赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌荒れ 3つの原因とお家でのケアのポイント

赤ちゃんのお肌って、本当にすべすべ・もちもちで、まさにたまご肌ですよね。しかし赤ちゃんのお肌は薄く、とてもデリケートで実は荒れやすいんです。きっと乳児湿疹や赤ちゃんのおむつかぶれはよく聞きますよね。その他にも、むちむちの赤ちゃんは特に、あごと首の境目や脇の下、膝の裏など、お肉で埋もれてしまい汚れがたまってかぶれたり、あせもができやすいです。そこで今回は赤ちゃんの肌荒れについて、原因や対処法をご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの肌荒れはなぜ起こる?

赤ちゃんの肌

赤ちゃんのお肌の皮膚は、大人と比べると半分ほどの薄さしかないんです。なので潤いを保つだけの水分が不足してしまったり、赤ちゃんのお肌は機能が未熟でちょっとした刺激でも赤ちゃんのお肌にとっては大敵、肌荒れの原因となってしまうんです。では具体的な原因をご紹介していきます。

1、皮脂の過剰分泌

まず1つ目の原因は皮脂の過剰分泌です。どういうことかというと、赤ちゃんが産まれてから生後2ヶ月から3ヶ月ごろまでは、赤ちゃんのお肌はママから得たホルモンの影響で皮脂の分泌がとても多く、しかし赤ちゃんのお肌の機能は未熟なため、過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまいます。そうすると毛穴に皮脂や汗がつまり、それが原因で髪の毛の生え際・眉毛などに湿疹ができる乳児脂漏性湿疹や、おてご・頬などに湿疹ができる新生児にきびなどの肌荒れが起きやすくなります。

2、乾燥

2つ目の原因は乾燥です。上記では皮脂が多いことが原因だったのに今度は乾燥するの?となりますよね。上述の通り、赤ちゃんは生後2ヶ月から3ヶ月ごろまではママから得たホルモンの影響で皮脂の分泌が多量になるのですが、生後3ヶ月を過ぎたごろになると徐々にママから得たホルモンの影響がなくなっていき、皮脂が多かった赤ちゃんのお肌が今度は反対に皮脂の分泌が大人の半分ほどに激減してしまいます。そうなるとお肌に必要な水分量が保つことができず、赤ちゃんのお肌は乾燥し荒れやすくなってしまうんです。また乾燥肌になると痒みを伴うこともあり、赤ちゃんが無意識に掻きむしってしまい、肌荒れが悪化しアトピーやとびひなどになってしまう場合もあります。

3、アレルギー

3つ目の原因はアレルギーです。これは1つ目2つ目の原因とは全くの別物となり、アレルギー疾患による湿疹、蕁麻疹が出現することです。生後1歳ごろまでに現れやすいアレルギー疾患としては、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーが挙げられます。アトピー性皮膚炎の症状としては、かゆみのある湿疹が出てきたりマシになったりと、何度も繰り返すしつこい湿疹です。アトピー性皮膚炎の原因となるアレルゲンは、卵・牛乳などの食べ物、そしてダニやほこりなどがあります。食物アレルギーの症状としては、卵など原因となるものを食べた後、30分から1時間以内にポツポツと痒みのある湿疹や蕁麻疹が出たり、口まわりが赤くなったりふることが多いです。ちなみに赤ちゃんの食物アレルギーの原因となるアレルゲンは、卵・牛乳・小麦が多く、また生後6ヶ月までの赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーが合併していることが多いそうです。

赤ちゃんの肌荒れの対応策

薬草 スキンケアグッズ

赤ちゃんの肌荒れにはさまざまな原因があることがわかりましたね。では赤ちゃんが肌荒れしはじめたら、ママはどうすれば良いでしょうか。肌荒れの原因がアレルギーではなく、皮脂の過剰分泌または乾燥であれば、基本的にはお家でママがしっかりケアしてあげれば改善できるでしょう。お家でのケアのポイントは2つ、まずは清潔にすること、そしてしっかり保湿してあげることです。口まわりについた赤ちゃんのよだれやミルクなどは、放っておけば菌が増殖しやすいので、こまめにガーゼや手口拭きなどで優しく拭き取ってあげましょう。お風呂ではベビーソープをしっかり泡立ててやさしく洗ってあげましょう。肌荒れしている箇所に泡をつけて洗ってもいいの?となるかもしれませんが、患部もしっかり洗うことで皮脂汚れや細菌も落としてくれるので、肌荒れの改善に繋がりますよ。ベビーソープで洗った後は、顔の場合であれば、お湯で絞ったガーゼなどで泡を優しく拭き取ってあげてくださいね。生後3ヶ月を過ぎた赤ちゃんであれば、洗ったあとのお肌は特に乾燥しがちなので、しっかりベビーローションやクリームなどの保湿剤で保湿してあげましょう。

乾燥が激しい場合や肌荒れがひどい場合の気軽なお肌の乾燥対策としては市販のヴァセリンが有名ですね。中々病院に行けないのであれば、市販のヴァセリンであったり、多少ベタついたとしても保湿効果が高いものを選ぶようにしましょう。お家でケアを続けてもなかなか良くならないのであれば必ず小児科や皮膚科へ行って診てもらうようにしてくださいね。上記で紹介した以外の乾燥対策としては、部屋の湿度を50-60%を目安とし、加湿器を駆使したり、洗濯物を部屋に干すことで室内の湿度を高く保ちましょう。また乾燥によって痒みのある湿疹が出た時には赤ちゃんは掻きむしってしまうことがありますよね。なので赤ちゃんの爪はこまめに切っておくことも大事なポイントとなります。

食物アレルギーが原因であるならば、ママが特定の食べ物を食べた後に授乳し、赤ちゃんの皮膚に湿疹が出たり、赤くなったりと何かしらの症状が出ることがあるんです。なので母乳育児の場合、ママも食べ物に気をつけないといけません。食べ物以外が原因となるアレルギーであれば、赤ちゃんのお肌を清潔にして保湿をしっかりした上で、赤ちゃんの着る服やお布団などは低刺激なものを選び、赤ちゃんの生活環境の場は小まめに掃除しダニなどを排除しましょう。

まとめ

赤ちゃんがシャボン玉を吹いている

赤ちゃんのお肌は本当にデリケートです。ママが日々赤ちゃんのお肌のケアを気にかけておかないと、気づいたらすぐに赤くかぶれていたり、湿疹がでていたりなど肌荒れを起こしてしまうので注意が必要ですね。【こまめに清潔】 【こまめに保湿】、この2点が赤ちゃんのお肌を肌荒れから守るポイントですね。このようなママのこまめなケアは、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の予防にも繋がるということなので、しっかり意識してケアしてあげましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。