赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんはいつから笑顔を見せてくれるの?笑顔を育てる3つの方法

赤ちゃんの笑顔は本当に可愛いですよね。笑顔を見ただけで疲れが吹っ飛んでいきます。そんな赤ちゃんの笑顔ですが、いつから笑っているのかどうなのか気になりますよね?そこで今回は赤ちゃんはいつから笑顔で見せるのかについてまとめてみました!笑顔になるための3つのポイントも紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

赤ちゃんの笑顔はいつから見られるの?

赤ちゃんが笑っている

赤ちゃんの笑顔は生まれてから見られます!そんな早くから?と思いますが、見られちゃうのです(^^)大人の笑顔とは違い、赤ちゃんの笑顔はとても可愛いですよね!その笑顔ですが、じつは月齢で意味が違ってくるのです。早速、“笑顔”について見ていきましょう!

生後0〜2ヶ月ごろの笑顔

生まれた我が子を抱いて話しかけたとき、ニコッとしてくれて「笑ってくれた!」なんて経験があると思います。その“笑顔”は反射から来る笑顔で、「新生児微笑」別名「天使の微笑み」と呼ばれるものです。
天使の微笑み、まさにそのとおりですよね!このためにある言葉だと思います(^^)新生児微笑は面白かったり、嬉しくて笑顔になるものではなく、顔の筋肉などの反射で起こる、反応のひとつです。そのほかにも説がありますが、周りの人を喜ばせるために赤ちゃんだけが持っている能力のひとつだとも言われています。反射であっても笑ってくれたことに対しては、本当に嬉しいものです♪私の印象に残っているこの時期のころの笑顔は、上の子のときですが、退院の日子どもに「お家に帰ろうね」と言ったとき、ニコッとタイミングよく笑ってくれたことです。なんとなく私の気持ちを察してくれていたのかもしれませんね(^^)

生後2ヶ月〜3ヶ月ごろの笑顔

この頃になると視力もほんやりではありますが見えてきます。そのため、反射的な笑顔から状況を把握してから笑顔をするように変化していきます。赤ちゃんの前で笑った顔を見せると笑顔になりませんか?それが「社会的微笑」です。これが新生児期との違いになります。この頃の笑顔は自分で笑顔を作ります。と言っても大人が笑顔だから、なんとなく笑顔で返すという程度でまだまだ感情的な笑顔には遠いです。ですが、大人の表情を見て笑顔を返せるなんて凄い成長ですよね!たくさん赤ちゃんの前で笑顔を見せてあげましょう。そうすることで「笑顔はみんなが幸せになるんだ!」ということを覚えていきます。

生後6ヶ月ごろの笑顔

だいたいこの頃で感情的に笑う笑顔になります。声を出してキャッキャと言って笑います(^^)もちろん個人差はありますが、笑わないからと言って心配しないでくださいね!この頃の赤ちゃんは表情を読み取り始めていますので、お母さんが心配だと赤ちゃんも不安になってしまいます。笑顔を見せ続けることで笑ってくれますので、明るく接してあげてくださいね♪下の子がちょうどこの時期に入ったため、めちゃくちゃ笑ってくれます(^^)名前を呼んだだけで笑顔で返してくれるため、とても癒されます♪たくさんスキンシップしてあげてくださいね!必ず赤ちゃんは笑顔で返してくれます(^^)

赤ちゃんの笑顔が多い環境はどんな環境?

赤ちゃんが口を開けて笑っている

赤ちゃんにも笑顔の多い子と少ない子がいますが、赤ちゃんの笑顔は環境が大きく影響しています妊娠中、出産後の環境が良いと笑顔の子が多いです。よく話して笑顔で笑っている賑やかな環境だと赤ちゃんも楽しいですよね(^^)そういう環境の中にいると、自然と赤ちゃんも笑顔が多くなります。たとえ、赤ちゃんにだけ笑顔を見せていても、赤ちゃんのいる環境が笑顔が少ないと赤ちゃん自身戸惑ってしまいます。赤ちゃんながら、「どうしたらいいの…?」となってしまいます。結果、人の顔色ばかり伺ってしまうようになってしまいます。普段からよく話し笑顔でいられる環境づくりも大切です◎ですが、ワザとはダメですよ!子どもはそういうのは気づきやすいです(笑)我が家はよく喋りよく笑うため、毎日うるさいです(笑)ですが、この環境がとても大切だなと改めて思います。子どもが小さいときはうるさいくらいがちょうどいいと私は思いますね(^^)

笑顔を育てる3つの方法!

赤ちゃんが笑っている

我が子には笑顔でいてほしい!と親としては思いますよね。笑顔だと周りの人からも可愛がられるということも起きます!その笑顔、育てることができるんです(^^)では、その方法をお教えしますね♪

五感に刺激をたくさん与えてる

足の裏を触ったり、手を握ったり、ほっぺたを触ったりなど触覚をとくに与えてあげると赤ちゃんは笑顔を作りやすいです。視力が赤ちゃんはまだまだなので、触覚、聴覚、嗅覚で判断します。たくさん赤ちゃんに刺激をして、どこを触られると笑顔になったり喜んだりしたりするのか探ってあげましょう!

たくさんスキンシップをする

赤ちゃんはとにかく触られるのが大好きです!抱っこするだけで笑顔になりませんか?そのくらい大好きなのです(^^)とくにお母さん、お父さんからのスキンシップは格別です!スキンシップは赤ちゃんがお母さん、お父さんからの愛情を一番感じ取れる方法なので、たくさんスキンシップしてあげましょう!愛情は何ものにも変えられないものです。たくさんの愛情に包まれて育った赤ちゃんは笑顔がたくさんになります(^^)

赤ちゃんにたくさん話しかける

生後1ヶ月ごろから「アー」「ウー」などと喃語を喋るようになります。そのときに話しかけてあげてください(^^)必ず赤ちゃんも笑顔で喃語を返してくれます!たくさん話しかけることで赤ちゃん自身も声を出して笑ってくれたりするようになります♪また、手や足をバタバタしたらマネをしたり、大げさに褒めたりするのもいいです(^^)そうすることで赤ちゃんと一緒に楽しむことができ、自然と笑顔にもなりますよね!

まとめ

赤ちゃんが笑っている

いかがでしたか?笑顔と一括りでいいますが、月齢で笑顔の意味が変わってくるんだと思われたと思います。新生児の頃は泣き顔ばかりで笑顔なんて見せてくれるのかな?と心配だったり、不安になったりしますが、大丈夫です(^^)必ず月齢が進むとすてきな笑顔を見せてくれます!赤ちゃんは本当に天使です!いつまでも天使が笑顔でいてくれるよう、家族みんなでステキな環境づくりをしていってください♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。