赤ちゃんの洋服やお布団はポリエステル素材でも大丈夫? 赤ちゃんのための洋服選びのポイント

赤ちゃんが生まれるといろいろとベビー用品の準備が必要ですよね。中でも洋服やお布団は、赤ちゃんが直接肌に触れるものなので赤ちゃんに優しい素材のものを選びたいと思う方も多いのではないでしょうか。

私の経験談も含めて、赤ちゃんのために洋服や布団選びのポイントをご紹介します。

赤ちゃんの布団選び

各メーカーから赤ちゃん用の布団が数多く売られていますね。赤ちゃん用の布団はどのような素材が良いのでしょう。昔は、ほとんど木綿素材のものが多かったので選択肢はありませんでしたが、現在では綿だけではなくポリエステルや羽毛素材の布団があります。では、それぞれの素材ごとの特徴をご紹介しましょう。

【羽毛布団】

羽毛布団は、軽くて弾力性があります。布団の中綿は、鳥の羽毛が使われていて暖かいので、特に冬は重宝しますね。吸湿性だけではなく放湿性にも優れているので、蒸れにくくさらさらとしいて赤ちゃんは快適に寝ることができます。洗濯機で洗える羽毛素材も販売されています。

【ポリエステル布団】

軽くて適度な保温性もあり扱いやすいです。綿のホコリが少ないので、アレルギーなどの健康被害がでにくいのが特徴です。防ダニ、防カビ加工、また消臭加工がしやすく機能性に優れているものが多いです。値段がお手頃なのもありがたいですね。ポリエステルは化学繊維でできているので抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、洗濯した後すぐに乾くので、おしっこやよだれなどで汚れてしまったとき、すぐに乾くので便利です。

【オーガニックコットン布団】

オーガニックコットンは、厳しい基準をクリアした有機栽培で育てられた綿花が使用されています。保湿性と吸湿性に優れています。また、布団を天日に干すことで機能が回復する点が大きなメリットです。ただし、定期的に干さないとむれて不快な状態になってしまうので、扱いに注意が必要です。

実家の母がプレゼントしてくれた布団は、ポリエステルで外のカバーは綿素材でした。羽毛や綿の方が素材としてはよいかもしれませんが、ポリエステルは軽くて扱いやすいです。掛け布団を洗うことはなかったのですが、布おむつを使用していたため敷布団を濡らしてしまことが時々あったので、洗えてしかも乾きやすい布団はありがたかったです。洗える羽毛布団もあるようなので、こだわりたい方は羽毛の方がよいと思います。

余談ですが、赤ちゃん用の布団を使ったのは、1歳くらいまでした。1歳を過ぎた頃、別々のお布団に寝かせても、大人用の布団で寝るほうが安心するようで一緒に寝ていました。それを考えると赤ちゃんの時の短い期間なので、そこまでこだわりすぎなくても良いのかなというのが私の感想です。

赤ちゃんの洋服の素材

では、赤ちゃんの洋服はどんな素材がよいのでしょうか。布団と同じく、赤ちゃんの敏感肌には、できれば優しい綿素材を選んであげたいですよね。とは言え、洗濯やコスト面を考えると全て綿素材の洋服を買うのはちょっと大変かなとも思います。

そこでおすすめは、「肌着は綿素材にこだわる」ことです。肌着は直接お肌に触れるものですし、敏感肌ではなくてもできれば天然の綿素材の方が身体にはよいですよね。最近はオーガニックブームもあり、オーガニック綿を使用している洋服も増えてきました。ご友人の赤ちゃんにプレゼントする時は、できればオーガニックの洋服を選ぶと喜ばれると思います。肌着以外の洋服、例えばオーバーオールや上に着るジャンパーなどは、直接肌に触れるわけではないので綿ではなくても、ポリエステル素材でもよいのではないかと思います。特に小さいうちは、食べこぼしや汚れなどで毎日洗濯すると思いますので、扱いやすく乾きやすい素材、ポリエステルの方が便利ですね。

綿とポリエステルの違い

そもそも綿とポリエステルはどのような違いがあるのでしょうか。

【ポリエステルの特徴】
・耐久性がある
・シワになりにくい
・吸湿性が低く、すぐに乾く
・高い温度にも耐えられる
 ・非常にリーズナブルな価格

実は、日本国内で生産される合成繊維の生産量のおよそ半分がポリエステルなんです。ポリエステルは衣類を作る上で、とても便利な素材として多くの洋服に使われています。

【綿の特徴】
・着心地が良い
・吸湿性が優れている
・静電気が溜まりにくい
・ふんわりして肌ざわりが良い
・アイロンをかけても大丈夫
・洗濯にも強い
・洗った後にシワになりやすい
 ・ポリエステルに比べると値段が高い

他にも、綿とポリエステル混合の洋服もあります。混合のメリットは、種類の違う繊維の性能を高めて欠点を補っていることです。洋服を買う時に裏地についているタグに素材が書いてあるので確認してみてください。我が家は子どもの成長につれてポリエステル素材の洋服が多くなってきました。それでも肌着だけはこれからも綿素材を選んであげたいです。

洋服のそろえ方

新生児の頃は、新品の洋服ばかりでしたが、成長も早いですしちょっとしか着せていないのにもう小さくて着られなくなっちゃうんですよね。それを考えると新品の洋服を買うのがためらわれ、肌着以外はほとんどお古を知り合いからもらったり、フリマやブックオフなどで中古の服を買っていました。

たまに新品の洋服を着せると、汚さないかソワソワして気になってしまいますが、中古であれば多少汚れても何しても気にならないので、その点は安心でした。それでも、半年も着ないうちにもう着られなくなってしまうこともしばしばなので、本当に中古で十分でした。子供たちも特に文句も言わなかったので助かりました。ただし、お古のズボンは膝部分がすれて穴があきやすかったり、生地が傷みやすいというデメリットはありましたが。保育園に預ける方は、何枚も洋服が必要になりますので、乾きやすくかつ安くもて数多く用意できたほうがよいと思います。

まとめ

赤ちゃんのためのお布団や洋服の素材選びについてのご紹介でした。綿にするかポリエステルにするか、迷うこともあると思いますが、ご家庭やお子さんの状況も考えながら、それぞれあうものを選択されるとよいと思います。お子様に合った素材のお洋服を選びつつ、ぜひ赤ちゃんに可愛いお洋服をたくさん着せてあげてくだい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。