厚着をしている女の子

赤ちゃんはいつ頃から風邪をひく? 赤ちゃんの風邪の原因と症状について

気がついたら赤ちゃんの鼻に鼻水が溜まっていることがあります。赤ちゃんはまだ鼻をすすったり、鼻をかんだりできないので鼻がつまって苦しそうですよね。赤ちゃんはいつ頃から風邪を引くのか、風邪の症状について調べてみましたのでご紹介します。

赤ちゃんが風邪をひく時期

厚着をしている女の子

赤ちゃんが生まれて6ヶ月くらいは、お母さんの免疫が効いています。そのため、あまり熱がでることがありません。ただし、お母さんが元々持っていない免疫の場合、赤ちゃんも持っていないので病気になることはあります。そう言えば、うちの子供達も半年くらいは健診以外病院にかかることがありませんでした。保育園や幼稚園、外出もあまりしていなかったこともあるかもしれません。半年くらい過ぎると風邪をひいたり、何らかの病気にかかることが増えてきます。赤ちゃん自身の免疫はまだついていないので、これから大きくなるにつれて免疫もついてくるようになります。もし、生後半年未満の赤ちゃんか熱を出した場合には、早めに小児科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの風邪の症状

クマのぬいぐるみが鼻をかんでいる

風邪はいろいろなウイルスが原因で、喉が痛くなったり、鼻水が出たり、熱が出たりします。ウイルスは何と200種類以上もあるそうです。それを考えると、常に誰かしらが風邪をひいているのが納得できますね。熱がでるということは、ウイルスと闘っている証拠ですので、生後すぐの赤ちゃんで無ければ基本的に様子見で大丈夫でしょう。赤ちゃんや子供は、こうして少しずつ強くなっていくのです。
ただし、おっぱいやミルクを飲まない、機嫌が悪いなど、いつもと明らかに様子が違う場合には、小児科で診てもらったほうか良いでしょう。

熱がでなくても、風邪の症状はあります。鼻水です。前述のように赤ちゃんは鼻がまだかめないので、鼻に鼻水か溜まっていることがあります。鼻水が溜まっていたら、綿棒やガーゼて優しく赤ちゃんの鼻水を吸い取ってあげます。あまり奥に入れてしまうと嫌がるので、鼻先に出ている水を吹きます。呼吸が苦しそうであれば、スポイトや鼻水吸い器で鼻水を吸ってあげると少しは楽になると思います。あまり強く吸いすぎると耳にも影響がでる可能性があるので、控えめがよいと思います。お家で難しければ、耳鼻科や小児科に器械があるので吸ってもいましょう。うちの子達も、耳鼻科や小児科で鼻水を吸ってもらったことがあります。うえの息子は蓄膿症で、毎回耳鼻科で鼻水を吸ってもらっています。鼻水から中耳炎に発展することもありますので、軽視せず赤ちゃんのケアーをしてあげてくださいね。

赤ちゃんの咳

乳児のうちは、あまり咳をすることはないかもしれませんが、咳で苦しいと呼吸もできにくくなります。とは言え受診しても乳児の場合、咳止めは通常出さないので、お医者さんに対処方法を相談しましょう。咳止めの代わりに気管支拡張剤を処方されることがあります。気管支拡張剤とは、テープ式になっていて、赤ちゃんの胸や背中に貼ってあげると、呼吸が楽になる場合があります。ただし、気管支拡張剤は、基本的に喘息のお子さんに使うことが多いので、通常の風邪には効果がありまないようです。うちの子供達は二人共アレルギーと喘息もちです。喘息の薬と、夜咳き込んでいるときは気管支拡張剤を貼ります。気持ち的なこともあると思いますが、少し咳が和らぐようです。

風邪を予防するには

温かいレモンジンジャーティー

なるべくなら赤ちゃんに風邪をひかせたくないですよね。風邪を予防するには、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。

部屋の湿度を適度に保つ

お部屋が乾燥していると風邪をひいたり、咳が出やすくなりますので、加湿器をつけてお部屋の湿度を調節してあげましょう。また、赤ちゃんは母乳やミルクの水分で十分ですが、お風呂あがりや冬場は乾燥しやすいので、白湯を飲ませてあげるとよいと思います。

厚着をさせ過ぎない

寒いからと何枚も洋服を着せると暑くなり過ぎて汗をかきやすくなります。汗をかいてそのままにしていると、逆に体を冷やしてしまい風邪をひいてしまうことがあります。私もついつい赤ちゃんに厚着をさせてしまったことがありました。ベビーベッドではなく、お布団に寝かせていたので、床だと寒いかなぁと心配だったからです。赤ちゃんは、大人よりも体温が高いので多少薄着くらいで大丈夫です。私が厚着させ過ぎたからか、息子は今でも寒がりです。大人でもちょっと暑いなという日も、厚いトレーナーを着てでかけようとします。9歳ですがまだ、体温調節が難しいのか、何も感じていないのかどちらかですね。

冬場は人混みを避ける

近年、インフルエンザの流行が猛威を振るっていますよね。我が家の子供達も、昨年は珍しくインフルエンザにかかりませんでしたが、それまでは毎年のようにかかっていました。自分がかかっていなくても、保育園や小学校でいつの間にかもらってきてしまうんですよね。主人は大丈夫でしたが、私も子供達から感染して2回かかってしまったことがあります。インフルエンザも風邪の一種ですが、毎年ウイルスが変わるので、予防接種をしても効いているのか効いていないのかイマイチわかりません。赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまうと大変なので、冬場やできるだけ混んだ電車や人込みを避けたほうがよいでしょう。

娘が1歳になる前に、インフルエンザにかかってしまったことがあります。6ヶ月は超えていたので、確か薬を処方してもらったと思いますが、熱はすぐに下がったので安心しました。6か月未満だと薬を処方できないので、ひたすら熱が下がるのを待つしかありません。熱以外の気になる症状や様子の場合には、病院に再度診てもらうようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの足

最近のインフルエンザは本当に傾向がわからないですよね。インフルエンザと言えば数年前は、冬だけでしたが、今は4月に入ってもインフルエンザにかかることがあります。また、一度かかってもまた違う型でかかることがあり、多いと2回もかかってしまうことがあるのです。うちの子達も2回かかった年がありました。かかってしまうと学校や保育園にある一定期間登園(登校)停止なので、正直ちょっと困ってしまうんですよね。熱が出ていても意外と本人はけろっとしているので、熱が下がると更に活発になって、外に行きたいけどいけずにイライラが溜まるという悪循環に陥ることがあります。インフルエンザにかからないようにするには難しいですが、手洗い・うがいなどできるだけかからないように予防することが必要ですね。

今回は赤ちゃんがいつごろから風邪をひくか、風邪の症状についてのご紹介でした。なるべくなら風邪をひかないように、日頃から赤ちゃんのお世話を通して気をつけてあげたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。