赤ちゃんが帽子をかぶっている

電磁波は赤ちゃんにどんな影響がある? 気になる電磁波のおはなし

私達の身近に存在している電磁波について、皆さんはどのくらい関心があるでしょうか。電磁波と聞くと何だかとても恐ろしい響きがありますが、少なからずとも昔から電磁波は存在していました。電磁波が大きく取り上げられるようになったのは。携帯電話の普及が大きいですね。そこで、今回は私達を取り巻く電磁波について、赤ちゃんにどんな影響があるのか、どのようなことに気をつければよいかをお話します。

電磁波ってなに?

人と携帯のイラスト

そもそも、電磁波とは何でしょうか。電磁波とは、電場(でんば)と磁場(磁場)から作られている波のことを言います。太陽の紫外線や赤外線も電磁波の一種です。電磁波は、電気が使われているものに存在しているので、家の中で考えると家電製品に電磁波は存在しています。よく聞くのは、電子レンジから大量の電磁波が流れるので、使用している時は近くに行かない方がいいと言われています。また、多くの皆さんが使用している携帯電話からも電磁波が流れており、特に電話をかけるときに多くの電磁波が流れるようです。

赤ちゃんにどんな影響があるの

赤ちゃんが帽子をかぶっている

では、その電磁波は赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか。携帯やスマホを使用することが多くなり、赤ちゃんを抱っこしながら使用したり、スマホの画面を見せてなだめたりすることに使うこともありますよね。私も、息子たちが赤ちゃんのとき、抱っこしながらメールやラインをしたり、携帯を持っていることもよくありました。他にも、言うことを聞かない時に「鬼から電話」というアプリを使って子供達に見せたり、お店などでおとなしくして欲しい時に動画を見せたりと、結構使っていました。

そんな身近に存在しているスマホを通して、赤ちゃん(もちろん大人にも)どのような影響がでるのかは、今のところわかっていません。WHO(世界保健機構)の研究結果でも、具体的なことは証明されていません。どんな影響がでるかわからないからこそ、赤ちゃんのすぐ近くでスマホを使用するのは、気をつけたほうがよい気がします。もちろん、携帯電話を使用している大人も、電話をかけている時は耳の近くに携帯電話をあてているので、できればイヤホンを使うように推奨している携帯電話会社もあります。とは言え、私達にとってなくてはならない存在となった携帯電話を手放すのは難しいことですよね。携帯だけではなくいろいろな電化製品に電磁波を存在しているいので、全てを避けることは難しいけれど、気になる人はそれなりに気をつければいいんじゃないかという声がありました。確かに、すごく気になる人はできるだけ避ける方法を考えればいいのかなと私も思います。

電磁波の話ではないのですが、東日本大震災で原発事故があり、大量の放射線が流れたというニュースがあり、東京に住んでいた私の友人の一人は、九州に引っ越しました。しかも、旦那さんを置いて、友達とその子の母子だけで移住しました。関東に住んでいると、放射線が含まれた食物を避けられないということで決断したようです。私は、その話を聞いて正直そこまでするんだ・・という思いでしたが、気になる人は気になるんだなと思いました。

確かに、私も子供を産むまでは、添加物や産地などまったく気にしていなかったのですが、妊娠してから自分の身体の中に入るものが赤ちゃんにも影響すると思うと、添加物などを避けたほうがいいという考えに変わりました。と言っても全てを除去することは難しいので、なるべく添加物が入っていない食品を選択したり、手作りを心がけたりとするくらいでしたが。外国製品よりも国内産のものを、野菜も有機野菜や無農薬のものをと、結構こだわった時期がありました。宅配サービスなどでも、添加物の表記や有機野菜の販売を売りにしていて、「なるほどそういう選択肢があるんだ」と思わされたのも一つの理由です。周りからの情報がきっかけで、「子供のために考えたほうがいいかも」という思いに至ったのだと思います。

主人の母がマクロビを勉強していてその影響もありました。玄米菜食することで心身ともに健康が保たれるという考えのもと、動物性を一切排除するやり方です。そこまでは正直難しいなぁと思っていたので、少し見習った程度でしたが、いろいろと勉強になりましたね。今は、子供達もだいぶ大きくなり、以前よりもあまりこだわらなくなってしまいましたが、それも仕方ないかなと思っています。話が少しそれてしまいましたが、電磁波だけではなく、添加物や食品など、こだわろうと思えばいくらでもこだわれますし、どのように避けるかはその人の考え次第です。私の考えでは、現代で生活していくために避けられないことも多くあるので、こだわり過ぎずでも避けられるものはなるべく避けるようにしていけばいいのかなと思います。

電磁波から赤ちゃんを守るために

赤ちゃんがママに抱かれている

電磁波から赤ちゃんを守るために、少なくとも赤ちゃんの近くで常に携帯電話を使用することは避けたほうがいいと思います。どうしても必要な時は、赤ちゃんから少し離れたところで使用するなど必要最低限の使い方を気をつければいいのではないでしょうか。

携帯電話だけでなくても、テレビからも電磁波は流れています。電磁波ということではなく、あまり早い段階から赤ちゃんにテレビを見せることは良くないと言われています。確かに、赤ちゃんに授乳をするときにテレビをつけたまま授乳していたことがあったのですが、テレビの方が気になり授乳に集中できないことがありました。テレビは大人でも夢中になってしまうことがあるように、小さい赤ちゃんやお子さんは釘付けになってしまい、視力や集中力の低下にもつながってしまいますよね。電磁波を極力避けることも必要ですが、子供にとっていい環境を作ることを考える方がいいのかなと思います。

電磁波が気になる方は、電磁波の測定器や電磁波を予防するパッチなどがネットで販売されているので、調べてみてくださいね。

最後に

赤ちゃんの足

電磁波と赤ちゃんへの影響についてのお話でした。私自身、電磁波については気になっていますが、避けられることは避け必要な時には使い、的確な判断をしていくことが必要なのかなと思います。ご参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。