそがジュクジュクした状態なので、沐浴の後は綿棒などで水気を取ってあげましょう。

1ヶ月健診の時に、おへその状態も確認され特に問題がなければ、大人と一緒にお風呂に入ることができるようになります。耳の中に水が入ってしまっているかもしれませんので、赤ちゃん用の小さい綿棒で耳の入り口部分だけ軽く綿棒をあてて水気を取ります。その際、耳の中に綿棒を入れないようにしましょう。肌着をつけたらロンパースなどの上着を着せて終わりです。

いかがでしたでしょうか。初めはおっかなびっくりかもしれませんが、1週間もすれば慣れていきますよ。

まとめ

赤ちゃんがお風呂に入っている

赤ちゃんの沐浴剤と沐浴の仕方についてのご紹介でした。沐浴の期間が終わり、一緒にお風呂に入るようになるとそれはそれで、また違う大変さがあるのですが、赤ちゃんと一緒にお湯に浸かれると幸せな気持ちになりました。日々の赤ちゃんのお世話は大変かもしれませんが、赤ちゃんの成長を見るのはとてもうれしいことなので、一つ一つのお世話を楽しんでいただけたらと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。