赤ちゃんが寝ている

赤ちゃんの頭皮湿疹の原因と対処法について

赤ちゃんの頭皮トラブルでよく聞くのが、乳児脂漏性湿疹です。乳児脂漏性湿疹は、頭や顔にできる湿疹のことです。顔については見た目にもよくわかりやすいのですが、頭皮については湿疹かどうか一見わかりにくいので、乳児脂漏性湿疹について詳しくご紹介したいと思います。

乳児脂漏性湿疹について

赤ちゃんの手

前述のように、乳児脂漏性湿疹は頭や顔にできる湿疹のことです。顔の場合、赤くカサカサになった状態なので見た目にもよくわかります。軽度であれば、よく顔を洗って保湿していけば、自然に治っていきます。

頭の場合、魚のうろこのようなカサカサの状態が乳児脂漏性湿疹です。カサカサしているので、フケのように見えるのですが、皮脂がたまり乾燥した皮が頭皮に表れています。アトピー性皮膚炎に比べるとかゆみは少ないようです。

息子が赤ちゃんのときに、まさしくこの乳児脂漏性湿疹になりました。初め、フケのようなものがついているので、一生懸命にとっていたのですが、後で調べたところ乳児脂漏性湿疹ということがわかりました。そのカサカサを取ると赤ちゃんの頭皮を傷つけてしまうため、無理やりとってはいけないそうですが、授乳中などに息子の頭を見ているとどうしても取りたくなって取ってしまっていました。

乳児脂漏性湿疹の原因は、赤ちゃんの男性ホルモンの影響とか、妊娠中の妊娠ホルモンの影響とか言われていますが、詳しいことはわかっていないようです。

乳児脂漏性湿疹の対処法について

赤ちゃんが寝ている

では、乳児脂漏性湿疹の対処法についてご紹介しましょう。顔の場合は前述した通りです。頭の場合は、お風呂のときに、赤ちゃんシャンプーでよく洗います。また、お風呂の前にベビーオイルやワセリン(なければオリーブオイルでもOK)をママの手にとるか、ガーゼに含ませて赤ちゃんの頭にしばらくのせます。しばらくすると、カサカサがふやけてきますので、その後シャンプーでよく洗ってください。

シャンプーを続けていくと、だんだん湿疹がおさまっていきます。2~3ヶ月ほどで完治するようですが、もし2、3ヶ月たっても治まらない場合には小児科か皮膚科を受診してください。乳児脂漏性湿疹ではなくもしかしたらアトピー性皮膚炎の可能性もありますので、お医者さんに相談してみてください。

息子の場合、シャンプーを続けてしばらくしたら治ったので良かったです。1度なってそれ以降はならなかったので、時期的なものだったのかなぁと思います。近くのママ友などに聞いたら、なったことはないと言っていたので、必ずしもすべての赤ちゃんが発症することはないようです。

アトピー性皮膚炎について

赤ちゃんがうつ伏せになっている

アトピー性皮膚炎は、主に顔や首、ひじやひざの裏側など、肌の弱い部分が乾燥した状態で、炎症を起こしていて赤みを帯びている状態です。原因は、卵や食べ物とか、遺伝や体質などいろいろとあるようですが、はっきりとしたことはわかっていないようです。

私自身も子供の時は特に何もなかったのですが、大人になってからアトピーになりました。おそらく理由は、ストレスや環境だったのではないかと思っています。それからというもの、ステロイドや内服薬を飲んでいますが、改善したり悪くなったりを繰り返しています。

私の体質が遺伝してしまったようで、息子もアトピーです。息子が赤ちゃんの頃から、肌が弱く、顔に湿疹や赤くはれた状態になることがよくありました。あまりひどい状態だったので受診すると、軽いアトピーですねと言われました。一番軽めのステロイドを処方されました。ステロイドを使用するのは抵抗があったのですが、なかなか治らなかったので少量を薄くのばして塗ると、しばらくして改善したので、少しずつ塗るのをやめました。今も時々、乾燥するとアトピーの状態になりますが、そこまでひどくないので良かったです。

赤ちゃんがアトピーや湿疹を発症すると、だいたいステロイドで治していくしかないので、とても抵抗があると思います。ワセリンで状態がよくなっていけばいいのですが、なかなか治らないことも多いのでどうしてもステロイドに頼らざるを得ないのが現状ですよね。お医者さんからは、短い期間だけ使用して、後はステロイドがない軟膏に切り替えていけば問題はないと言われたので、それを信じるしかないですが心配ですね。

赤ちゃんとお風呂

赤ちゃんの足

赤ちゃんはとても汗っかきなんですよね。見た目汗をかいていないと思っていても、背中や頭に触ると汗でびっしょりということもあります。体温が高いので、すぐに汗が出てしまうのでしょうね。夏は特に、汗をかきやすいのでできれば日に2回お風呂に入れてあげましょう。

赤ちゃんの頭は髪の毛が少ないので、そんなに洗わなくてもと思ってしまうかもしれませんが、頭皮に皮脂や汚れが溜まっているので、赤ちゃん用のシャンプーでガーゼなどで優しく洗ってあげましょう。お風呂から出た後、湯冷めしないようにしっかりと拭いあげてください。

赤ちゃんが大きくなると湿疹やとびひになることもあります。かさぶたやブツブツができているので、なるべく洗わないようにと思ってしまいますが、皮膚科のお医者さん曰く、清潔な状態を保つことが大切なので、せっけんでよく洗ってくださいと言われました。と言っても、ごしごしと強く洗うと痛かったり、刺激を与えすぎてしまうので、ママの手にせっけんをつけて優しく洗ってあげてください。その後、シャワーでよく流してあげれば少しずつ改善していきます。

まさに、今息子の足がとびひの状態です。初めは娘がとびひになり息子に伝染しました。娘は軟膏ですぐに改善したのですが、息子は皮膚が弱いこともあってかなかなか改善しません。娘にまた伝染すると困るので、お風呂に一緒に入るのはやめて別々に入っています。息子の足をしっかりと洗ってあげるのですが、やはりしみるようでかわいそうです。

まとめ

赤ちゃんが笑っている

今回の記事は、赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹についての原因や対処法についてのお話しでした。赤ちゃんのときもこのように湿疹になってしまうと本当に心配ですが、いずれ改善していくと思いますので、適切な処置をして見守っていってください。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。