赤ちゃんが三輪車に乗っている

赤ちゃんはいつから三輪車に乗れる? 三輪車のタイプと選び方のご紹介

赤ちゃんの動きがだんだん活発になり、そろそろ三輪車を買おうかな?と考えているママさんパパさんがいらっしゃるでしょう。ベビーカーに乗せても動いてしまいじっとしない時には、三輪車に乗せれば買い物に行くときなど自分でペダルをこげて遊び気分で、赤ちゃんもうれしいですよね。いつ頃から赤ちゃんを三輪車に乗せていいのでしょうか。また、どんな三輪車を選んだらよいでしょうか。一般的に、三輪車に乗せられるのは、最低でも歩行ができるようになってから、1歳くらいを目安と言われています。初めはペダルに足を乗せるだけにして、少しずつ自分でこげるようになってきます。

三輪車の種類と選び方についてご紹介します。

三輪車のタイプ

赤ちゃんが三輪車に乗っている

三輪車は、昔からあるスタンダードなタイプから、手押しハンドルがついているタイプ、ペダルなしのタイプまでいろいろとあります。キャラクターものやおしゃれなデザインの三輪車もあっていろいろと迷ってしまいますね。まずは、それぞれのタイプと特徴についてご紹介しましょう。

スタンダードなタイプ

昔からあるスタンダードなタイプです。保育園や幼稚園によっては、このスタンダードなタイプを用意しているところもありますね。うちの子も保育園で時々三輪車に乗っていたので、家では買いませんでした。基本的な三輪車の機能、ハンドルとペダルがついているだけのタイプです。デザインはいろいろとあるので、値段や好みで選ばれると良いと思います。

手押しハンドルがついているタイプ

最近よく見かけるのは、三輪車に手押しハンドルがついているタイプですね。赤ちゃんがまだ自分でうまくこげない時やこぐのに疲れてしまった時など、大人が押してあげることができるので便利ですよね。ただし、手押しハンドルを使う時は、赤ちゃんがペダルにきちんと足を乗せているか途中確認してから押すようにしてあげましょう。ペダルに足を乗せていないと車輪や道路などに引っかかってしまう可能性があります。

ペダルなしのタイプ

ストライダーのように、ペダルがついていない三輪車もあります。ペダルがあるとうまくこげなかったり、ペダルがないと足にあたらないので、自分の足で地面をけって進みます。足を使うことで更に体力を使いそうですね。

折りたためるタイプ

三輪車を買っても置くところがなく難しい・・という方は、折りたためるタイプの三輪車はいかがでしょうか。色や機能もいろいろとあり、オシャレなタイプもあります。折りたたみとは言え、玄関先や室内など置くところを考える必要はりますが、折りたためない三輪車よりも場所を取らないので邪魔になりにくいですよね。公園などに車で出かけるときも、車のトランクに乗せていけるので便利!という声もあります。確かに、普通の三輪車だと車に乗せられないことはないですが、少々場所を取りますしね。

サンシェードがついている三輪車

日よけ用にサンシェードがついている三輪車もあります。日差し除けに便利ですよね。ただし、風が強いときなどは風で三輪車があおられてしまうこともあるので注意が必要です。赤ちゃんに日焼け止めや帽子をかぶせるのでサンシェードはいらないという方もいらっしゃるようです。確かにサンシェードがついている三輪車はあまり見かけない気がします。

ストライダーとどっちがよい?

三輪車

この10年程の間にストライダーなどペダルなしの2輪自転車をよく見かけるようになりました。ストライダーも早ければ1歳半くらいから乗れますが、三輪車とストライダータイプのものとどちらがよいかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。うちは、保育園で三輪車に乗っていたこともあり、ストライダータイプの自転車にしました。バランス感覚が養われ自転車に乗れるのが早いと聞いて練習していましたが、うちの子の場合はなかなか乗れず、まずは三輪車を買っても良かったのかなぁと思いました。

ストライダータイプの自転車に乗る場合は、必ずヘルメットを着用してくださいね。前述のようにストライダータイプの自転車は、ペダルがなく自分の足で地面を蹴って前に進むので、バランス感覚が養われ、普通の自転車にスムーズに乗れるので購入する方も多いようです。三輪車かストライダータイプの自転車が良いか、自転車やさんなどで試乗して決めるのも一つの方法ですね。

赤ちゃんに三輪車を選ぶ時のポイント

三輪車

赤ちゃんに三輪車を選ぶ時、どのようなことをポイントにすればよいでしょうか。

1、セーフティガードやベルトがついている

赤ちゃんが誤って三輪車から落ちないように、セーフティガードがついている三輪車があります。赤ちゃんが寝てしまったときやバランスを失って落ちそうになった時など、セーフティガードがついていれば安心ですね。しっかりと固定されるので、乗っているときも安心してこぐことができます。購入前にベルトを締めた状態で試乗してみると、実際の感じがわかるのでオススメです。

2、ベビーカー代わりに

前述のように、ベビーカーの代わりとして三輪車を購入される方もいらっしゃいますよね。近所に買い物や公園に行くときなど、歩きそうにないなぁという時、三輪車に乗せてあげれば赤ちゃんも自分でこげるというワクワク感で、おとなしく乗ってくれることがあります。おでかけも楽しくなりますよね。三輪車に荷物をかけるところがないので、買い物に行く場合はリュックサックをオススメします。また、スーパーなどの駐輪場に置く際は、盗難防止に念のため鍵をかけて置いた方がよいかもしれません。小さいので持って行かれたらそれまでですが。

3、三輪車はいつごろまで使えるか

セーフティガードや手押しハンドルが取り外せるものやフッドレストとペダルを交換できる三輪車など、お子さんの成長にあわせて使える三輪車があります。確かに、子供の成長の段階によって取り外しや交換ができれば、長く乗ることができますね。

まとめ

赤ちゃんとお兄さん

赤ちゃんはいつから三輪車に乗れるか、三輪車のそれぞれのタイプについてのご紹介でした。お子さんの成長にあわせて、お子さんに合うものを選んであげたいですね。赤ちゃんに三輪車を乗せることで体力がつき、おでかけも楽になればママさんも赤ちゃんもハッピーですね。ご参考にしていただけたら幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。