赤ちゃんが笑っている

赤ちゃん防寒対策とアウター選びのポイント

寒い時期の赤ちゃんの服装って迷いませんか?赤ちゃんは大人より体温が高いけど、体温調節機能はまだまだ未熟だから薄着だとすぐに体が冷えてしまう?じゃあ服は何枚着せればいい?何枚も厚着した方がいい?など、ママは次から次へ疑問が出てくるかもしれません。しかし実際のところ、寒いからといって赤ちゃんに厚着させすぎたために、赤ちゃんはたくさん汗をかく羽目になり、服が濡れ、かえって身体が冷えて風邪を引いたなどよくある話です。そこで今回は寒い時期の赤ちゃんの服装選びのポイントをご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの冬服

赤ちゃんが笑っている

冬場でも赤ちゃんは大人と同じ枚数の服を着せるとすぐに汗をかいてしまうことがあります。体温調節機能が未熟なので少し厚着をするだけで、室内なら特に、赤ちゃんはすぐに体温が上がり、汗をかいてしまいます。住んでいる地域にもよりますが、基本的には肌着と長袖のウェアを着せて過ごすと良いでしょう。そして赤ちゃんが過ごす環境によって、ママが赤ちゃんの暑そうか寒そうかを意識してあげ、服装の調節することも大事ですよ。顔が赤くなっていたり、手のひらが熱かったり汗ばんでいないかチェックしてみてください。また赤ちゃんが暑ければグズリがちなので、それもチェックポイントですね。

就寝時

赤ちゃんが寝ている

まずは赤ちゃんが寝る時の服装ですが、肌着の上に長袖のカバーオールが一般的です。また月齢が上がるとセパレートのパジャマになるかと思いますが、その場合のおすすめはズボンに腹巻きが付いていてお腹が出ないようになっているパジャマです。そして寒い時期は上からスリーパーやベストを着せてあげましょう。室温はエアコンなどで調節し15-20℃を保つようにしましょう。動くようになった赤ちゃんは本当に寝相が悪く、気づけばすぐにお布団からはみ出ていることもしばしば。しかしスリーパーの使用や室温の調節をしっかりしていれば、たとえ出ている手先が冷たくなっていても心配することはないですよ。

お出かけ時

ママが赤ちゃんを抱き上げている

ではお出かけの際は服装をどうすれば良いでしょうか。外は寒いからといって、室内での基本的な服装 〈 肌着+長袖ウェア 〉 の上にセーターを着せ、ベストを着せ、上着を着せ…などとたくさん厚着させると、そのまま暖房の効いた車内や室内に入ったとき、赤ちゃんは間違いなく汗をかいてしまいますね。そして何よりも外と暖房の効いた室内の行き来の度に、ママやパパは赤ちゃんの服を脱がせたり着せたりと大変で仕方がないですね。お出かけの際は、室内での基本的な服装〈 肌着+長袖ウェア 〉にアウターや帽子を着せ、あとは膝掛けやブランケットなどで調節すると良いでしょう。そして室内に入れば1枚脱がすことを目安として、汗をかいて風邪をひかないように温度調節をしっかりしてあげてくださいね。

赤ちゃんのアウター選びのポイント

子供服が並んでいる

さて、上記ではお出かけの際の服装についてご紹介しましたが、次はお出かけの際の服装で重要となる赤ちゃんのアウターについてご紹介していきたいと思います。赤ちゃんのアウターといってもさまざまな形や種類がありますよね。ベスト、ポンチョ、カバーオール、ジャンプスーツ、ジャケット…一体どんなアウターを選べばいいの?と悩むママもいるかと思います。

赤ちゃんのアウター選びの押さえておきたいポイントとしては、①脱ぎ着しやすい②軽くて温かい③家でも洗える、この3点が大きなポイントとなります。

①脱ぎ着しやすい

寒い時期は外と暖房の効いた室内との寒暖差が本当に大きく、大人でも風邪をひきがちですよね。赤ちゃんは大人と違って、暑い寒いも言えなければ、自分で服を着たり脱いだりもできませんよね。また赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、外ではしっかりアウターが必要となりますが、そのまま暖房の効いた室内に入れば汗をかいて風邪をひいてしまいますね。赤ちゃんの体温調節はママやパパの役目となります。なのでママやパパが楽に赤ちゃんの体温調節ができるよう脱ぎ着しやすいアウターを選ぶことが大事ですね。カバーオールやジャンプスーツであれば、前開きでボタンのタイプよりジップアップタイプが楽に脱ぎ着できますよ。ポンチョは袖を通す必要がなく、これもまた楽に脱ぎ着できますよ。

②軽くて温かい

厚手でずっしりしたアウターは、温いかもしれませんが、赤ちゃんにとっては動き辛いですし、また脱いだときには、ただただママの荷物が増えて大変です。そこでおおすすめのアウターはライトダウンジャケットです。ライトダウンジャケットは軽くて温かいので赤ちゃんは動きやすいですし、またコンパクトなので脱いだ場合には小さくなるので本当に便利ですよ。最近ではジャケットの付属品として小さく折りたたんだジャケットを入れるポーチなどが付いているものもありますよ。カバーオールやジャンプスーツ、またその他アウターを選ぶときには、フリースや裏起毛など軽くて温かい生地のものを選ぶと良いでしょう。

③家でも洗える

よだれがたくさん出る、ミルクを吐く、お菓子をこぼすなど、赤ちゃんは基本的に服をよく汚します。なので家でも洗えることは重要なポイントですね。またよく汚すため洗濯回数は多いかと思うので、家でも洗えて、なお乾きやすい素材を選ぶとママはより助かりますね。アウターを選ぶを際には、しっかり洗濯表示などを確認してから選ぶようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの足

まだ動かない赤ちゃん、寝返りをする赤ちゃん、ハイハイ、つかまり立ち、あんよ…などと、月齢、赤ちゃんの運動機能の成長によっても適したアウターの形は変わってきます。ハイハイなどをするようになり、よく動くようになれば赤ちゃんが動きやすく脱ぎ着しやすい前びらきでジップアップのものやポンチョがおススメです。またお出かけをする場合、ベビーカー移動か抱っこ紐移動か、近所なのか遠出するかによっても防寒対策は変わってきますね。長時間のベビーカーでお出かけであれば、全身を包み込んでくれ、手足をしっかりカバーしてくれるジャンプスーツがおススメです。アウターを選ぶ際には上記の3点のポイントを、そして赤ちゃんの運動機能の成長、お出かけの時間を重視して選ぶと良いですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。