赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんの耳に関するおはなし

赤ちゃんが生まれるといろいろとお世話が始まりますね。耳のお手入れや耳の病気など気になることがあると思います。そこで今回は、赤ちゃんの耳に関するあれこれについてお話ししたいと思います。赤ちゃんの耳の病気について赤ちゃんの耳の病気についてご紹介しましょう。

赤ちゃんの耳の病気

赤ちゃんの足

赤ちゃんの耳の病気には下記のようなものがあります。

中耳炎

鼻やのどから細菌が入ってしまい、耳の中耳に炎症を起こしてしまう病気です。発症すると発熱や耳の奥に痛みが出ます。赤ちゃんは言葉が話せないので、熱が出ていて耳からうみのようなものが出ている場合は、耳鼻科を受診しましょう。

赤ちゃんは寝ている間に知らずに自分の手で鼻や口に手を持っていくことがあります。手を洗うのは難しいと思いますので、ガーゼでふき取ってあげるなど清潔に保ってあげましょう。

上記以外にも急性中耳炎や滲出性中耳炎など中耳炎よりも更にひどい状態の病気があります。
中耳炎の程度によって治療法が違いますが、抗菌剤や鎮痛剤を使用します。薬で症状がおさまっていけば大丈夫ですが、もし治まらない場合には耳の中のうみをだす手術が必要になるようなので、そこまで行かないように祈りたいものです。

耳だれ

耳だれは、赤ちゃんの耳から黄色っぽいドロっとした液体が出てくることを言います。中耳炎などの耳の病気の表れの可能性がありますので、病院を受診するようにしましょう。私も小さい頃、耳だれの症状がありました。綿棒で液体をふき取るとちょっとしたにおいがありました。耳鼻科を受診したところ中耳炎と診断されました。耳鼻科で治療を受けたときに、耳の中に機械を入れられ、耳がすごく痛かったのをぼんやり覚えています。その治療がもしかしたら、耳にたまったうみを出す治療だったのかもしれません。何回か通院し終わったのですが、もう二度と耳鼻科は行きたくないと思うほど痛かったですね。学校でプールがあった時期だったので、もしかしたらそれが原因だったかもしれません。皆さんもお気をつけください。

赤ちゃんの耳の検査について

ママが赤ちゃんを抱いている

赤ちゃんが生まれると病院で新生児スクリーニング検査を行います。スクリーニング検査とは、赤ちゃん内耳に音を流してどのように反響するかを検査します。また、脳からの反応を見る場合もあります。出産前に、そのような検査があることを知らず、病院でいつの間にか検査があって母子手帳に「異常なし」と記載されていました。

新生児スクリーニング検査をすることで、1000人に一人と言われている難聴の赤ちゃんを早期に発見することにつながっているそうです。私の友人も2,3歳の時に難聴と判断され耳に補聴器をつけていました。難聴と判断された場合は、早めに治療をすることが勧められます。治療法はいろいろとあるようなので、お医者さんから説明があると思います。もし、お子さんの耳が聞こえていないかも?と思ったら早めに耳鼻科に相談してください。耳の検査はその後も定期的に行われます。自治体の保健所の検査や保育園や幼稚園でも検査があります。検査にひっかかると本格的な聴覚を検査するセンターで検査を受けることになります。息子がまさにそうで、4歳くらいのときに検査にひっかかり、本格的な検査をしたところ問題なしでした。小さい頃の検査は、機械の捜査やコミュニケーションの問題もあるので、それでひっかかったようです。息子は少し言葉の発達も遅かったのでそれが影響したかもしれません。

小学校に入り毎年聴覚検査があります。それでもまたひっかかってしまい、耳鼻科を受診したところ蓄膿症で耳の聞こえに影響が出ている可能性があると診断されました。確かに、季節関係なく鼻水が出ていてうまくかめずに、常に鼻水が溜まった状態でした。耳鼻科で蓄膿症の治療をして3ヶ月くらいたち、耳の聞こえも良くなってきたので、蓄膿症が原因だったようです。結局、今でも1年くらい通っています。蓄膿症になると大変ですね。

赤ちゃんの耳のお手入れ

赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんの毎日の耳のお手入れはどのようにしていますか?出産した病院や両親学級などで、赤ちゃんのお世話全般について説明がありますね。私が説明を受けたのは、沐浴後赤ちゃんに洋服を着せたら、綿棒で耳の外(外耳)を水をふき取るように優しく拭いてあげます。その時、こすったり耳の中まで押し込まないようにしましょう。あくまでも、水をふき取る感じで行います。

段の耳のお手入れも、頻繁に行う必要はありません。1ヶ月に1度くらいで十分です。私自身も耳かきが気持ちよくて、毎日お風呂の後に綿棒でぐいぐいと自分の耳を掃除していました。ある時、耳の中でカサカサ音がしていることに気が付き、耳鼻科を受診すると大きな耳垢がたまっていました。耳鼻科の先生に、耳掃除は毎日する必要はなく、綿棒でさっとふき取る程度でよいとのことでした。耳垢は、自然に出てくるそうです。

我が家の子供達も耳掃除が大好きで、「耳掃除やって~」と言ってくるのですが、1ヶ月に1度くらいにしています。また、耳掃除のときに綿棒や耳かきを耳の奥まで入れ過ぎてはいけません。耳の奥には鼓膜があり、奥に入れ過ぎると鼓膜や内耳を傷つけることになってしまいます。うちの子に少しやり過ぎてしまい、内耳が傷ついてしまったことがありました。

耳垢は自然に出てくると言いましたが、中には内耳の中にたまってしまうこともあります。息子が3,4歳くらいのときに、耳掃除で耳の中を見た時に大きなかたまりがあり、これは自分では取れないと耳鼻科にいきました。自分が受診したときと同じようなことを言われました。耳掃除のし過ぎで耳垢がなかに押し込まれてしまってたまってしまったということでした。耳鼻科で、長いピンセットのようなものを息子の耳に入れたとき、一瞬だったので息子は意外とおとなしかったのですが、見ているこちらのほうがドキドキでした。それ以来、大きな耳垢が溜まることはなくなりました。

まとめ

ママが赤ちゃんにキスしている

赤ちゃんの耳に関するお話しでした。耳はとても大切な気管の一つなので、大切にしていかなければならないですよね。耳のお手入れはほどほどで、もし耳に何か異常があれば、すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。