離乳食のスタートにおすすめのご飯(お米)気をつけたい5つのポイント

そろそろ離乳食をスタートさせようかな、という時にまず思い浮かぶのは、日本食の基本とも言える『ご飯(お米)』でしょう。離乳食と一口に言っても、赤ちゃんの月齢や成長に応じて、食材の調理法ややわらかさを変化させる必要があります。その点、ご飯はクセのない味で、やわらかさも自在にアレンジできるので、離乳食の基本と言えるでしょう。今まで母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんに、食べ物を食べさせていくので、最初は特に胃や腸に負担がかかりにくく食べやすいものとして、ご飯がオススメです。ご飯はやさしい口当たりなので、食べ物を初めて口にする赤ちゃんもスムーズに食べてくれます。その上、消化や吸収に優れているでんぷん質で栄養価も高いので、赤ちゃんの離乳食スタートにはぴったりの食材です。離乳食をはじめる時期としては生後5~6ヵ月頃からが一般的です。アレルギーの様子を見ながら、大人が食べているものに興味を示して、スプーンなどを口に入れても拒まないようになったらスタート時期と言えるでしょう。

赤ちゃんの月齢に応じて、ご飯のかたさがあります。

◆5~6ヵ月頃のゴックン期 米:水の割合は1:10(10倍粥)。トロトロになるまですりつぶします。
◆7~8ヵ月頃のモグモグ期 米:水の割合が1:7の7倍粥です。
◆9~11ヶ月頃のカミカミ期 米:水の割合が1:5の5倍粥です。
◆生後1歳~1歳半 離乳食完了期のこの頃は、2倍粥または3倍粥です。

月齢と食べる様子を見ながら、少しずつご飯のやわらかさをかたくしていきましょう。

気をつけたい5つのポイント

それでは、赤ちゃんにご飯を食べせる時に気をつけたいポイントを5つ紹介します。

1、焦らずにゆっくり進めましょう

赤ちゃんの成長には個人差があります。離乳食の進め方も目安はありますが、赤ちゃんの食べる様子などを見ながら無理なく進めるようにしましょう。

2、食べない時も無理強いをせず、食べる楽しさを感じさせましょう

頑張って離乳食を作っても、赤ちゃんがなかなか食べてくれない…ということもよくあります。その理由も赤ちゃんによって様々。「ご飯のやわらかさが月齢に合っていない」「ご飯ばかりで飽きてしまった」「お腹が空いていない」「まだ遊びたい」「椅子に座るのがイヤ」「鼻が詰まっていて苦しい」などが考えられますので、様子を見ながらその理由を探ってみましょう。無理に食べさせようとすると、食事そのものが嫌いになってしまうこともありますので、食器を変えたり赤ちゃんの気分や環境などを変化させて、赤ちゃんが「楽しい!」と思えるように工夫してみましょう。

3、離乳食のスタートは平日の午前中にしましょう

離乳食のスタートは、赤ちゃんが機嫌の良い平日の午前中がオススメです。まれにお米アレルギーを起こす赤ちゃんもいますので、アレルギーの可能性も考慮して症状が出た時もすぐ対応できるようにしましょう。ゴックン期(5~6ヵ月頃)は1回食、モグモグ期(7~8ヵ月頃)は2回食、カミカミ期(9~11ヶ月頃)は3回食、という風に徐々に回数を増やしていきましょう。

4、うんちの色や臭いの変化に気をつけましょう

母乳やミルクだけ飲んでいる時のうんちは、あまり臭くなくやわらかいうんちがほとんどでしたが、離乳食を始めると色は茶色に変化し、臭いも大人のうんちに近づいてきます。ただ、内臓機能が発達途中なので消化が追いつかず、便秘や下痢を起こすこともあります。便秘や下痢が続くようであれば、離乳食を一度やめて、病院に相談してみましょう。

5、お米アレルギーがある赤ちゃんもいます

赤ちゃんの中には、お米アレルギーを起こす子もいます。初めて食べさせた後は、1日くらい様子を見て、体に湿疹ができたり、体調が優れないようであれば、早めに病院に相談しましょう。赤ちゃんに“食べむら”はつきもので、昨日まで好んで食べていたものを食べなくなった…という話はよく聞きます。「ご飯(お米)を急に食べなくなった!」という赤ちゃんも多いようです。離乳食に進むにつれて、様々な味を覚えていくわけですが、その中でご飯以外の美味しさを発見してことが原因とも言われています。よくあることでも、ご飯を食べなくなる…というのは心配ですよね。そこで下記では、赤ちゃんがご飯を食べてくれるように導くための方法を紹介します。

ご飯を食べてくれるようにするための方法

◆ご飯のかたさや細かさを変化させてみる

離乳食を進めるにあたり、10倍粥や7倍粥など、月齢に応じて変化させていきますが、そのかたさや細かさが赤ちゃんに合っていないのかもしれません。かたさを変化させた直後に食べなくなった時は、食べていた時の段階に戻すことでパクパク食べてくれるようになることもあります。

◆離乳食用のふりかけを使用したり、おじやにして味に変化をつける

ベビー用の食品を扱うメーカーからは、ベビー用のふりかけも販売されています。赤ちゃんがご飯の味に飽きてしまって食べなくなった可能性もありますので、ふりかけなどで味に変化をつけるのもオススメです。
また、ご飯とおかずをバラバラにするのではなく、混ぜてしまっておじや風にすることでスムーズに食べてくれるようになることもあります。

◆おにぎりにする

つかみ食べができるようになった赤ちゃんならおにぎりにするのも一つの方法のです。柔らかい場合は難しいですが、ある程度のかたさがあれば、ラップを使用することで簡単に作ることができます。

まとめ

ご飯を食べてくれなくなったからと言って無理やり食べさせようとするのは禁物。ますます食べなくなってしまい、食事の時間そのものを嫌いになってしまうことも考えられます。ご飯以外にも、麺類やパン、イモ類などで炭水化物はしっかり摂取できますので、様子を見ながら、「ご飯も食べてくれたらいいな」くらいの軽い気持ちでいるようにしましょう。月齢に合わせたご飯(お米)を食事の度に毎回作るのは大変なので、一度にまとめて作ってしまい冷凍保存しているママも多いようです。その際は、製氷皿などで小分けにして凍らせて保存します。解凍する際は菌の繁殖を防ぐためにも、電子レンジや鍋でしっかり加熱しながら解凍しましょう。離乳食のスタートに欠かせない食材であるご飯。食べやすさはもちろん、栄養価も高く、調理アレンジも豊富にできるので、離乳食のスタートにはもってこいの食材ですね。離乳食は気を遣うことも多く、調理法も月齢により変化していくので大変ですが、ご飯を上手に取り入れて進めていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。