女の子と男の子が手をつないで立っている

赤ちゃんの身長や体重の伸びが心配 気になるお悩み解決法3つ

赤ちゃんが無事に生まれてホッとしたのもつかの間、慌ただしい日々が始まります。おっぱいやミルクをなかなか飲んでくれない、泣き止まない、寝てくれないなど悩みはつきないものです。我が子がかわいい!だからこそ、あれこれ悩んでしまうんですよね。特に我が子の成長に悩みを抱えているママさんは多いと思います。私もそうでした。そこで赤ちゃんの体重や身長の伸びに悩んでいる方へ、私の経験談とあわせて解決法をお話しします。

赤ちゃんの成長の目安

女の子と男の子が手をつないで立っている

赤ちゃんの標準の出生体重は、2500g~3500gほど、身長は45cm~55cmほどです。1ヶ月後に出生体重から1kgほど増えていれば、まずは順調に体重が増えており成長していると判断されます。身長については特に新生児の1ヶ月は5cmほど伸びます。その後は徐々に伸びていき、1歳になる頃には出生時より体重は約2倍に増え、身長は15cmほど伸びます。

あくまでも目安になり個人差がありますので、その数字にならないからと言って心配し過ぎないようにしてください。あきらかに成長の伸びが遅いと心配されるようでしたら、医師または地域の保健師に相談してみるとよいと思います。

成長曲線とは

女の子2人の後ろ姿

妊娠すると各自治体から母子健康手帳(略して母子手帳)が渡されます。母子手帳に妊娠時から出産後に至るまで、出産や育児に関する情報が記載されています。母子手帳に乳児身体発育曲線(成長曲線)のグラフが印刷されていますのでそのグラフにお子さんの成長を書き込んでいくことで、成長している様子を確認することができます。

成長曲線とは、赤ちゃんの体重や身長についてある調査を元に集計された平均体重・身長の範囲を表したグラフです。横軸は年齢(月齢)、縦軸は身長や体重とし成長の度合いを視覚的に確認することができます。主に乳児や幼児の成長に使われることが多く、低身長・低体重またその逆の判断に使われることがあります。

厚生労働省から乳幼児の身体発育調査として10年ごとに計測値データを発表されています。2019年現在は、最新版は2010年度のものです。ちなみに、私の子どもの場合は、平成12年(2000年度)と母子手帳に記載されていました。きちんと調査したわけではありませんが、おそらく70年以上前の戦前の記録とは、体重も身長も変わってきているでしょうね。繰り返しになりますが、この成長曲線を目安にお子さんの成長を判断することになりますので、母子手帳の成長曲線のグラフに、1ヶ月ごとにお子さんの体重と身長をつけていきましょう。成長曲線は範囲がありますので、範囲の下の方だから、上の方だからということは気にせずに、お子さんの出生体重や身長からその範囲の中で体重が増えまた身長が伸びていれば問題ありません。と、お医者さんや保健師さんから言われました。

一人目の息子は、出生体重が2912g、身長は49cmでした。近所の総合病院で出産したとき、同じ日に他に二人の赤ちゃんが産まれました。同じ部屋だったので産後もママ友としていろいろと話す仲にまでなったのですが、私の子どもとその二人の子供の成長具合が違っていて最初は悩んだことがありました。その二人のお子さんは、3500g近くで生まれたので息子よりも500gほどの差がありました。出生体重で差があるということはその後も成長の差は基本的には縮まらない計算になります。なので、単純に現在の身長や体重を比べても常にその子たちの方が体重は重いのが当たり前なのですが、何で自分の子は体重が少ないのかとどうしても思ってしまうのです。

1ヶ月後の乳児健診で、息子の身長は53cmと4cmほど伸び、体重は3959gで約1kg増えていました。お医者さんからはとても順調ですと言われほっとしたのを覚えています。その後も、各時期の健診で体重や身長の計測があり、成長曲線にも書き込んでいきました。月齢ごとに書き込んで行くことで、成長曲線を見ると我が子は確実に成長しているということが実感でき安心しました。他のお子さんと比べても、みな出生体重が違うし個人差があるので仕方ないんですよね。
というわけで、他のお子さんとあまり比べないようにした方がいいと思いました。

赤ちゃんの身長の伸びが気になる方へ

男の子が首を傾げている

解決法1

赤ちゃんの体重を測れるスケールが売られていますが、買う必要はありません。住んでいる地域の子育て支援センターや児童館に行けば、スケールが置いてあるので保健師さんに測ってもらうと良いでしょう。私は、産休中は毎月赤ちゃん学級に参加していたので、そこで測ってもらっていました。また、乳児健診は自治体によって時期や費用は様々ですが、決められた時期ごとに健診を受けることができますので、その際にも赤ちゃんの計測がされます。もし、成長に問題があるようであれば、医師から言われると思いますので相談してみましょう。ちなみに、うちの息子の成長はこんな感じでした。

出生時:体重2912g、身長49cm
1ヶ月:体重2950g、身長53.2cm
4ヶ月:体重6000g、身長64.2cm
7ヶ月:体重7550g、身長69.6cm
 1歳 :体重8180g(出生時より5kg以上増加)、身長74.2cm(出生時より24cm伸び)

その後も年齢毎に成長曲線に書き込んでいっています。現在、9歳になる息子ですが、周りの子と比べると体重も身長も少なめ・低めですが、まだまだこれからと気にしないようにしています。毎日ご飯を食べて元気に過ごしていますし、成長はまだまだこれからですしね。

解決法2

定期的に健診を受けていて、成長具合が気になる場合は、医師からアドバイスがあります。体重が少なめの場合は、母乳やミルクが足りているか、離乳食の進み具合などがチェックされます。それでも月齢が低いうちは、病的な問題や極端に体重が少なくなければあまり気にする必要はないでしょう。身長についても同様です。お子さんが毎日元気に過ごしているということを一つの指標とされると良いと思います。

解決法3

よく寝てよく身体を動かすこと。寝る子は育つといいますよね。乳児の期間はリズムが一定になるまでなかなか難しいかもしれませんが、1歳以降はリズムが整ってきて夜もだいたい決まった時間に寝るようになります。寝ることで成長ホルモンの分泌が活発になりますので、眠りのリズムを整えてあげること、適切な睡眠をとることが成長を促進することにつながります。そのためには、昼前の活動が大切です。なるべく外で歩いたり活動をすることで疲れて夜はぐっすりと眠れるようになるので、適度な運動を心がけることが大切ですね。

まとめ

女の子がシャボン玉を吹いている

赤ちゃんの体重や身長の伸びについてのお悩みと解決法のご紹介でした。特に1歳までは、我が子の成長が気になってしまうと思うのですが、気にし過ぎるとストレスになってしまいますので、あまりに気にし過ぎずお子さんを見守ってあげることが良いと思いますよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。