赤ちゃんが手で顔を覆っている

赤ちゃんの虫刺され対処法5つ!病院に行く目安や予防法

夏場の時期に悩まされる虫刺されですが、大人だけではなくて赤ちゃんも虫刺されになる可能性は大いにあります。かゆみで赤く腫れたり、眠れないなどがおきてしまうので、虫刺されにあわないような予防法、虫刺されにあった時の対処法をご紹介します。また、虫刺されで病院を受診する目安もお伝えするので、判断基準にしてみてください。

赤ちゃんは虫刺されが起きやすい

蚊が止まっている

赤ちゃんって、実は虫に刺されやすいんです。虫刺されができる、と言えば真っ先に蚊を想像すると思いますが、実際赤ちゃんの虫刺されのほとんどは夏場の蚊によるものです。夏場、蚊は産卵の時期になるので植物から得ることができない栄養である、タンパク質を求めています。なので、蚊は人間から栄養を吸い取ろうとするんです。その中でも赤ちゃんは、栄養をたくさん吸収している時期なのでタンパク質もその分多く体内に蓄積されているため、蚊が狙いやすいと考えられています。それだけではなく、蚊が赤ちゃんを好んで刺す理由として、蚊の習性があげられます。蚊は、二酸化炭素を見つける力があり、赤ちゃんは大人よりも呼吸数が多いのでより二酸化炭素を出しているため、刺されやすいんです。

赤ちゃんが虫刺されの時の対処法5つ

ママが赤ちゃんにキスしている

赤ちゃんが虫刺されがあった時にする対処法をご紹介します。初めての出来事だと、何もできないまま悪化させてしまった、なんていうこともよくあることです。そのため、きちんと対処法を知っておくことで、赤ちゃんの肌をキレイに治すことができますよ。

対処法① 水で洗う

虫刺されでもっとも大事なことは、刺されたところを清潔にすることです。刺された部分をそのままにしてしまうと、細菌が発生して赤みやかゆみが激しくなって、症状が悪化してしまいます。多くの場合が、自宅ではなく野外で虫刺されにあっていて、赤ちゃんの手は口の中に入れたりいろんなものを触ったりしているので汚れていることが多いです。なので、汚れた手で掻いてしまう前にきちんと刺された部分を洗いましょう。その際は、赤ちゃんの手も洗ったり清浄綿で手を拭くなどしてください。

対処法② 冷やす

虫刺されの患部は非常に熱を持っています。この熱は、腫れやかゆみを引き起こす原因となるので、かゆみを和らげるためにも冷やすことが大事です。自宅であれば保冷剤や氷水などを使って冷やし、外出先では水で濡らしたタオルで冷やすことも効果的です。冷やそうという気持ちから、冷えピタなどの貼るタイプの商品をイメージするかもしれませんが逆にかゆみが増してしまうので避けましょう。

対処法③ 市販薬を使用する

赤ちゃんは、大人と違ってかゆみを我慢することができません。放っておくと、かゆい時に思い切り掻いてしまって傷ができて状態がどんどん悪くなっていってしまいます。そうならないためにも、消炎薬やかゆみ止めなどの虫刺され用の薬を塗るようにしてください。市販薬を使うことに抵抗感がある人も多いですが、生後1ヶ月から使うことができる薬もあるので、しっかりと裏面にある適用月齢を確認してから購入するようにしましょう。

対処法④ 赤ちゃんの爪を切っておく

赤ちゃんが虫刺されになった時、大事なことは患部を清潔にすることと細菌が入り込まないようにすることです。かゆみ止めを使用していたとしても、かゆくて思わず掻いてしまうことはどうしてもおきてしまいます。
そんな時に赤ちゃんの爪が伸びている状態だと、皮膚に傷を付ける可能性も考えられます。虫刺されが悪化してしまうと、とびひと言われる皮膚疾患になることもあり、そうなると赤ちゃんがもっと辛い思いをしてしまうので、傷にならないように注意しましょう。

対処法⑤ ミトンを使用する

赤ちゃんは、言い聞かせたとしても皮膚を掻いてしまうものです。特に寝ている間は無意識に掻いてしまいやすいため、強く引っ掻いて起きてしまうかもしれません。そうなると、赤ちゃんもママも大変なので、寝ている間だけでもミトンを使用すると良いです。そこまでかゆみがある状態が続いているのであれば、皮膚科の受診を検討してください。虫刺されになった時に大事なことは、患部を汚さないこと、傷つけないことです。
この2点をしっかりと守ることによって、虫刺されが悪化せずに済みます。

虫刺されでも病院に行っていいの?

病院のカルテと聴診器など

虫刺されでかゆみのある赤ちゃんをそのままにしておくのは、ママやパパとしては心配になってしまいますよね。でも、虫刺されで病院を受診するのは気が引ける……と思うかもしれませんが、虫刺されでも病院に行った方がいい症状があるので、よく理解しておきましょう。

わかりやすい目安として赤ちゃんがかゆみで眠れないくらいの時は、すぐに受診しましょう。うとうとしてもかゆみのせいで眠れずに掻いてすぐ起きてしまうとか、掻いたせいで肌に傷ができてしまったなんてこともよくあります。そうなると、赤ちゃんも可哀想な状態になるので、虫刺されで眠れなさそうだなと感じたらすぐに翌日病院を受診してください。また、市販薬で一旦様子を見る親御さんもいると思いますが、市販薬を使用しても間違いではありません。ただ、使用を継続して1週間程度経っても症状が一向に改善しない場合は、病院を受診した方が良いです。症状が治らないというのは、症状に合っていない薬を使用しているということなので、そうこうしているうちに症状が悪化して重症化してしまう可能性があります。なので、変だな?治らないな?と思ったら、思い切って受診してください。

虫刺され予防を知っておこう

赤ちゃんが顔を手で覆っている

虫刺されの対処法を知ったところで、虫刺され予防も知っておきましょう。一般的にイメージするのは、虫除けスプレーです。ただ、月齢によっては使用できないこともあるので、服に付けるシールタイプのものや、ベビーカーに吊るすタイプの虫除けを利用しても効果が期待できます。部屋の中での予防は、ベビーベッドに蚊帳を取り付けると虫の侵入を防ぐことが可能なので、効果的です。また、普段から赤ちゃんのシーツをこまめに取り替えたり、空気の入れ替えをして風通しの良い部屋を作るとダニなどが発生すること防げます。窓の開け閉めの時に蚊の侵入が不安視されるので、しっかりと網戸を閉めて侵入しないように注意しましょう。

まとめ

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんの虫刺されについてお伝えしました。たかが虫刺されだと思わずに、赤ちゃんのかゆみの状況に合わせて病院を受診するようにしてください。また、虫刺されの対処法や予防法をしっかりと理解して、赤ちゃんが万一虫刺されになったとしても的確な対応ができるように覚えておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。